南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
シリアの化学兵器の動画

シリアの化学兵器の動画


日経平均、ドンピシャで下げましたねぇ。
昨日書いたとおりちょうど13200円まで落ちました。
しっかり止まってくれて、ロング玉も建てれましたぁ(笑)。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

で、その下落した理由はシリアに対するアメリカの攻撃の可能性です。
もうだいぶニュースになってるのですが、新興国通貨が敏感に反応していましてドルランドも10.5まで一時下落しました。

アメリカはまだ攻撃すると決まった訳ではないと言っていますが、どう見ても攻撃する調整をしてるようにしか見えません。
イギリスも国連に対してシリアの民間人を守るように要請しつつも、攻撃が前提にあっての話をしています。

シリアで使われていると言う化学兵器は日本では有名なサリンです。
ちょっとヤバイ動画ですが、これが化学兵器です。
余りにもヒドイので、日本の公共放送では流せないでしょうし、ランケンもちょっと悩みましたがランケン読者は意識が高いので出します。

衝撃的ですので、こう言うのに反対なら見ないでください。。。
ヒド過ぎますので。
でも、現実に起きている話です。






確かにこれを放っておくのは人道上どうかと言うのはあり、攻撃に踏み切るべきかと思います。
こんな動画が化学兵器の使用後に何千個もアップロードされたそうです。
アサド大統領は使っていないと言ってますが、化学兵器を使ってないわけがないです。

アメリカにしてもイギリスにしても、武力行使はしたくないでしょうが、これでは。。。
いかなる理由があるにせよ、アサド大統領は追放されるべきでしょうね。


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
見方
はじめまして。いつも拝見しております。

私は中東情勢に詳しくありませんがどういう立場で物事を見るかでまた変わってくるかとも思いまして。
http://jp.reuters.com/article/jp_mideast/idJPTYE97R02320130828

http://blogos.com/outline/68914/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
見れますかね。
御意見頂ければと思います。
2013/08/28 (水) 23:02:52 | URL | みぞゆう #-[ 編集]
独裁政治により、シリアには半世紀近く人権がないんです。。。
みぞゆうさん


はじめまして、こんばんは。
なるほどね、化学兵器を使ったのはアサド大統領じゃないと言うて、陰謀説ですね。

オバマ政権の副大統領のBiden氏は8月21日の化学兵器の使用でAssadシリア大統領に責任があるのに「疑いはない」と述べています。
恐らく確たる証拠を持ってると思いますよ、米軍は。
ちなみに、下はCBSのものですが、アメリカ政府の知っている事実として、Assad政権だけが化学兵器を持っている人々であることを知っていると述べています。


http://www.cbsnews.com/8301-250_162-57600306/biden-no-doubt-assad-responsible-for-syria-chemical-weapons-attack/

なお、同政権は査察も化学兵器を使っている5日間はさせてもらえなかったとして、組織的に動かれている事も記載されています。

リンク頂いた記事にもあるように、問題の根っこは深いんだと思います。
ランケンも専門家ではないのですが、少なくともAssad大統領は国のトップであってはいけない人だと言うことは知っています。
ここまで来たら(化学兵器をAssad氏が使ったかどうかに関わらず、使われている事態になっている状況まで来たら)国のトップとしては失格じゃないでしょうか。

化学兵器を使ったのがAssad大統領かどうかもありますが、それ以前にAssad氏の統治は悪質な独裁政治そのものです。
現大統領は2000年以来13年間大統領の座に居座ってますし、前大統領は父親で30年シリアを統治し続けました。

Assad大統領は世界でも指折りの人権侵害者として有名です。
シリアには人権なしとまで言われています。(以下は日本語)


http://www.janic.org/book/synergy/no156syria.pdf


文章の中のリンクを辿っていただけると分かりますが、拷問の仕方を作ってたりします。
アムネスティも同様のレポートを出しています。
人権団体としてはアムネスティの方が有名でしょうね。

http://www.amnesty.or.jp/news/2013/0522_3977.html


絶対の権力は絶対に腐ります。

半世紀に渡って拷問を自国民に強いてきた独裁政権は、世界がそろそろ終わりにすべきではないでしょうか?
誰が使ったかはともかく、化学兵器の使用はそのきっかけであるべきでしょう。
でないと、また誰かに使われ、同じような悲劇が起こる。
2013/08/29 (木) 00:01:29 | URL | ランケン #-[ 編集]
独裁政治
御返事ありがとうございます。

記事を読ませて頂きました。
リンクはまだ辿っていませんが・・・。
この時期にわざわざ叩かれる化学兵器を使う理由がわからずに、多様な団体からなる反政府側の使用という説もあり得るかと思っています。
資源国でもないシリアでアメリカが全く国民に支持されていない軍事行動を行おうとするからにはそれなりの証拠があるのだとは思いますが。
でも、おっしゃるとおりこの状況を招いたのは絶対権力を築いてきたアサド政権であり解体されるべきかと思いました。

ただ、私がシリアの庶民であったなら、独裁政治であっても北朝鮮のような飢餓さえなければ安定を望むような気がします。今まで2年ほど続き、これからも数年は続くであろう混乱を思うと胸が痛みます。

色々教えて頂きありがとうございました。
それでは。
2013/08/29 (木) 00:49:42 | URL | みぞゆう #-[ 編集]
これからも続く。。。
みぞゆうさん

こんばんは。
シリアは2年半の内戦状態でして、とても安定とは言い難いものがあるんです。
それでも、国際社会は見捨ててきたような状況です。

おっしゃるとおり、これからも数年は混乱するでしょうね。
人種対立、宗教対立は非常に難しい。
そう言う意味では、南アフリカはよくやってるなっていっつも思います。
贔屓目かもしれませんが、アパルトヘイト後に内乱に陥らなかったのはスゴイと思う。
マンデラ氏の功績は凄いんですよね。
2013/08/30 (金) 01:15:06 | URL | ランケン #-[ 編集]
付け足し
ランケンさん、こんにちは。

言葉足らずですいません。
「安定」と言ったのは、現在の戦争状態ではなくアラブの春以前の状態の事でした。
あるいは、やや優勢と言われる政府軍がこのまま勝利した状態です。
それが一番良い状態だとはもちろん思っていません。

南アフリカのそのへんの歴史は全くわからないので今後勉強してみます。
2013/08/30 (金) 09:25:17 | URL | みぞゆう #-[ 編集]
安定は偉大なリーダーがもたらすんでしょうかね
みぞゆうさん

こんにちは。
アラブの春以前の安定の事でしたか。
なるほどー。

どーなんでしょーね。
アラブの春以前にしても、政府軍がこのまま勝利した場合にしても、今の時代に閉鎖的な社会を維持するのは相当に難しい事じゃないかと思うんですよねぇ。

周りの環境はどんどん変わっていく一方、外部の情報も全て入ってきている。
その状況で、弾圧や拷問、貧困が続く社会って、そのままで維持できるんでしょうか?

無理じゃないかなぁって思うんですよね、正直。

閉鎖的で国民が苦しむ社会は遅かれ早かれ開放政策に打って出ざるを得ないんじゃないかと思います。
その移行過程では少なからぬ苦しみが伴うんでしょう。

南アフリカもまだ移行過程の中だとは思います。
でも、シリアやリビアに比べるとよくやれてるとは思うんですよね。
宗教が問題になってないってのは大きいかなぁ。

反政府側にカリスマがいたのも大きいんでしょう。
国民がまとまるってのは大事ですよね。

南アフリカはマンデラ氏でしょうが、ミャンマーだとスーチーさんかな。
日本はひょっとしてマッカーサー?

リーダー論ですね。
安定した社会は偉大なるリーダーが必要なのかもしれないなぁ。
2013/08/31 (土) 10:42:07 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張