南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
債券の下落はどこに繋がる?

債券の下落はどこに繋がる?


昨日からランケン経済英語スクールのシリーズ8が始まりました。
お陰さまで、今シリーズで8個目!
よくやるわぁ。

汐留の近くで花火もやってて、夕方からかなり混んでたみたいですし、何よりも尋常じゃない暑さには参りました。
それでも、イントロも含めて、暑い中を多くの人に来ていただいて嬉しかったです!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

さてさて、昨日はニュース編もやりましたが、結構気になる話が出ていました。
それは債券の下落に関するFinancialTimesのコラムです。

これから、FRBのQEが終わります。
インフレも思うように上がらず、雇用の回復も期待を上回ると言うほどではないのですが、そうは言っても債券は下がらざるを得ない可能性が高くあります。
債券市場は巨大です。
株式市場なんかと比べ物にならない位、巨大です。

日本の借金が1000兆円を超えたなんてニュースが2、3日前に出ていましたが、日本一国だけでこの単位なんです。
アメリカやヨーロッパも含めた、世界の借金を合計すると6000兆円とかそんなもんなんです。
そして、全部が債券として流通しています。

で、その債券価格が下がろうとしています。
これは、FRBの金利引き上げが始まる前に来ます。
なぜならば、長期国債は将来を織り込んできますから、インフレ率が上がると見れば確実に債券価格は下がります。

そして、インフレが進むようにFRBも日銀もECBも動いているんです。
こうなると、債券価格は弱くならざるを得ません。

で、債券が下がった所で、債券なんか持ってないから関係ないと思ってはいけません。
債券市場からお金が流出しますが、このお金がどこに行くかってのが問題なんです。

最初に書いたように、債券市場は巨大です。
ですので、このお金が部分的に株式市場やコモディティ市場に流れ込むだけでも強烈なインパクトを与えるでしょう。

そう言う観点で見たときに、受け皿として機能出来る市場って何か。
もしくは、受け皿として機能するが溢れてしまう市場は何かってのが興味ありますよね。
どっかにバブルを生むと考えてもいいと思う。

まず、通貨市場があるでしょう。
ただし、どの通貨に行くかってのは意外と難しいですし、そもそも通貨市場全体に行った所で、その先の市場に行くのは明白です。
インフレが進むって言ってるのに、現金で持ってたら意味がない。

となると次の候補は株式市場でしょうか。
相当上がってる感じはしますが、株価が上がるのはアメリカとしてもヨーロッパとしても日本としても非常に望ましい話です。
なぜならば、資産価格が上昇するからです。

こうなれば、景気はよくなる可能性が高くなるし、アメリカが現在リードしている先進国経済も結局は株価上昇に過ぎないって見方も個人的にはあるんじゃないかと思っています。
となると、まだ株価は上がる可能性があるし、バブルになってもおかしくないです。

1997年の通貨バブル、2001年のIT株バブル、2008年の住宅バブル、2011年までのユーロ通貨バブル、2012年までの金のコモディティバブルと来ていますから、次は株に戻ってくる可能性は結構あると思う。

今は世界の潮流の大きな変わり目かもしれませんね。
ランケン経済英語スクールでも、このあたりを少し各クラスでフォーカスしてみてもいいかなぁと思ったりしています。

と言う所で、ランケン経済英語スクール、また始まります!
ぜひ、よろしくお願いします!!!
次回のイントロは8月31日(土)です!

ランケン経済英語スクールもよろしく!


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張