南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
タチの悪い円安の怖さ

タチの悪い円安の怖さ


明日はランケン経済英語スクールの飲み会です。
20名ちょっとぐらいでしょうか。
受講生のお友達やスタッフのさきちゃんのお友達なんかも来てくれるみたいで、楽しみですぅ~。
遊ぶぞ~!!!(昨日も遊んでたなぁ~。幸せであるー。みんな遊んでくれてありがとう!)

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

ドル円が102円ですねぇ。
日経平均も15700円。
いやぁ、ユルユルとよく上がるわ。

昨日もJFX社長の小林さんと話してたんですが、アメリカのエコノミストとか結構強気です。
来年は投資がやりやすい環境になる可能性が高いとかって話が割と多く出ています。

ランケンも世界中を見てはいますが、確かにニュースが小粒になってきています。
昔みたいにスペインが危ないとかって話が、ほとんどない。
決して景気がいい訳ではないんですが、世界経済のリスクとなるような話があんまりありません。

実は、2,3日前に中国の債券市場利回りが急上昇してるって話がWall Street Journalに出ていました。
個人的にはちょっと嫌なニュースだと思ったんですが、市場はほとんど反応した様子がなかったです。

中国の債券利回りが上がるなんて結構怖い話だと思うんだけどなぁ。
半年以上前だったら結構反応してたと思います。
逆に言うと、それぐらい懸念が少ないとも言える。

もう1つ、JFX社長の小林さんと話していたのが、タチの悪い円安が始まるかもしれないって話です。
もう数年は先である事を祈りたい所ですが、今って結構不思議な状況です。

日本の株価は上がっています。
買ってるのは外人。
従って、通常であれば円高の株高になりそうなもんです。

円は対ドルで円安で、完全に日経平均と連動しています。
つまり、外人は円を売りながら株を買っています。

来年は、株が世界的に上がると見られていますが、日本も同様に上がると思われます。
となると、円安も継続でしょう。

アメリカのTaperingもありますから、再来年あたりはいよいよアメリカが金利を引き上げます。
キャリートレードの条件がそろってきます。
その時点で日本の金融政策をどうするかって話があるのですが、恐らく引き締めたりは出来ないでしょう。

となると円安要因が増える。
110円ぐらいまでは円安が進んでも問題ないですし、企業業績は良くなる可能性があります。

でも、120円になったら、今度は円安は輸入品価格を押し上げてきます。
インフレが本格化する可能性もある。
日本のインフレは更なる円安に繋がります。

ここで、インフレを抑える術は金利引き上げじゃないとすると、円高になってくるんですけど、今までのような円高介入ではなく円安介入は難しい面がある。
ボトムラインとして円安介入はドル売りであり、他国通貨の売り。
従って、紙幣を刷ればいいって世界ではないんですよね。

まぁ、世界でもトップクラスのドル保有国なので、さほど心配はないのですが、120円見えてきたら、タチが悪い円安になりかねないと言うストーリーでした。

でも、これこそがソロスが言ってる日本からのキャピタルフライトに繋がるものだと思うんですよ。
日銀の役割は相当に重い。

財政健全化との時間の戦いでもあります。
まだ、日本の崩壊は近くはないはず。
向こう10年はあると信じたい。

なんとか財政を元に戻したいですが、海外からは既にもはや無理であろうとまで言われています。
少なくとも、プライマリーバランスは均衡化する必要がある。
でなければ、財政赤字は国民を押しつぶすし、しかも加速度的に押しつぶす可能性が高い。

時間を稼ぐためには日銀が通貨をうまくコントロールできるかって話になります。
貿易赤字で経常黒字なのは救いがあるんですが、それにしたって通貨次第。
円安が進んで貿易赤字が更に大きくなってきたら、相当に嫌です。

イギリスのような恒常的なインフレに今度は苦しめられるかもしれない。
海外の資産で食ってはいけるんでしょうが、それは人を選ぶ。
つまり、海外資産を持っている人だけが、円安の恩恵を受けるんです。
企業であれ、個人であれ。

その結果、貧富の差は広がる。
国内で仕事を探すには空洞化もあり、失業率が高くなる。
従って、円安は良くない方向に強く働く可能性が出ます。

まだ、円安に出来る余地はあるんですが、株価と一体なのが難しくて、株価上昇を喜んでばかりいると、通貨と言う落とし穴が長期的に日本を蝕むかもです。

世界の金融関係者はこのぐらいのストーリーは考えてるはずです。
いつ、牙をむくか。
株価は上がって欲しいと思うし、円安もまだOKとは思いますが、バランスが難しい。
困っちゃいますね。。。

まぁ、でもボトムラインとしてはアメリカ国債を大量に保有してるってのは決定的に強い。
アメリカの財政を人質にしてるんで、ギリシャみたいには簡単にはなれないです。

やっぱりイギリス型じゃないかなぁ。

と言ったような事を、今日は電車で考えてたりしました。
ま、10年は心配しないでいっかなぁ、なんて結論に落ち着きました(笑)。
20年後?
さぁ。。。

イギリスになってるのが、ベストコースかなぁ。
あんまりよくないけど。。。
遊んどこっと。(爆)

明日、楽しみです!
よろしくお願いします!↓
人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
対策
ちなみに、外国の資産って
FXしか思い浮かばないのですが、
個人で、購入できる物って何かありますか?
2013/12/01 (日) 01:45:57 | URL | 大器晩成のタヌキ #m2/l/Vug[ 編集]
円建てじゃなきゃいいだけですよ
大器晩成のタヌキさん

こんにちは。
円建てじゃなきゃいいんですから、何でもありますよぉ。
CFDでだいたい出来るし、レバレッジかけないものだって、なんでもあるす。

ランケンが持ってる海外資産だと下の感じかなぁ。

海外株
海外債券
海外通貨
海外投信
海外先物

その他でランケンが持ってないものならば、

海外不動産
海外オプション
海外のヘッジファンド系(まぁ、投信みたいなもんですが)
海外REIT

後は、コモディティをドル建てとかで持ってれば、それでOKですし。
2013/12/01 (日) 15:31:17 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張