南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ビットコイン、ほぼ完全犯罪だと思う

ビットコイン、ほぼ完全犯罪だと思う


昨日のランケンスクールは2007年からブログを読んで頂いている方に入会頂きました。
2006年からこのブログ始めてるんですが、かなり初期の頃からずっと見て頂いてスクールに来て頂けるってのは有難いですね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

ランケンスクールではニュース編でビットコインの記事を読みました。
受講生さんと読んでてエラク盛り上がりました。
その理由は、ほぼ完全犯罪に見えるからです。

これから書くことは報道されている事実と想像の2つを書きます。
分かる人が読んだら、ほぼ完全犯罪と言う事を確信出来るんじゃないかと思うな。

【Wall Street Journalの報道で得られる事実】
ビットコインの取引市場は時価総額1兆円クラスのようです。
取引してる人たちの数は数千人程度と決して多くはないそうです。
ランケンの読者だって毎日1000人や2000人程度はいますからね、全然のレベルです。
それで時価総額1兆円ですから、相当なものです。

ビットコインの最大の投資家の中に双子のWinklevoss兄弟がいます。
二人ともハーバード卒業で北京オリンピックにボート競技で出場しています。
実は、この二人は2004年にFacebook創業者のザッカーバーグ氏がアイディアを盗んだとしてザッカーバーグ氏を訴えて、1億4000万ドルを請求しています。
140億円ですね。。。
また、Winklevoss兄弟はビットコインのETFを設立するなども考えていたそうです。

ビットコインの人気が出た理由は、お金の移動がスムーズで低コストだった事とされています。
本物のお金じゃないので、贈与税もかからないんですよね。
1225万円超えると日本だと50%贈与税かかるんですが、それがないんです。
お金じゃないから、国税も関係ないし、

ビットコインの価格は、2013年初頭1ビットコイン13ドルでした。
2013年末の価格は1100ドルを超えています。
下の図にあるように2013年9月ぐらいから2013年11月まで約2か月間で、ほぼ100倍になっています。(Wall Street Journalから拝借)

P1-BP258_MTGOX_G_20140225185408.jpg


その高値を付けて、2か月後にMt.Goxのビットコイン取引所でセキュリティの問題が出て、取引所にあったビットコインが盗難されます。
盗難されたビットコインは流通量の6%になります。
この結果、一気にビットコインは暴落しています。


【ランケンの考え】
さて、ここから下はランケンの想像込みの考えです。

この話、どうもあちこちでよく聞く話な気がしますし、わずか数カ月で暴騰して、その後数か月で暴落って何ともいいタイミングに見えます。
誰かが全部意図的にやってたと考える事は出来ないでしょうか?
多分できます。(絶対に出来ると思う)

では、どうやるかを書いていきます。

小型株って東証やらJasdaq市場にたくさんありますが、あれって特定の投資家に意図的に価格操作されてます。
一部の悪い投資家がドカンってお金を入れると出来高を伴って価格が急上昇するんですよね。
例えば、下の株のような奴。(いきなり2倍になってる)

kabukasousa.png


いわゆる仕手株って奴ですね。
もう、ここまで見た時点で分かる人は分かるはず。
これと同じことをビットコインでも出来ます。
Winklevoss兄弟のような大口の投資家だったら、はっきり言って余裕で出来るはず。

更に、Facebookのザッカーバーグ氏と渡り合えるような人だったら、ITの知識も十分あります。
特に個人情報を扱っているFacebookですから、セキュリティなんて恐ろしく詳しいんじゃないでしょうか。
ハッカーみたいな知り合いもいくらでもいるように思えます。

つまり、暴騰も暴落も自分で好きなように作り出せるんです。

通常、株価操作は犯罪です。
でも、ビットコインは株でもなければ通貨でもありません。
株並の機能を保持していて、通貨並の利便性を有していますが、両方とも違います。
従って、価格操作をしても、金融庁も日銀も財務省も誰も動かないんです。
実際、お役所は誰がMt. Goxの件を扱うか討議中です。

もし、これら全てを予め計算して実行してたらどうなるか。
下のようになります。

0.もともと、取引所のMt.Goxにセキュリティーの問題があり、ハッカーが盗難をしているのを知っているか、あるいはハッカーにビットコインの窃盗方法を教えておく。(お金が儲かるのでハッカーは勝手に盗難を始める)
1.ビットコインを大量に安く購入した後で、価格を引き上げるために更に大量の本物のお金を市場につぎ込む。
2.価格上昇を見て、素人が大量に参入してきて更にビットコインの価格が上昇。
3.13ドルが1000ドルを超え、数か月で100倍近くにして利益を確定。素人のお金を全部吸収。
4.上がりきったところで、セキュリティーホールからハッカーがビットコインを盗難しているのを更に加速させ、取引所停止に追い込む。
5.ビットコインの売りを建てる。
6.ビットコインのセキュリティーホールからの盗難が取引所に分かる。
7.引き出し停止により、ビットコイン盗難の事実が外部に知らされる。
8.ビットコインの暴落が始まる。
9.売り玉も利益を確定する。
10.世間は騒ぐが、そもそもお金でもなく株でもないので法律がないため、犯罪とみなされない。(なので、犯罪ではなく、ほぼ完全犯罪。)

10億円ぐらいのビットコインを当初購入していたら、1000億円に出来ちゃいます。
更に売りで1000億円利益が出せそうです。

しかも、恐らく利益に対して無税。
だってお金で買ったんじゃなくて、ビットコインですから。
消費税はかかるのかな?(これも日本の消費税増税前にやったとかだったら相当スゴイんですけど(笑))

完璧じゃないですか?
お金があって価格操作が出来て、ハッカー並にITが分かれば、Mt.Goxの市場で今回起きている事はすべて人為的に起こせると思います。
規制もシステムもゆるいのに目を付けた、「ほぼ完全犯罪」じゃないかと。

詐欺罪か窃盗罪ぐらいあるかもしれないですが、立証できるか?
ハッカーが捕まらないと立証出来ないでしょうね。
しかもビットコインは暗号はしっかりしてたりするし。
例え、ハッカーと繋がってなくても、ハッカーに入れ知恵すれば出来るでしょうし。

時価総額1兆円の世界です。
しかも税金のかけ方すら分からない世界。
更に取引自体がマネーロンダリングに使われているような世界です。

なんもかんもグレーだけど、黒ではなさそう。(ハッカーの部分は黒ですね)
そもそもお金じゃないし、ビットコイン自体は堅牢な暗号化がされていて、誰が取引したか分からない。(したがってマネーロンダリングに使われる)

Winklevoss兄弟は実は嵌められた人かもしれないし、逆に嵌めた人かもしれないです。
嵌められたか嵌めたかは不明ですが、彼らのビットコインへの投資が価格形成に大きな影響を及ぼしたのは、かなり高い確率であると思います。

ビットコインの投資に、実はFacebookザッカーバーグ氏もやってたなんて話が今後出てきたら、爆笑です。
おまえだろー、Winklevoss兄弟を嵌めたのはぁって話に容易になる。(爆)
なんてったって、ザッカーバーグ氏はFacebook株を上場当日に持ち株を売って、その後で赤字発表して急落させましたからね。
あれもだいぶ騒がれたなぁ。
あの辺の人たちだったら、ビットコイン見てすぐに考えられるんじゃないかな。

誰がやったかは置いておくとしても、3ヶ月で100倍近くなんて意図的にやったとしか思えません。
自然発生な訳がない。
どう見ても仕手株と同じ。

恣意的にやったのであれば、100倍の急騰、セキュリティーの発見、暴落と言う一連の起きていることが、わずか半年もない間ですべて起きているのが必然として考えられます。
株でも通貨でもない規制のあいまいな世界に目を付けて、誰かがやったんだと思います。
なんか、確信を持てるレベルです。

ゲームしかほとんど知らない人ばかりの新興市場に金融とITの詳しい悪意ある連中が来て、根こそぎかっさらってった感じ。
エンロンを思い出してしまう。
歴史は繰り返すかなぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
今はリップルだよ
2014/03/02 (日) 15:47:08 | URL | #-[ 編集]
やっぱり素人が嵌められたってことでしょうかね。

短期間で100倍の急騰とか仕手そのものですし。

これで規制が掛かってくるでしょうね。
2014/03/02 (日) 17:55:20 | URL | サンテ #GCA3nAmE[ 編集]
規制もあるでしょうね
お名前を書かれなかった方へ

リップルなんてのもあるんですね。
初めて知りましたわ。
お金って難しいものなんですけどねぇ。




サンテさん

こんばんは。
完全に仕手でしょ。
規制もかかるでしょうかね。
類似のバーチャルカレンシーがまた出来るでしょうしねぇ。
2014/03/02 (日) 21:12:36 | URL | ランケン #-[ 編集]
こんにちは。
またまた面白い記事をありがとうございます。
私はアナログ人間なので仮想通貨1000臆もまた消えてなくなるのでは、と思ってしまいます。仮想通貨界のロスチャイルド?になればいいのかな?(よくわかっていません)

このニュース、夕方の各局でやっていたのが違和感。普段、経済の話題は少ないのに。然もビットコインなんてほとんどの人は知らないし。
この先、誰が悪い、政府の責任、日本が悪者、賠償請求されるとか膨らましそうです。

ところで、アメリカ金融界で生きる日本人が、アメリカ企業 や市場や投資銀行等々について綴るブログがあり、アメリカの取引所で取引をする場合の話がありました。
それによると、マネロン対策のため、個人情報を全て出す事になっているそうで。
Mt.Goxは1人だけ違うみたいです。素人がノリで始めちゃったのかな?
ブログタイトル「market hack」(大文字)です。
2014/03/03 (月) 10:31:03 | URL | みずほ #-[ 編集]
私はほとんど忘れていたけどPCのHDDに初期に遊びで採掘したビットコインがあったので高騰時に円に交換し200万程度になったため雑所得として確定申告しました。
もちろん税金が取られましたよ。
2014/03/03 (月) 23:55:58 | URL | #-[ 編集]
おめでとうございます!
みずほさん

こんばんは。
面白いでしょー。
頭のいい奴がいるなぁと感心します。

ビットコインなんて、しょせんはオモチャのお金に毛が生えたようなもんですよ。
なんら裏付けがないんだから。

報道されてる内容も少し見たんですけど、なんとなく表層的な話な感じします。
正直、何言ってるか分からんかったですもん。



お名前を書かれなかった方へ

こんばんは。
ビットコインで200万儲けたなんて話初めて聞きました。
良かったですねぇ。
おめでとうございます!
2014/03/04 (火) 00:10:30 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張