南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ドル円はどこまで行くか?

ドル円はどこまで行くか?


昨日はブログのサーバーが調子悪くエントリーが今日になってしまいました。
115円が見えてきた~なんて、115円超えてから出てるマヌケな記事。。。
FC2、ずーっといい感じで使ってるんですけど、ちょっと不安感ありますねぇ。

バックアップのテキスト落としたら34万行あった。。。
自分の文章が20万行以上はあるだろーな。。。
巨大ブログになったものです。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

115円、あっという間でしたねぇ。
金融緩和の前が110円ですから5円ぶっとばしています。
介入なんて2,3円動いてもすぐに元に戻っちゃうのに、金融緩和になると桁が違いますね。

80円、つい先日な気がするんですけどね。
海外の資産持ってる人間としては大いに助かりますが、追証食らっちゃうぐらいなので有難いとはさすがに言えない(笑)。

前回の金融緩和は80円から110円まで持ち上げています。
今回の緩和は110円から115円って感じでしょうか。
正直、前回みたいにガンガン上に行っちゃうと、かなり怖いです。

110円が140円なんかになろうものなら、シャレにならない影響が出ます。
輸入物価の高騰は避けられず、悪い物価上昇になってしまう懸念があります。
景気が良くて物価上昇ならいいんですけど、景気が悪くて物価上昇となると、これは庶民の生活に打撃が出ます。

今は原油が比較的安いので、いいのですが、原油価格が上がって円安も130円とかになると、相当に厳しい。
生産者物価指数の上昇を招き、確実に消費者物価指数に跳ねてくるはずです。

ガソリン価格もリッター160円ぐらいですが(しょーもないコスト意識が高いランケンは金融緩和の翌日にはガソリン入れに行きましたが(笑))、これが200円超えるようになると物流系はかなり痛いでしょう。

また、円安は他の国から見たら、不公平に見えます。
元々競争力のある日本の円安は競争力の劣る国から見るとたまりません。
摩擦に発展しますね。

と言う所で、国内外から見て行き過ぎた円安はマズイ事になります。
だからこそ、日銀の委員も今回の緩和には反対した人もおおいんでしょう。
そりゃーね、140円にまで動かしちゃったら、何が起こるか分からないですよねぇ。

そんな劇薬の金融緩和ですがOECDがECBに対して金融緩和をするように提言しています。
特に日本型のデフレになる事が懸念されており、デフレにならないように最大限の努力をと促しています。
ドラギ総裁も、悩ましい所でしょう。
母国は厳しい状況だろうし、最大の力を持ったドイツは緩和なんて大反対だし。

ただ、やる可能性がないとは言えないですね。
アメリカ、日本と来てますから、順番的にはあっても良さそうではありますが。

既に暴落とも言えるユロドルをこれ以上落ちてアメリカはいいのかって話も別にありましょう。
難しいですね。
まぁ、もうコールは安易に売りませんよ。
プットは売っていいのかって話もあるんですが(爆)


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
経済対策による金融緩和なんてアメリカもヨーロッパも、それこそ中国だってやっているのに、
それのなにが不公平なのか理解できません。
国際競争力を高めるためだけに
為替介入していた韓国より
はるかに正当性があると思うのですが。
2014/11/07 (金) 13:50:46 | URL | #-[ 編集]
どっかに不満が出てしまうので、通貨安の国としてストレスためる理由はないかとー
お名前を書かれなかった方へ

こんばんは。
為替レートの調整は難しいですねぇ。


通貨安によって、不幸な人々が他国に生じるのは構わないと主張するのは、基本的にはどの国の人であってもいいがたいでしょう。
だから、どの国もやってないって言ってる訳です。

それは他の国に競争力がないから悪いってのも割と身勝手な話かもしれなくて、人口わずか400万人のニュージーランドから見たら大国の論理で、何も言わずに黙ってるってのも気の毒です。

一方で、ご指摘のように、韓国や中国だけでなく日本もアメリカもヨーロッパも為替レートを安く持っていきたいという思いはあるでしょう。
どっかの国の通貨安は他国の通貨高なんですから、どこがやっても別の所に不満が出るだけの話です。
なので、日本の方が正当性があるとか、日本は許されるとか、そういう事じゃないと思うんですよね。

人為的に為替レートを動かせば摩擦が出るって話で、そっから先は政治問題とも言えましょう。
正しい為替レートなんて存在しないので、通貨安の国はそれをエンジョイしておくしかないでしょうね。
適度な通貨安は通貨高の国よりは恵まれる方が多いので、他国の批判に対して神経とがらせてもストレスなだけなので、あんまりいい事ないんじゃないかとー。
実益を受けてる感じしないかもですけど、国全体で見れば受けれるはずですからー。
2014/11/07 (金) 23:17:57 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張