南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
通貨危機と銀行危機のTwin Crises

通貨危機と銀行危機のTwin Crises


今日は会社のシステムの要件定義を書き上げてきました。
だいぶ書いたわぁ、この二ヵ月。
とりあえず、いったん提出したので、一安心です。

パワポとエクセルのスピードって、品質に影響しますよねぇ。
一緒にやってるチームメートの2倍はアウトプットしました。
パワポとエクセルは得意(笑)。
英語も同じですけど、スピードって大事ですね。
クオリティに差が出てきちゃう。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

今日はドル円116円後半に入ってきましたねぇ。
あんまり驚きませんが、嬉しいとは思わないなぁ。

ちょっと、昨日の日本の金融危機の続きを書きます。
今の日本の状況って1996年ごろのタイに似てるんじゃないかと思っています。

もちろん、当時のタイはドルペッグですし、日本は違うのは分かるんです。
でも、金利を上げたら国内経済に多大な影響が出るので上げられないってのは共通項でしょう。

加えて短期資金の入りが凄い多い。
外人が鬼のように株を買ってる。
なんと2週間で3.5兆円だそうです。

この3.5兆円、長期保有とは到底思えません。
だいたい、先物ばっかりらしいし。
正直、やっぱりねって感じですわ。

現物の動かない夜に結構上がりますものね。
結果として、朝になるとチャートが窓を開けて上にぬけたりしています。
今日のSQも上側で幻のSQだし。

この兆単位のお金、入るのも早いかもですが、出るのも早いでしょう。
さっさと出てって欲しい。。。
スペキュレーションを積み上げるのは、政府だったりするんですが、まさに今がそんな感じ。

スペキュレーター集めて株高を引き起こしている。
GPIFが買う頃は超高値。
売りに来るですよね。
かくして、我々の年金は世界に所得移転されると。。。
勘弁してほしいわ。。。

ヘタな官僚が外人相手に相場張ったって、大負け食らうがオチでしょう。
どんなに頭がよくっても一人で多数の頭のいい抜け目のない世界の連中には勝てない。
ハンパない追証食らうのは日銀であり、日本国民だぞ、分かってるのかな。。。

歴史を見ればわかるんですが、スぺキュレーターはバカな国を狙うんです。
自滅しかかってる国にとどめを刺すのが彼らです。
タイもそうだったし、イギリスもそうだった。

日本はアメリカの国債を大量に持ってはいるのですが、ドル売って日本円を買い支えるしかないかもですね。
1兆ドルレベルなので、100兆円程度。

まぁ、普通に考えて攻撃されても、これだけあれば十分なはずではあるんですが、2週間で3兆円の流入額です。
平成25年度の外国法人の日本株保有額は実に137兆円。
比率にして30%で、国内のすべての金融機関の保有額118兆円を上回ります。

なんか、結構衝撃的な数字だわ、これ。
米債持ってるから大丈夫かと思ってたんだけど、あんまり大丈夫とは言いがたい。。。
ギリギリのバランスじゃないの?
だいたい、アメリカ国債の大量売りなんてしたら世界が大混乱に陥るし。

確かにキャピタルフライトが出たら、怖い。。。
外人が狂ったように売り出したら、国内の個人なんかも売り出すかもしれない。
売りが売りを呼ぶと始末が悪いです。

日本国債は外人ほとんど持ってないのに、日本株は今や外人が最も多いって歪みをどう解釈すべきか。
全部がスペキュレーターとは思いませんが、2週間で3.5兆円は全部スペキュレーター。
うーん。。。

やっぱり、IMFが言うように、日本は銀行部門が売られて崩れるんだろうか。
プットは買っておかないとなぁ。
国債下落で銀行株が下がるって話かと思ってたんですが、そうじゃない気がしてきました。
株価暴落での銀行危機か。

であれば、典型的なTwin Crisesかもしれない。
要するに通貨と金融機関の危機ですが、そーなるとやっぱりタイと同じに思えます。

うーん、考えちゃうなぁ。
でも、経路的にはそんなのが一番危なそう。
国債危機はないと思う。

だいぶ長くなりましたね。
明日はランケンスクールの飲み会です。
日銀に対する愚痴をいっぱいするぞー(笑)


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
タイの通貨危機に詳しくないので純債権国の日本が
どのような危機に陥るのか断言できませんが、
とりあえず銀行は大丈夫でしょうね。
なにしろ資金の安全な運用先がなく、
先日も国債を日銀に売りたくないと駄々こねてましたから。
国債危機がないなら問題ないのでしょう。
むしろ銀行に資産預けっぱなしで投資チャンスを
逃す個人投資家のほうが心配なぐらい。

そうそう、そういえば自滅しかかって
スぺキュレーターにとどめを刺されそうなバカな国が
日本の隣にありましたな。
頼みのスマホが中国勢との価格競争で
虫の息のようですが。
2014/11/15 (土) 20:46:58 | URL | nanasi #-[ 編集]
短期的な話ではなく~
Nanashiさん

コメント2つありがとうございます。
えっと、観点がちょっとずれてる感じがまずはしまして、短期的な事を書いたつもりはないんです。
現状、国債を日銀に売りたくないとかって話はあるでしょう。
別に今すぐに銀行を心配すべきって事はありません。

ただし、銀行のバランスシート悪化をもたらすのは国債の暴落だけではありません。
どういう状況であり得るか?
簡単です。
不良債権が増えるって話です。

その不良債権が国債であろうが、社債であろうが、その他の資産であろうがなんでもいいんです。
バランスシートが悪化すれば、レバレッジを比較的大きくとる銀行は破たんする。
それだけです。

では、どうやったら悪化する状況になるか?
上のエントリーで言ってるのは、キャピタルフライトが来たらって話をしておりまして、企業の一部がキャピタルフライトで経営が悪化したとします。
そうなると、不良債権化する可能性はありますよね。

そういう時に限って、海外のスペキュレーターは狙ってくるんです。
株価が全面的に下がったとしましょう。(よくありますね。。。)
つぶれる会社だって出てくる。

銀行株も売られて、銀行のバランスシート悪化に繋がる。
となると、金融危機になりかねません。

と言う、比較的長期な話をしています。
とは言っても、今後10年以内とかです。
長いと思うか、短いと思うかは、Nanashiさんの人生の残存年数(w)によりますけど。

自滅しかかってスペキュレーターにとどめを刺されそうになった隣の国って韓国の話をしてらっしゃいますよね。
そうですね、IMF入ってだいぶ韓国国民が苦しんでました。
他人事じゃないと思ってるので、こんなエントリー書いてる訳ですけど。。。
IMFに入られるような状況にはなってほしくないと切に願います。
2014/11/16 (日) 19:53:50 | URL | ランケン #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/16 (日) 21:26:52 | | #[ 編集]
>その不良債権が国債であろうが、社債であろうが、その他の資産であろうがなんでもいいんです。
>バランスシートが悪化すれば、レバレッジを比較的大きくとる銀行は破たんする。
現在の銀行の資産運用の中心は日本国債です。
サブプライム金融商品が出回っていたときでさえ日本のメガバンクは
国債で運用していたため、海外の投資銀行などは
「国債で運用?だっさwそんなちまちま稼いでていいの?」
などと言っていたようですね。
結果として、このおかげで日本はリーマンショックを回避できた訳ですが。
筋金入りの低レバレッジの日本の銀行が、
これまた世界で一番長期金利が低く超安全資産の日本国債で
どうバランスシートを毀損するのかよくわかりません。

>IMFに入られるような状況にはなってほしくないと切に願います。
日本は世界で2番目にIMFに資金を出資している国です。
まずは、出資してる分を返して貰わなくてなりませんね(棒)
2014/11/17 (月) 13:53:44 | URL | #-[ 編集]
こんばんわ。いつも楽しく拝見しています。
日銀そうですね、、b/s比較で分かりやすい。でも、やはり財務省でしょう。1円の円安で約2兆円、これだけの円安は米国と密約が無ければ有り得ない、緩和ストップとバズーカー、政府の犬。。緩和後もマネーストックも増えず。。財務省には逆らえないし、官僚は米国に逆らえない。。行き着くところは不審⚪︎。以前、泥酔で、、の方も全くの事実。
グルーグマンレベルでなく、始めからそんなの無い。。

東京三菱も財表見れば融資より外債買いに夢中です。。この国は如何に?

悲しかや。。
2014/11/18 (火) 21:27:33 | URL | Hanabi #mQop/nM.[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張