南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ予想通りの利上げ

南アフリカ予想通りの利上げ


夜は涼しいですねぇ。
風が心地よいです。
ランケンの部屋はマンションの角部屋なので風通しが抜群にいいので、無茶苦茶気持ちいいです。
思わず、うたた寝してしまいました~。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカは金利引き上げを行いました。
上げ幅は0.25%で、5.75%となっています。
今週の火曜日に書いた通りですね。

金融政策決定会合のステートメントを見ると、徐々に正常化していくことにしたとしています。
この正常化というのは実質金利が現状マイナスなので、それを正常化って事です。
まだ若干マイナス気味ではありますので、正常化という観点で捉えるともう一回利上げする可能性がありますかね。

通常は0.5%の利上げをする所を0.25%にするところにも表れていますが、声明文を見ていても、やはり相当に成長に気を使っています。
インフレは上がり続けているのに成長率は下がり続けていると述べており、今回の決定もジレンマを抱えた中での決定だとしています。
中銀としてはもはや出来ることはなく、政府に構造改革を呼び掛けています。

また、ランドについては、今後のインフレのキーとなるものとしており、インフレの上昇リスクをもたらすと警戒しています。
今の状況だとランド安になっても、インフレが悪化するだけで競争力増加には結びつかないでしょうしね。
そもそもストライキやってて生産してないのに、ランド安になった所で意味がない。

そう思うと、南アフリカ中銀としてランド下落はあまり容認しにくい気はします。
今日のランドはあんまり変わらずです。
予想通り過ぎたかな(笑)。

さて、今日の株式市場ですが、またボラティリティがかなり下がってますね。
日銀が株式市場でかなり買いをやっていて、下がらないものだから上がらない。
上がりも下がりもしないので、ボラが下がるという状況。
ランケンのポジションはまたしても大幅な利益。
一瞬、目を疑った(笑)。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ご苦労様です。
いつも拝見し、参考にさせて頂いております。
ランケンさんは、南アフリカ経済に関する情報をどこで集めているのでしょうか?教えていただけると幸いです。
2014/07/17 (木) 23:46:30 | URL | のりp #-[ 編集]
私の家は外が暴風で窓を開けても風が入ってきません(涙
引越しを検討してますが、地域で一番家賃が安い上に家賃が高い家と道1本しか変わらないので決断を鈍らせます。。。

日本を含めた色々な国の自動車メーカーが撤退するっていう報道がありますが、引き留めとかしてるんでしょうか。
まぁストライキしてるのに引き留めも何もないでしょうけど・・・
2014/07/18 (金) 00:10:52 | URL | ぱんだ #-[ 編集]
南アフリカの情報とか自動車産業の撤退のうわさとか
のりPさん

はじめまして、こんにちは。
南アフリカの情報は、南アフリカの新聞読んだり、南アフリカ中銀のサイト見に行ったりしてます。
よく聞かれるので、サイトの右の方の下の方(本の紹介が出てるちょっと上)に南アフリカ関係のリンク集を作ってあります。
情報なんていくらでも転がってますよ。
結局は解釈する力です。
その辺はランケン経済英語スクールで教えてます。



ぱんださん

こんにちはー。
あららぁ、風通し悪そうですねぇ。
風通しがいいって結構重要視するようになりました。
今のマンションよりいいマンション、見たことがなくて居座ってます。
快適すぎる(笑)。

自動車メーカーの撤退の話ですが、もうちょっと自動車メーカーの立場にたって考えてみましょう。
アフリカは10億近い人間がいるところです。
毎年、5%で南部アフリカは成長している最後の未開発地域です。

戦略上、極めて大事な地域から、そんなに簡単に撤退できるかどうか。
オーストラリアからはトヨタも撤退しています。
ストライキも安全上の問題もないのに。
低成長、人口が少ないのでマーケットとして魅力が小さい。

結局リスクをとってリターンを得てるわけです。
アフリカから撤退した場合、次に参入するのはいつか。
自動車市場を中国メーカーに握られていいと思ってる会社はおそらくないでしょう。

頑張りたいのが基本です。
もちろん、政府も引き留めているというか、関係を維持したいです。
雇用が生まれるのに追い出す手はあり得ないです。

南アフリカ以外で自動車のサプライチェーンが作れる国ってのも現状ほとんどないので、現時点では撤退って話はまだじゃないでしょうか。
むしろ、新規投資がされないのが問題です。
ストライキが無ければ市場規模の拡大に合わせて投資したいでしょうね。
2014/07/19 (土) 13:36:21 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張