南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
黒田発言、予想通りかな~

黒田発言、予想通りかな~


黒田発言、思いっきり来ましたねぇ。
ある意味で予想通りだなぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

先週の金曜日に書きましたが、やっぱり日銀はバズーカ-打てる状況じゃなかったですね。
今日の発言は完全に円安へのけん制でした。
当たり前ですよねぇ。


黒田バズーカ-はないエントリー


今日、黒田発言があると予想できる訳はないんですけども、今の為替レートを考えると相当な円安です。
だって、黒田さん就任した時、80円ですよ。
既に5割増しを超えてます。

日銀は確かに円安を誘導してきた張本人ではありますが、一方で行き過ぎた円安は日本を破壊します。
円安に歯止めがかからなくなったら、本当に日本国債暴落しかねないからです。
だからこそ、日銀総裁として日本政府に対して財政健全化への道筋をつけろぐらいの要求をしてるんです。

円安は金融緩和で日銀が誘導出来るんですけども、円高は難しい。
なぜならば、円を買ってドルを売ると言う行為をするか、市場にさせる必要があるからです。
この際、円を売るのは印刷すりゃーいい世界なので無制限に出来るけれども、円を買うってのには限界がある。

もちろん、日本が持ってる外貨準備高はスゴイものがあるので心配はないんですけど、円を買わないといけないって言う事態はやはりただ事ではないんです。
そうなると、投機筋は売り崩しに来るし、株価も暴落でしょう。
国債だって暴落するかもしれない。

こういう事態は、日本を破壊するので何としても避けないといけないんです。
その意味で、日銀は円安と言う最も怖い事をしているし、あのジョージソロスですら黒田にそのガッツがあるとは思わなかったと言わしめた理由です。

そんなの当たり前のコンテクストなんだから、今日の黒田発言、全然驚くに値しないと思うんだけどなぁ。
ランケンスクールでもしょっちゅう言ってるんですけど、コンテンツよりもコンテクストです。
コンテクストって前後関係とか、登場人物の考え方とか、意志決定を引き起こす環境とかです。
市場が調子に乗って円を売りたたくから、あの程度の発言でビックリするんだよなぁ。

日銀はアメリカにだって配慮しないといけないんだし、元財務官僚である黒田さんが世界経済を考えていない訳がない。
日本にとってもアメリカにとっても、円安は行き過ぎる事は許されない。

為替レートは普段の動きは市場が決めていますけど、大枠は世界の政治家が決めるもんです。
あえて誤解を恐れずに言えば、経済的な外交で為替レートの大枠は決まる。

プラザ合意なんてまさにそのものですし、直近で言えば先日のスイスフランとユーロの為替レートもそうでした。
だから、要人発言でものすごい反応しますよね。

で、今日の発言は黒田総裁による円安への懸念です。
つまり、もう円安はそろそろ止まってくれと言う意思表示です。

この発言により円高に向かうかと言うとそうではないと思います。
黒田発言の裏側にアメリカの思惑があるならば別なんですけど、恐らくそれはないんじゃないかと思います。
なぜならば、アメリカはすでに復活しているし、雇用統計も悪くはない。

今、アメリカのドルをあまり安くする理由はないですよね。
ドルは崩壊するなんて話をいっぱい本にしてたどっかの学者さんだかエコノミストの方は、現状をどう説明するのでしょうねぇ。

ランケンの見立ては、ドル高もそろそろツライ。
一方で、世界経済全体を見ると、ドル安への誘導をするのもこれまたツライ。

ヨーロッパはギリシャ問題もあるので言うまでもないんですけど、日本の財政状況を考えると、ここで失速してはそれこそアベノミクスが崩壊してしまい、日本が壊れる可能性が出てくる。
世界的な危機は日欧からは作りたくないでしょう。
中国はアウトオブコントロールなのでどうしようもないでしょうけどね。

となると、やっぱり円高もあんまり嬉しくないはず。
しょうがないから現状でステイぐらいが妥当かなと。

また、金利の面から考えてもキャリートレードで円高にはなりにくいでしょう。
従って、アメリカが円高ドル安に持っていきたいと言う話は恐らくなくて、黒田発言の裏にアメリカの意向はそこまでないと考えています。

そうであるならば、しょせんは日本の単独介入レベルです。
これで円高がこっから進むって話にはあんまりならないんじゃないかと思います。
円を高く誘導する理由は世界のパワーバランスを考えるとあまり感じません。

結論として黒田発言は為替レートをあまり動かさないようにするためのものと言えると思うし、特に具体的な日銀のアクションにはつながりにくいと思います。
となると先週も書いたように、やっぱりバズーカ-も出せないと思うなぁ。

株価が上に大きく動くことはあんまりなさそう。
なので、ネイキッドでコール売り(笑)。

これで一回円高に動かしてバズーカ-出して来たら笑いますけどね。(爆)
もはや、ポーカーだなぁ。

黒田さんの顔がポーカーの顔に見えてきた。。。
円安けん制が次のバズーカ-のためのブラフだったら、この人マジでスゴイ!

まぁ、でもそれも部分的にはあるかもですね。
日銀が何もしてないのに円安が進んじゃうと、やっぱり手詰まり感出ちゃうしなぁ。
次の手をなくさないためにも、少し円高をってのはあるだろうな。
面白いですね。

とりあえず、今日の黒田発言の前に1つ読めたぞ。
今日の発言による円高でバズーカ-を否定できなくなりました、と。

一方で、円安の流れは単独介入であるとするなら、変わらないはず。
スピードは落ちるかもだけど。
その辺がどうなるかは今週と来週ぐらいで分かるでしょうかね。

黒田タヌキさん、どう出るかな。
それほど、実行できる政策は多くないと考えるので、基本的に口先介入だけだと思います。
そーすっとブラフになるか(笑)。
ま、でも、あんまりブラフばかりかますとね、効果無くなるしね。。。

まぁ、とりあえず若干慎重にガンマ効きにくい所でコール売ります。
アメリカの株価が下げ止まるなら、来週あたりからバックも入れよう。
結局、やることは変わらないですね。(爆)

今日のエントリー結構深いですね。(笑)
日銀の思惑からポジションまで落ちてます。
我ながらよくやるわ思うレベル(笑)。

ここまで考えてれば負けなさそうじゃないですか。
でもねぇ、これを超えることも、起きるんだわぁ~。
相場ってそう言うもの。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/11 (木) 00:41:02 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/11 (木) 14:46:27 | | #[ 編集]
りんこさん

こんばんは~
こちらこそ、どうもありがとうございます~\(^^)/
2015/06/11 (木) 23:20:31 | URL | ランケン #-[ 編集]
大器晩成のタヌキさん

こんばんは~
陰謀系、みんな好きですよねー
細かいあら探しして、大きな陰謀論に持っていきたがるのは、違和感感じますけとねー
2015/06/11 (木) 23:24:23 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張