FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
スイス中銀の被害、続々と

スイス中銀の被害、続々と


スイス中銀の件、やっぱり大問題になってるみたいです。
スイスと言えば時計メーカーのスウォッチ。
とんでもない利益が吹っ飛んだって激怒してます。
そらそーだわなぁ。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

今回のスイス中銀のユーロペッグ(あえてペッグと書く)を外した件は、やはり相当な被害があちらこちらで出ています。
特にスイスメーカーの輸出系。

その代表的なのがスウォッチだったりするんでしょう。
スウォッチの株価は17%の暴落。。。
スウォッチのCEOがSNBに騙されたって怒ってます。

スイス株価指数全体も10%下落。
平均で10%って。。。
日経平均が1日で1700円落ちるとか思うとゾッとするわ。。。

スイス国内では薬剤メーカーがヒドイ思いをしています。
ノバルティスにロシェ。
ひょえー、世界的な薬屋さんじゃないですか。
スイスのチョコレート屋さんも痛い目にあってるみたく、スイス国内全体にとっても最悪の日になってます。

旅行系も痛いだろーなぁ。
スイス中銀のフラン安で維持できてた会社が泣いてるんでしょう。

スイス中銀ももちろん痛い目にあっています。
ユーロ買いのフラン売りなので、ユーロを大量に買っています。
どうやって買うかと言うとユーロ建ての国債買ったりするんです。

そーなると、スイス中銀の中にユーロ建て国債が大量に積みあがります。
それが、GDPの7割超えるらしいです。
スイスのGDPって6504億USドル。
80兆円ですかね。

それの7割って言うと56兆円のユーロ建て資産。
その2割溶かしたとすると、10兆円。。。
10兆円1日で溶かすって凄いわ。。。

3年間もこのユーロフランのペッグってやってた訳ですが、結局あきらめた理由は来週行われるECBの金融緩和です。
更にユーロ安に誘導される訳ですから、今までのスイス中銀の政策を維持しようと思うと更にユーロを買わなくてはいけない。

そんなのやったら、更にユーロ建ての資産が増えるものでもう維持できないって事で諦めたって話です。
想定でも10兆円のロスが出る決断ですので容易ではなかったのは間違いないでしょう。
だからこそ、ここまで引っ張っちゃったんだろうと思います。

周りの環境に抗うってのは色々と無理が出ますよね。
個人もそうだろうし、たとえ中銀であっても世界経済の動きには勝てない。
おかしな政策を取ればしっぺ返しを食らう。

昨日、もう少しうまくやれなかったのかなぁ、なんてランケンも書きましたが、やっぱりそういう声は多くて、特にスイス国内から相当な非難。
段階的に外す事だって出来たはずだって非難はかなり強いです。

ペッグ外すの引っ張っちゃったもんだから追い詰められたんでしょうね。
スイス中銀もうまくやりたかったんでしょうが。。。
スイス中銀内での調整が付かなかったかなぁ。。。

他にはヘッジファンド系が痛い目に合っています。
特にスイスの低金利を利用してキャリートレードしてたファンド。
アメリカでもヨーロッパでも潰れてます。。。

ユーロフランのフロアの件、2年前にランケンも書いています。

ユーロスイスフランのちょっと面白い話


ユーロスイス離陸

当時のスイス中銀の総裁は、元為替トレーダーのHildebrand氏でした。
為替に長けた人だっただけに、ペッグの介入政策を取ったんでしょうが、こうなるとは思わなかったでしょう。

ちなみに、この方、奥様がスイス中銀の介入政策を予め知っていたので、ユーロ買いフラン売りを先回りしてして一儲けしてしまったあげく、それがバレてスイス中銀総裁をクビになりました。

ランケンも色々な政策の失敗を趣味で調べていてランケン経済英語スクールとかで扱っていますが、今回のスイスショックもその1つですね。
中銀の政策失敗はアジア通貨危機もそうでしたし、ECBもそうでしょうが非常にインパクトが大きいです。
多くの国民を不幸に陥れる。
今度のスクールでも少し取り上げましょうかね。

日銀の政策が失敗した時にはどうなるか。。。
怖いな。。。

おっと、アルパリ終わってなさそうです。
破たんしたって言ったの取り下げるみたいな事言ってます。
売却先を探すそうです。

アルパリからのアナウンス

アルパリ、頑張れー!


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
いつもブログ楽しみに見てます。

スイスの件は本当に恐ろしいですね。
でも、ランケンが少し触れているように、日本も人事ではないですよね…。

日銀の国債買取の限界がきて、もう買うの止めます!
なんて発表があれば、ドル円で言えば一気に150円の円安!?それとも円高…?
よくわからないので、教えて下さい♪
2015/01/19 (月) 14:11:19 | URL | 華 #ncVW9ZjY[ 編集]
ありがとうございます♪
はなさん

はじめまして~

お気遣いどうもありがとうございます~
全然問題ないですよー
入れにくいですよね、ん、3つって
よくそうなるみたい~
2015/01/20 (火) 08:13:16 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張