南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
財務省の財政審議会が消費税30%の議論

財政審議会の消費税30%の議論


いいお天気ですねぇ。
気持ちのいいお昼ですー。
眠いので、今日はふわふわと雑談モードでー。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

英語と年収の関係って結構昔から数百万円の差があるのですが、最新のが出てますね。
やっぱり200万ぐらいはありそうです。
たぶん、もっとかなぁ。


英語と年収の関係


下の記事では40代から差が出るってありますが、50代だと300万はありそうですね。
40代でも200万強の差、30代で100万ぐらいでしょうか。
東京しか知らないですけど、もっとある感じしますけどねぇ。

女性の方が差が大きいってのも興味深い所です。
結局は、正規雇用と非正規雇用の話かもしれないですが、英語が出来る女性は正規雇用で高いポジションにつきやすいって話なんでしょうかねぇ。

ちなみに男女の雇用格差は以下のサイトにまとまってました。
なるほどねぇ。


男女の年収格差




女性とお金の問題ってシビアですね。。。(なんか違う意味に聞こえる(笑))
多くの女性が英語を身につけたがる理由が数字で表れてるのかもしれません。(女性の英語力による年収格差のデータまでは掲載されてませんでしたけど、想像に難くない。倍ぐらい違うのではないかと)


と思ったら、老後貧乏予備軍が増えてるなんて話も出てました。


老後貧乏予備軍


老後資金3500万円かぁ。
簡単ではない。。
でも、たぶんそれでも足りないでしょう。

財政悪化はかなり厳しくて増税が間違いない。
特に消費税。
インフレされて増税されて、給料は低飛行ではかなり厳しい。

結構、ショッキングだったのが、先日ロースクールに合格されたランケンスクールの受講生さんから教えていただいた財務省の財政制度分科会の議事録です。
消費税30%ってのが議論されています。(割と下の方)
もちろん、財政健全化のためにって条件付の話で、別にやるって話ではないのですが、諸外国の消費税って25%とかも結構ありますので、完全に否定は出来ないです。


財政制度分科会(平成26年4月28日開催)議事録


30%はさすがにキツイと思います。
しかも、年収が落ちてきたタイミングで導入される可能性が高い。
単純な話で、人口減少の中で所得税が減ってきちゃうから、財源確保って話になると、消費税しか残らないんですよね。

法人税なんて世界で一番高いんだもん。
これ以上上げられない。

消費税はランケンも20%までは割と高い確率で実現されるだろうって思います。
じゃないと、ホントにこの国は破たんする。

今の日本は国内でファイナンス出来てるのですが、外国から借り入れする日も来るでしょう。
新興国においてですが、一般論として海外からの借金がGNPの30%に達すると、債務危機が起きる可能性が高いとIMFはしています。

日本は先進国ですが150兆円を海外から借りると危ないって話ですね。
1000兆円の借金はあとどこまで国内で借りられるか。
500兆はないでしょね。

年間30兆円の借金増だとするとあと20年程度でしょうか。。。
断崖までそう遠くないと思います。
ちょうど仕事がなくなる時期かな。

うーん、あんまりふわふわと雑談モードにならなかった。。。↓
人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/29 (月) 01:54:49 | | #[ 編集]
こんにちは。
世間的には10%も難しいって事になっていますね。
世論調査も発表の度に反対が増えてきたような。
かなりニュースに左右されていると思います。物価高に悲鳴!とか円安は地方や中小企業には悪いとか、間違ってはいないでしょうが繰り返し繰り返し言い続けるので、円高の時の事をすっかり忘れたり、値段ばかり見たり。

国の借金が大変だ!と言っていた頃は増税賛成が上回っていたか、ちょうど半々でした。

個人としては円安に備える対策、時間はあったので、不平を言ってもしょうがないと思います。

ガソリンは名古屋近辺~大阪で157~160円くらい。東京はどうですか。
2014/09/29 (月) 08:37:38 | URL | みずほ #-[ 編集]
ブックメーカーとか
大器晩成のたぬきさん

こんばんは。
ブックメーカーは全然分からないですー。
ギャンブルは基本負けると思ってるので、ラスベガス行った時とかに楽しめればいいかなぁぐらいですかねぇ。



みずほさん

こんばんは。
世間的には10%も難しいって話みたいですよね。

おっしゃる通り、個人としては円安に備える対策も時間もあったので、やらなかった方が悪いって話はありますかね。
東京のガソリンも同じぐらいですね。
もっとも、東京も23区内とそれ以外って違うのですが。。。
2014/09/29 (月) 23:25:16 | URL | ランケン #-[ 編集]
ノーベル賞
そうですか~
残念です。

ちなみに、もうすぐノーベル賞の発表があります。
ブックメーカーでは、候補に上がっている人たち、
誰が各部門の賞を取るか、
賭けが、始まっているそうです。
2014/10/05 (日) 17:27:12 | URL | 大器晩成のタヌキ #m2/l/Vug[ 編集]
ノーベル賞まで?
大器晩成のタヌキさん

こんばんはー。
ノーベル賞もブックメーカーで賭けるんだ~。
面白いですねー!
2014/10/07 (火) 00:21:19 | URL | ランケン #-[ 編集]
ブックメーカー
はい♪
日曜の朝のNHKのニュースで、
話してました~

たぶん、ブックメーカーのスポーツウィル
で、賭けられるかと思います。

ちなみに、別のニュースでは、
東京かな?
なんか、ノーベル賞の候補者のアンケートを取っている話をしてました。
十倉さんという方が、人気でしたよ♪
2014/10/07 (火) 01:14:21 | URL | 大器晩成のタヌキ #m2/l/Vug[ 編集]
専門分野があれば勝てるかな
大器晩成のたぬきさん

こんばんは。
色々あるんですねぇ。
なんか、専門分野がある人は、楽しいかもですね。
2014/10/13 (月) 21:58:56 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張