南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
シリア、化学兵器問題は解決するか?

シリア、化学兵器問題は解決するか?


台風のお陰で東京の天気は降ったり晴れたりの差が激しいです。
今は晴れてるんですが、昼は晴れてるのに雨が降ってたりしてムチャクチャ。。。
洗濯をしていいのかいけないのか、分からずですぅ。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

シリア情勢、まだ予断は許されないのかもしれないのですが、外野の決着は付いた感じです。
ロシアとアメリカはシリアの政府と反政府両方に対して化学兵器を自ら廃棄するように言い渡す事にしました。
シリアがこれに従うならば、攻撃はしないと言う事ですが、シリアが廃棄しない場合は、攻撃が始められます。

期限は来週の金曜日で、そこまでに全化学兵器の数と場所をシリアのアサド大統領は国連に報告です。
まぁ、全部なんか報告しないと思いますけどね。
アメリカも相当の情報を持っているはずですが、納得行くレポートが出てくるかどうか。
納得行かなくても出せば、後は外交でなんとか押さえる方向でしょうか。

アメリカのCIAは、シリアが1000トンの化学兵器を持ってるとしています。
1000トンってハンパないすね。。。
内容はマスタードガス、サリン、VXガスなどです。
マスタードガスって、ニオイがマスタードやらニンニクっぽいだけで、この名前が付いてるみたいですが、相当怖そうです。。。
ロシアとアメリカは、これらの兵器を2014年の第一半期までに全てのインフラ含め完全に解体するように求めています。

もちろん、今回の合意は妥協の産物であり、国際社会も納得いってはいません。
フランスは、化学兵器を使った人間をICC(国際刑事裁判所)にて裁くべきだとしています。
国際刑事裁判所って、国際司法裁判所とは違うんですね。
国家間の揉め事じゃないからかぁ。なるほどなぁ。

気の毒なのはシリアの人々で、化学兵器は使われなくなったとしても(廃棄するしないに関わらず)、大勢に変化はありません。
化学兵器の廃棄だけでは、内戦と言う構造に対しての変化は全く出ません。
シリアの内戦は国際社会は解決しないと言う形になりつつある、と言ってもいいぐらいじゃないでしょうか。

内心、一番安心してるのは、イスラエルでしょうかね。
少なくとも、イスラエルへの攻撃の可能性はだいぶ減ったでしょう。

内戦が終わることを祈りたい所ですが。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
残念です
サッカー・南アフリカ代表、2014ブラジルW杯アフリカ2次予選で敗退しちゃったみたいですね(涙)。W杯常連国だと思ってたのに意外な結果です。

いやぁー、ブラジルで1試合ぐらい応援しに行こうと思ってたのに・・(←本気でした)。

国民もショックだろうなぁ。

ストが沈静化しはじめたのも、そのせいでしょうか?



2013/09/15 (日) 20:46:14 | URL | ブラ尻2014 #-[ 編集]
残念
ブラ尻さん

こんばんは。
どうもありがとうございます。
あー、負けてたんですねぇ。
残念~
2013/09/16 (月) 20:24:13 | URL | ランケン #-[ 編集]
サッカーネタなら
2010年のアフリカネイションズカップはほぼ全試合テレビで観ましたが、南アフリカは出場していませんでした。ザンビア人の大学スタッフに聞いてみたところ、地域予選で敗退したとのこと。彼いわく「元々そんなに強い国ではない」とのことでした。(言われてみれば前回大会も開催国としての出場でしたし。)そして南部から出ていたマラウイもグループリーグでアッサリと敗退。どうもアフリカ南部は「サッカー不毛の地」と見なされているような感がありした。実際強い国は北と西に固まっており、南でそこそこやるのはアンゴラぐらい。

ところが先述の2010年ネイションズカップでは、開催国アンゴラと並んでザンビアが(ライバル国の不調によるドサクサ進出ながら)まさかのベスト8。そして次の2012年大会ではまさかまさかの優勝。もしかするとサッカーにおけるアフリカの勢力地図が少しずつ変わりつつあるのかもしれません。とはいえ弱小国は相変わらず。ナミビア独立20周年を記念して行われたボツワナとのフレンドマッチを観たことがありますが、まるでJ2下位チーム同士の試合のようでした。

なお、世界有数の強豪である南アは言うに及ばす、南部の国もラグビーなら結構強いです。ナミビアも日本代表に勝つでしょう。もっとも地元民は「ありゃ白人のスポーツだから」とソッポを向いていますけど(苦笑)。
2013/09/17 (火) 08:38:06 | URL | 大学関係者 #-[ 編集]
アフリカのスポーツ
大学関係者さん

こんばんは。
そーなんですよねぇ。
南アフリカは、サッカー実はあんまり強くない。
よくワールドカップ取れたものだと。。。

アンゴラがサッカー強いってのも、ある意味驚きですね。
最近でこそ、原油が取れるようになったものの、あんまりサッカーってイメージじゃない気がしますけどねぇ。

ラグビーは南半球の方が盛んな感じですねぇ、どーいうわけか。
正直、ラグビーの面白さが分からんっす。。。
2013/09/17 (火) 23:41:11 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張