南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
まち・ひと・しごと創生総合戦略を見て

まち・ひと・しごと創生総合戦略を見て


会社でインフルエンザにかかった人が出るとメールが部門全体に回されました。
先週は毎日、3人ぐらいインフルエンザにかかりましたメールが来てました(爆)。
潜伏期間2日ぐらいだそうですので、とりあえず逃げ切れたかな~。(笑)
皆様もお気をつけて~。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

明日から欧米は市場が本格化するんでしょうかねぇ。
こっちが休みに入る所で緊張感がないもので、どうもそんな感じがしません。
このまま静かに年越しをさせてほしいですー。

安倍首相が3.5兆円の景気刺激策を打ち出しまして、海外でも注目されています。
地方への刺激策を重視した内容となっているとされておりまして、東京一極集中を是正し地方の活性化を狙うとされています。

海外からの反応は正直冷やかに書かれており、刺激策ばっかりやっても今までと同じでしょぐらいの反応が結構見られます。
ランケンも正直そう思うなぁ。。。
お金ばらまくだけだと、あんまり変わらないだろうなぁと思ったりします。


下がその景気刺激策の官邸からの資料みたいです。


まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)


なんだろう、これ。。。
どっかで見た感じの資料。。。
PDCA、バリューチェーン、イノベーション、KPI。。。
えーと、コンサル会社でしょうね、書いたのは。

コンサル手法そのまんま。
いきなり出せって言われて、徹夜して作ったんかなぁ。。。
やっつけ感と言うか、そもそも考えて作ってない感じがありありと。。。
なんか書いた人に同情しちゃうなぁ。
こうやって国家政策が決められてるだって思うとちょっと悲しい気も。。。

もうちょっとシンクタンクみたいなのがあるのかと思ってたんですけど、最近はシンクタンクがコンサル化しちゃってるのかなぁ。
政策シンクタンクって野村総研とか三菱総研あたり?
あんまりその辺の業界知らないんですけど、そーなるとSIerかもねって感じですか。

中身ですが、地方も全部が全部をリバイバルしようってのはさすがに無理なんじゃないでしょうか。
地方の中でもメリハリ付けないとだと思うんですよね。
東京圏への転入超過を解消って東京が悪いみたいに問題をしちゃってる時点で問題解決の方向を誤らせる気がします。
少なくとも東京に住んでる人間としては、なんで東京に人が増えて問題かはよく分からない。

地方だって、大阪や名古屋などいっぱい産業がある所がありますし、相当の人口を持ってるはずです。
人材だってあるでしょうし、お金だってあるでしょう。
活用しきれていないのが問題だって議論なら分かる。
でも、東京への転入超過の解消とかってのはよく分かんない。

東京への転入超過解消ってなっちゃうと、46道府県の政治家が公平にお金を回すべきだって話になっちゃうと思うんですよ。
地方再生の問題は東京じゃなくて、地方の活性化戦略を国家として考えるフレームワークに焦点を当てられていないってのが問題じゃないかと思います。

地方も色々あるんですから、全部を公平には無理がある。
47都道府県も必要あるかって話もあるでしょう。
道州制、やればいいじゃんとか思うんだけどなぁ。
言えないので、東京一極集中回避に言葉を濁してるのかなぁ。

ちょっとだけあった、道州制の論文。

道州制の論文(By三菱UFJリサーチ&コンサルティング懸賞論文)

うーん、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの懸賞論文がググったら上の方に出てきてしまった。。。
なんか、道州制の論文って異常に少ない気が。。。
という事は、だれも考えていないのかな、これは。。。

その程度の研究の予算も組まれないんだろうか、政府は。。。
科学系に回すのも大事でしょうが、この手の政策はもっと研究されてると勝手に思ってた。

年金もそうなんでしょうね。
場当たり的なんだろうなぁ。
政策研究大学って何やってるんだろー。

ホームページ見ると海外ものばっかり。
政治とだいぶ違う所で動いちゃってるんでしょうかねぇ。

有識者会議とかって忙しそうな権威のある人を集めてきて、会議だけしてるんじゃなくて、斬新な政策も含めてビジョンをもう少し出させる所にお金かけたほうが。。。
もちろん、省庁とかって区切りと切り離した大胆な絵を内閣直轄でやれたりしないですかねぇ。
なんか、そういう絵があってメリットデメリット含めて議論しないと、いつまで経っても今回みたいなコンサルチックな資料が政権交代のたびに出されるという気が。。。

本質的な所を研究する組織ってないのか。。。
お金が付かないと大学もやりにくいでしょうからね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張