FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
第17回アフリカ世界経済フォーラム

第17回アフリカ世界経済フォーラム

第17回アフリカ世界経済フォーラム(The 17th World Economic Forum on Africa)が南アフリカのケープタウンで開催され15日終了しました。世界経済フォーラムは毎年世界中の大企業重役や大統領・首相クラスの人間が集まってマクロ経済や技術革新など主に世界の動向についての議論が行われる会議でスイスのダボス会議の名前で有名ですが、南アフリカで行われたのはその地域版のアフリカ版です。この他、ラテンアメリカ、中東、東アジア版があります。

あくまでアフリカが議題の中心であり、南アフリカはその中の一部という位置づけですのでアフリカ全般についての発展についての議論となります。議論の中ではアフリカらしく貧困問題も取り上げられているようですが、そこはやはり経済会議ですので経済に関わる議論が中心のようです。

実は現在アフリカには南アフリカより目覚しい発展をしている国が結構あります。これらの国々の特徴としては原油の採掘ができる国です。中でもアンゴラ、チャド、ナイジェリア、ギニアなどは原油輸出国としてGDPで年率10%を超える成長をしており、南アフリカの数倍のペースで成長しています。これらの国々はやはり原油輸出国の難しい政治問題を抱えているため我々一般人の投資対象とはなりませんが、世界経済フォーラムあたりのお金持ちの大企業には大きな魅力のある国です。

原油価格の上昇に伴ってお金持ちになってきているこれらの国々は投資対象となるだけでなく大きな市場ともなりえるわけです。ここで原油のみならずあらゆる資源を狙って最近活発に動いているのが中国です。中国の10億を越える人の中にはエネルギー不足に悩む田舎に住んでいる人もいます。これらの人々が豊かになろうとエネルギーを欲しているわけですが中国政府は十分に提供できているとは言いがたい状況です。従って、世界中の資源を狙っていますが、ここで目を付けられているのがアフリカで、アンゴラなどにはかなりの中国人が最近は来ているということです。

さて、世界経済フォーラムでは他にも非常に多くの事を議論しているのですが、アフリカ全体として莫大なビジネスチャンスがあり大きな市場であるとまとめられています。たいした事の無い内容に聞こえますが、実はこれはかなり大きな転換をしている事を意味します。今までのアフリカであったなら、まとめとしては貧困に対処すべく世界が一丸となって助けていこうとなっていた訳で、ビジネスチャンスがあるとは誰も考えていませんでした。それが大きな市場と述べているのですから隔世の感があります。そんなわけで、アフリカ全体としての今後の見通し(Outlook)はかなりよいものであるそうです。

世界経済フォーラムのアフリカ統括はアフリカに対する投資家の認識が変わってきていると述べています。いままではアフリカになぜ投資するか、投資できるのか(リターンがあるのか)というトーンでしたが、今はどう投資すべきかに議論が変わってきているという事です。アフリカ全体が今後更なる発展をすると、アフリカNo.1の南アフリカには当然色々と良い影響があるのでアフリカには多くの問題を解決して頑張って欲しいですね。


コメント
この記事へのコメント
外注される戦争
以前、本を紹介していただきありがとうございました。
今回、紹介のあった「外注される戦争」菅原出著をよみました。

私の知らない世界で、ひたすら驚くばかりでした。

イラクで、ハート社の日本人斉藤さんが殺害された件では、
「人質をとって身代金を請求するのではなく、殺して遺体の代金を請求するのだ」
なぜならば、遺族は遺体がないと死亡保険金が下りないから。とか。。。

あまりに、想像外の世界にびっくりしました。

でも、これが現実なのですよね。
日本は治安が悪くなったといわれますが、まだまだ安全な国なのでしょうね。
2007/06/16 (土) 20:39:08 | URL | saru999 #l0yaxqJ6[ 編集]
いつもいつも、貴重な情報、ありがとうございます。

これからも、よろしくお願いします。
2007/06/17 (日) 18:14:36 | URL | 慧 #-[ 編集]
Saru999さん

こんばんは。
凄い世界ですよね。
戦争はビジネスだってのが良く分かります。
本当に人殺しがビジネスとして成り立つのは疑問を感じざるを得ませんが、歴史的に見るとそちらの方が通常だったりします。
向こうの世界からするとそんなことは有史以来当然の事だったりする訳ですから、我々の方がある意味ずれているかもしれません。
日本は安全なのでいつも忘れますが、海外に行くとやはりずれを感じます。
しかし、本に書かれているのはそれをはるかに上回る世界でショッキングですね。
2007/06/17 (日) 20:04:53 | URL | FXZAR #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
慧さん

こちらこそコメントどうもありがとうございます。
また遊びに来てくださいねー。
2007/06/17 (日) 20:07:58 | URL | FXZAR #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張