南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
先週の南アフリカ金融政策まとめ

先週の南アフリカ金融政策まとめ


ここ数日、ブログの下のFacebookいいね!をたくさん押して頂いて嬉しいですー!
最近、ランキングがすっかり圏外に落ち込んでたので、どーモチベーションを維持しようかと(笑)。
既に相当にジコマン・ブログと化してる気が。。。

でも、多くの人に読んでいただいているのは嬉しいですね。
読者を感じれるってのは嬉しい。
ありがとうございます!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

知人には、海外出張が羨ましいなんて言われますが、出張族には戻りたくないランケンとしてはちっとも嬉しくない。。。
仕事に行くのであって、遊びに行くのではないのだぁ。
疲れるんですよぉ。

南アフリカは先週金融政策決定会合にて金利を据え置き5.0%としました。
南ア中銀の金融政策声明文を読んでみましたので、ポイントなど整理したいと思います。

中銀は2013年のインフレ予測は5.8%、2014年は5.7%としています。
インフレターゲットの上限ギリギリとなっており、2015年においても5.4%としています。
南ア中銀は、居心地が悪い水準が続くとしており、インフレ上昇リスクに警戒感を出しています。

リスクとして、最も警戒されているのがアメリカの金融緩和終了です。
南アフリカから見ると、完全に外部環境の話であり、コントロールが効かない分野ではありますが、新興国の宿命であり、なんとか対応していく必要があります。

そうなると、南アフリカとしてもアメリカの動向には神経質にならざるを得ません。
同中銀は、金融緩和終了は予想よりも早いかもしれないが、影響を極力抑えるために徐々に変えていくだろうと予想しています。
また、金融市場の反応もカギとなるだろうと述べており、流動的なFRBの対応を予想しています。

逆に言えば、アメリカの金融緩和終了の影響は無視できないにせよ、極端な事にはならないとも言えましょう。
南アフリカとしても、そこはアメリカを信じたい所だと思います。

南ア中銀は、その他の世界経済においても比較的ポジティブな見方をしています。
先進国ではイギリスや日本を取り上げて、成長が安定してきている見方を示しています。
新興国では中国とアジア地域を減速しながらも、先進国の回復に反応しており、改善と考えているようです。
これらを勘案して、世界の金融政策は当面は緩和を続けると言うのが南ア中銀の現状の認識です。

この世界的な緩和的な金融政策がランドの主たるドライバーと同中銀は見ており、インフレの大きなリスクと考えています。
最近半年におけるランドは1ドル9.5ランドから10.5ランドの間で大きく動いていまして、10%程度のレンジで動いています。
ランドの下落は輸入品価格の上昇を招きインフレにつながってしまいますので、目を離せないのは間違いありません。

同中銀は既にFRBの金融緩和終了は、ある程度はランドに織り込まれているはずとは考えているそうで、どの程度織り込まれているかを評価しようとしています。
もちろん、市場の反応次第で大きなリスクとなるとも述べており、市場の参加者の動向を注視しています。

中でも、債券や株の海外からの購入量は気にしているようです。
今年に入ってからの外国人の南アの債券の購入額は128億ランド、株の購入額は48億ランドとなっています。
また、経常赤字も資金流出のリスクとして指摘されており、更なる悪化を予想しています。

南アフリカの経済成長は2013年の成長率は実質で1.9%と予想しており、2014年は3%、2015年は3.4%と予想しています。
これは両方とも下方修正となります。

金融政策から見た財政政策の方も述べられており、同国の赤字は2017年、2018年は44%となるとされています。
財政政策に関しては、景気悪化に合わせて拡大はされているものの、公務員の給与上昇を制限するなどで安定化されていると評しています。
南アの今後についてはランド安をより有効に使うべきであり、労働紛争で競争力を損なうべきではないと強く主張しています。

上記を勘案し、南ア中銀は政策金利を5.0%と据え置いたとしていまして、インフレが高い事と上昇リスクも高い事を考えると更なる金融緩和の余地はないと述べています。
市場も妥当な評価とは考えているようで、ランドも上昇しています。
同中銀が述べているように、南アフリカにとって難しいかじ取りは金融市場の反応次第でしょうか。
結局は、FRB次第とも言えるかもしれません。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張