南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ヨーロッパの人種差別と日本の人種差別

ヨーロッパの人種差別と日本の人種差別


今日のエントリーはちょっと炎上を覚悟で書きます。
タブーだと思うので、あんまり賢くはないかもだけど。
なので、コメントは場合によっては開示しません。
某掲示板でお願いします。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

イスラエルが無茶苦茶するもので、ヨーロッパで反ユダヤの空気が強くなっているという話が気になります。
ドイツまでそんな話が出てるらしい。
ヒトラーを生んだ反省で反ユダヤはダメって事になってる国ですら、そんな状況では後が怖いです。

ソロス氏が言うように、ヨーロッパの統合は逆行してる感じがしてしょうがないです。
ユーロ危機により広がった格差、宗教、人種差別、これらはヨーロッパの戦争の歴史を生んできたものです。
乗り越えてほしいと強く思いますが、簡単な話ではないのはよく分かっています。
だからこそのEUだし、ユーロの本質的な意味があるのですが、現状は悪い方向に向いてるように見えます。

そういう観点で見るとユーロと言う通貨はドルほどの安定性を持ちえないのかもしれないと思いますね。
最後はまだまだドルな気がします。

それにしてもイスラエル、段々説明が付きにくくなってきています。
特に国連が運営している学校を攻撃したりしてるのは、ヨーロッパだけではなく世界の非難を浴びています。
ハマスもそれを分かってて何か隠してるんでしょう。
人の命でゲームするのはハマスは止めるべきだし、イスラエルもそのゲームに乗ってはいけない。

ユダヤ人は世界的に優秀な人を輩出しているのは有名です。
1つにはユダヤ教の聖書である旧約聖書が非常に難解なのですが子供のうちから読まされるために、早いうちから言語能力が高くなり論理的な思考もしっかりとするという話を聞いたことがあります。
宗教の力が教育レベルを高めてるって事です。

テレビの中で、ユダヤ教の神父(ラビだったっけかな)が出てくる時って必ず聖書持ってますよね。
宗教と教育って割と結びつきが強いものですけど(ハマスであっても)、時として悪い方向に進んでいる事があります。(歴史を見ると宗教戦争の多さって世界共通)

そういうのが人種差別の元になったりするんでしょうかね。
優秀で強い人たちって敵に回すと怖いですから、怖いものに対して敵意を感じるのは人間と言うか動物の本質かもしれません。
自分が強ければ、そこまで人種差別とかする必要もないんでしょうけど、実際は難しい。

日本でも、朝鮮系や韓国系への差別がヒドイなって感じる時がよくあります。
無意識かもしれないけど、怖いんだろうなって思います。
低賃金で日本で働かれると、日本人の職が奪われるって言う脅威とか、日本人のようにしっかりと法律で守られていないアジア諸国の人たちは、自分を守るためには力が必要なので、どうしてもアウトロー系に流れちゃいますので、それが日本人から見ると怖い。

結果として人種差別になるんでしょうが、イスラエルやヨーロッパで起きている事も本質的には似たようなものではないかと考えたりします。
オープンに開けた関係を作れれば人種が違っても怖いと感じることはないですが、オープンな人ばかりではない方が普通でしょう。

日本には、これから移民が入ってきます。
彼らを受け入れることが出来るかどうか、非常に懐疑的です。

日本は島国ですから、外国に慣れていない。
ヨーロッパは陸続きですし、しょっちゅう揉めてた経験もあるので、かなり慣れてる方だとは思うのですが、そのヨーロッパですら、あの状況。

日本は外人を受け入れられるか、まして彼らに経済の一翼を担ってもらえるか。
日本語も分からない人が入ってくるのですから、当然摩擦が起きる。
現実的には非常に難しいでしょう。

一方で、日本の人口減の時間は待ってくれませんので、移民は入ってくるでしょう。
今後10年の急激な変化に対応できるだろうか。
ヨーロッパを見ていると不安になります。

せめて、ランケンブログの読者さんには、人種を超えた理解を出来るように努めてもらえるといいなと思ったりします。(実は、その手のコメントを頂きまして、それも不安を掻き立てていまして。。。朝鮮や中国の人をそんなに怖がらなくても。。。排斥したって別にいい事なんてない。日本人の悪さする連中がのさばるだけの話だと思う。。。)

敵ではなく仲間として受け入れるって事を意識しないと、無意識レベルの怖いってのが働いちゃうと思います。
イスラエルのパレスチナ、南アフリカのアパルトヘイト、ドイツのヒトラーみたいな事が世界では起きているし、非常に悲しむべきことですよね。
日本にそれが来ないように、個人レベルで意識する必要があるように思います。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
怖がっているわけでは…
いつもランケンさんの博識さに尊敬の念を覚えつつブログを拝見してます。とても勉強になります。さて、韓国人に対して怖がっているとの事でしたが、反日教育を始めとする彼らの反日ぶり、捏造してでも日本を貶めようとする歪みっぷりに、少しづつ日本人が気づき始めているのだと思います。同じ土俵に上がる連中もどうかと思いますが、怖がっているという表現に違和感を感じましたので、さしでがましいとは思いつつ、コメントさせて頂きました。
2014/08/03 (日) 23:27:50 | URL | ランケンブログのファン #-[ 編集]
韓国が日本を怖いんだと思うんですよね
ランケンブログのファンさん

こんばんは。
さっそくどうもありがとうございます。
おっしゃるとおりの部分もありますね。
行き過ぎてるのはお互い様かもしれません。

向こうもこっちが怖いんですよ。
過去にやられてますからね。
日本が地震の津波を風化させないように頑張るのと同じなのかなって思います。

韓国から見て、日本は圧倒的に強いんです。
経済の面でも武力の面でも。

北朝鮮だって韓国が怖いんです。
なので、あんなんなっちゃってる。
弱いものが強いものを怖がるのは動物として無意識レベルで避けられない。

日本は強い国であるからこそ、変に怖がるのがかえってよくないって思うんですけどね。
まぁ、一部怖い人が多いのは事実かもしれませんが。。。
だからと言って人種差別って話にしてはいけないかなと。
2014/08/03 (日) 23:38:00 | URL | ランケン #-[ 編集]
ボウリング・フォー・コロンバイン
初めまして、いつもブログを拝見しています。無意識レベルでの恐怖というのが人種差別の元になっているというご意見になるほどと思いました。
マイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」では、アメリカの銃社会の根源にあるものとして、先住インディアンの大虐殺や黒人奴隷の歴史以来の、白人が彼等からの復讐を恐れ続ける負の連鎖があることを挙げていました。また、同映画の中でマリリン・マンソンは、「政府とマスコミは自分たちが臨む形で恐怖を生み出している。人は、毎日視聴するテレビのニュースで恐怖を詰め込まれる。アメリカ政府とマスコミが恐怖と消費を煽っている。アメリカの経済はそういう仕組みになっている」と指摘していました。アメリカだけでなく、ヨーロッパ、中国、韓国、そして日本など、世界中で似たような状況なのかもしれませんね。では、どうすれば良い方向に向かうのか、残念ながら自分では見当がつきません。
2014/08/04 (月) 00:50:58 | URL | FX初心者 #-[ 編集]
お久しぶりです。
ランケンさん。

お久しぶりです。
欠かさず拝読していましたが、
コメントは控えておりました。
今回の件は、私も思うところがあり、コメントさせて頂きました。

ゴールは、オープンで民主主義的なコミュニティの構築にあると思います。
そのためには、外部環境PESTの安定が不可欠。

このゴールに対して、フレームワークで整理するのが良いかと思っています。

1.日本のボトルネックと、ゴールへの改善案
2.移民対象民族のボトルネックと、改善案


他の方がコメントしている怖れとは、現在一応は安定している日本のPESTが、移民対象者のPEST水準の高低によって、不安定にされることではないでしょうか。

これは、外務省の渡航規制と似た側面があるように思います。
日本国内をシエラレオネにしてしまうのか、安定自立したオープンな国家構築へ向かうのか。

経済や政治、社会性が安定した民族の受け入れならば、精神的抵抗は少なくて済みそうです。
しかし、不安定な民族の受け入れには、やはり精神的抵抗は生じるかと。

国境なき医師団の方たちが、ゴールを実現するために払っているコスト。途上国へ赴くときの覚悟や、コミュニケーションの手法と、時間的コスト、経済的コストを払っていることなどを、日本国民が移民に対して払うことになります。

ゴールを実現するための案は、どう描けそうか、じっくりお話ししてみたいです。
2014/08/04 (月) 03:51:54 | URL | ジミヘン #jpO46CoM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/04 (月) 15:33:06 | | #[ 編集]
初めまして
ランケンさん、初めまして。
いつもランケンさんのブログを拝見しています。

韓国人が怖いわけではないと思います。
生活保護の不正受給や反日教育、通名制度によるなりすましに嫌悪感があります。

日本も財政難なのになぜ韓国人に生活保護を与えるのか。
日本人限定にし、通名制度を廃止してもらえないのでしょうか?
って、ランケンさんに言っても仕方がないことですよね。

私は日本人の良さを大切にしていきたいと思うので移民は反対です。
働かない在日に生活保護を与えてる暇があったら教育に当てて欲しいです。
少子化対策しないでバンバン移民を受け入れたら結局、揉めるだけです。
2014/08/04 (月) 16:51:57 | URL | #U3zbCiTk[ 編集]
人種差別ではないでしょう。

問題点を指摘しているだけだと思います。

彼らの敵意は理解しあえるレベルを超えていますよ。

「反日無罪」と言って、日本人に対しては何をしても(殺人でも)許されるって本気で思ってるんですよ?
2014/08/04 (月) 17:52:12 | URL | サンテ #GCA3nAmE[ 編集]
コメントどうもありがとうございました!
コメント頂いた皆様へ

コメントどうもありがとうございました!
エントリーで全部扱わせていただきました。
色々なお考え、勉強になります。
今後ともよろしくお願いします。
2014/08/05 (火) 00:05:18 | URL | ランケン #-[ 編集]
個人的な意見です。
生まれた人種、国家/地域、あるいは属性でその後の運命が決まるのではなく、
政治家や権力者など個人の損得で他人を争いに巻き込むのではなく、
大切なのは、ごくごく当たり前の簡単なことだと思います。

何かというと、自分を含めた全ての人の尊厳をお互いが認め合うことで多くの悲劇が防げる気がします。
想像力が足りないんですよね、きっと。
少しだけ相手のことを想像できれば、人としてそんなひどいことができないはずなのに。

日本の場合は、ジャーナリズムというかメディアのあり方にも問題がある気がします。
せめて客観的な事実を伝えようという努力がみられるといいのだけど。。。
2014/08/05 (火) 00:17:16 | URL | Ichiro #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張