南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
介護とナチスの共通項とは

介護とナチスの共通項とは


昨日はランケンスクールの飲み会でした。
楽しかった~。
また朝までコース(笑)。
毎度お世話になっております!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

昨日も色々と楽しかったです。
話題は介護や老人ホームから第二次世界大戦からギリシャまで。
トレードの話はしなくはなかったけど、今回は少なめでした。
おちゃらけているようで割と真面目な話をしていると思います。(笑)

介護や老人ホームの話は非常に勉強になりました。
いつも来て頂いている受講生さんに、かなりスゴイ人がいらっしゃるんですけど、介護の経験があるそうで、そういうビジネスも考えていらっしゃるそうです。

難しいのはソフト面だとか。
人間を扱う訳ですから当たり前なんでしょうけど、実際に要介護のおじいちゃんか、おばあちゃんがいた人が考えてるだけにリアリティもありましたし、難しさも感じました。

老人ホームにも恋愛があるとかって話も聞いた。
割とリベラルなランケンは、いいんじゃないの、それ!とかって思うんですけど、ご家族の心情はそうでもないものだそうです。
おじいちゃんを亡くしたおばあちゃんが老人ホームに入って恋愛が出来るってご家族的にはイヤなものだそうです。

個人的には本人が嫌じゃなければいいんじゃないって思わなくもないのですが、そこは痴呆が入っている親を心配する子供の心情もそこまで楽じゃないそうで。
でもなぁ、子供が出来る訳でもなかろうし、エイズが怖い訳でもなかろうし、生きるエネルギーになるなら、何でもいいんじゃないのとかって思ってしまう~。
って言ったら、その方もちょっと理解してくれました。(笑)

そこから、話が移ったのが格差の話。
老人ホームだとかで働く人は離職率も高いそうでして激務だそうです。
でも、ケアセンターで働く人ってかなりの薄給なんだそうです。
薄給であっても、人が集まっちゃう。
結局仕事が無いから。

今後、老人は増えていく中でそんな状況もなかなか厳しいでしょう。
老老介護なんて言葉もありますけど、そんなの無理でしょうし。

受講生さんの私生活なんて聞く機会もそうはないんですけど、昨日の夜はランケンが最も介護の現実を知らない人だったって事が分かりました。
皆様、ホントにエライし優しいなぁと感じたです。
ランケンはある意味で無知だなとも思ったりしました。

その後で話が出たのがギリシャ問題。
この辺はランケンが詳しいのですが、ユーロ危機からわずか3年でナチスが出てきたりしてる訳です。
弱者をいじめて純血主義に走る。
でも、その底辺は経済問題です。

その種は日本にもあるし、遠く離れてみれば、現在進行形のギリシャのナチスもかつてのドイツのナチスも日本の戦時中もアメリカの9.11も底辺は同じ。
人々が食べていけない。
これから発生した不満は悪い方向にしか進まない。

受講生さんが日本人は優秀だっておっしゃったりもしましたけど、それも半分ぐらいは正解だと思うんですけど、半分はそうでもないと個人的には思っています。
日本人は割合的には優秀なんでしょうけども、中国だってアメリカだって、メチャクチャ優秀な人もいっぱいいます。
優秀ならなぜ高齢化の問題を解決できないか、なぜ将来確実に不幸になる政府債務の問題を解決しないか。

日本人が本当の意味で優秀と言い切れる理由は実はどこにもないし、そういう考え方自体が意識しているかどうかはともかく人種差別に繋がりがちだし、社会の不満が高まった時に外国人排斥運動となる。
それが顕在化しているのが今のギリシャです。
じゃぁ、日本はどうすべきか。
移民政策を取るも回答の1つでしょう。
別の次元の問題が出るのは明らかですが、それを受け入れても大きな問題を解決すべきかもしれません。

外国人排斥に繋がっていない今ならまだ出来ましょうが、人々が貧困化してギリシャになったら移民なんて方向と完全に逆の外人排斥にしか進まないに決まっています。
大きく見たらそれって間違いなんですが、見える問題しか分からないのが人間。
相手が考える事が分かれば怖くないんですけど、考えてる事が分からないって誰でも怖い。

中高生の時って隣の学校の人と仲悪かったりしますけど、それは相手の顔が見えないだけだったりしますよね。
大人になって余裕が出来れば、なんでそんなしょうもない話でぶつかるんだろうになります。

でも、実は大人になっても同じで、隣の国って接点があって既得権益があってプライドがあって、衝突しがち。
中高生のケンカと底辺は同じだし、普段の不満は別の所にあるのに、近くにいる利害衝突する所に全ての不満をぶつけてしまうんですよね。
規模が違うだけで、結局は同じで余裕がある時は良いけども、余裕がなくなれば悪い方向も正しいとされてしまう。

それはギリシャのナチス政党の躍進であり、日本の戦時であり、歴史は繰り返す。
だからこそ将来が心配だったりします。
結局は食っていけるかいけないか、つまり経済問題となります。

移民の人はそもそも余裕がないから移民してくるんですが、余裕がある日本が受け入れられないのであれば、結局は人種差別で不幸な歴史が繰り返される可能性が高いと思っています。
残念ながら余裕は刻々と失われていってるのが現実じゃないでしょうかねぇ。

余裕がある内にとは思うのですが、余裕があると言うのは危機感がある事の反対なので、動きにくいですよね。
本当の高齢化社会になった時に、いきなりヘルパーの移民が大量に来たりなんてあり得ないし、余裕のない移民の余裕のない日本人が世話になろうなんて都合の良い話もないでしょう。

目の前を見てるだけではなく、数十年後を考えながら手を打っていかないといけないでしょうね。
政治家がそれをもっと見れるといいんだけどなぁと無力なランケンは思ったりしました。

と言う、ランケンスクールの飲み会(笑)。
まぁ、マジメ(笑)。
徹夜でそんな話をしてたんですけど、受講生さんがお金を払わないといけない位の話だったって連絡してきてくれました。

でも、ギリシャのナチス見てて思うんですよね、過激な思想は結局は経済問題と密接なかかわりがあるって。
ジョージソロスの懸念もなんとなく分かる気がするし、ユーロの巨大な社会問題は日本の将来の巨大な社会問題と底辺同じでしょう。
第二次世界大戦の過ちは繰り返さないと祈りますが、国債が暴落してから5年後にどのような過激な思想が日本の中のどこまで広がってるだろうか。

ギリシャではナチスの思想を持つ政党が2008年に0.3%の支持を得ていたのが、2013年は17%にまで達している。
彼らは正しいと信じてやってます。
弱者救済だと信じている。

タリバンだってそうだったでしょうし、彼らは食料や医療を弱者に施している。
個々のレベルでは絶対に正しいと思ってる。
でも、集団として見た時には、テロを起こしたりして多くの間違いを起こしています。(これも我々から見たらなんで、向こうから見たら正義だったりするんですが。。。)

正義とは何かって、ハーバードかなんかの教授で大人気なクラスがありますね。
結局は、相手への思いやりだったり優しさだったりするのかなぁなんて思いながら帰ってきてさっき起きた(爆)。
結局は経済問題で正義も変わってしまうんでしょう。
正義って信じたいものですが、そこまで揺らがないものでもないし、正しい物とは限らないんだと思うけども、フィロソフィーかなぁ。

介護とナチスって裏表かもしれないなって話でした。
雑談で終わってすみません~。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
今回の記事も面白すぎます。

いよいよ今週は年度末ですね。

火曜日には気をつけたいです。
応援しておきました。ポチッ
2014/03/31 (月) 01:34:42 | URL | 矢田@医療職兼業トレーダー #-[ 編集]
過去に学ぶ
矢田さん

こんばんはぁ。
面白いって言っていただけると嬉しいです~。

ただねぇ、結構深刻な問題だと思うですよ。
韓国と日本の外交がかなりヒドイと言う話も聞きました。
過去に捕らわれているといつまでも良くはなりませんよね。

心情は分かるけども、過去に学び将来を目指す人が優秀なんでしょう。
ギリシャのナチスになってはいけないと思いますね。

いつも応援どうもありがとうございます!
2014/03/31 (月) 22:42:52 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張