南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
IMFのアフリカ予測

IMFのアフリカ予測


GWのど真ん中ですねぇ。
お仕事してらっしゃる皆様、頑張りましょー。
後1日働けばまたお休みでーす。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

IMFからWorld Economic Outlookが出ています。
200ページもの膨大な世界経済レポートで世界の全体像やアフリカの位置づけを知るには非常に興味深いレポートで今回はこれを取り上げたいと思います。

世界経済全体に関してみるとIMFは2013年は3.3%で2014年以降は4.0%の実質成長に戻ると考えており、2015年以降2018年までは4.5%となると予想しています。
もちろん現在の世界経済の状況ですからリスクはかなり多くあり、何があってもおかしくないのですが、あくまでメインとなるシナリオの想定の元です。

個別の地域の観点で見ると、また別の観点がでてきます。
先進国全体としては今年2013年は1.2%で2014年は2.2%とサブプライム前の成長力に戻れそうです。
先進国の中ではユーロ圏では2013年は0.3%程度のマイナス成長で2014年になると1%を超えてきます。
アメリカは2013年1.9%で2014年は3.0%と大きく改善、日本は2013年1.6%で2014年は1.4%となっています。

日本はやや低成長ですが、ユーロ圏に比べるとまずまずでしょうか。
世界経済を揺るがした震源地のアメリカが先進国の中で最高と言うのはなんとも皮肉な気がしなくはないのですが、世界経済の25%をしめるアメリカが回復するのは大きく見れば良いことですから喜ばしい事と捉えるべきでしょうか。

新興国に関しては2013年は5.3%で2014年は5.7%成長としっかりとした成長力を維持出来そうです。
南部アフリカに関してはかなり強気な数字が出ており、2013年は5.6%、2014年は6.1%とされています。
成長の伸び率だけで見ると先進国の3倍となります。この6.1%と言う数字は中国の8.2%、インドの6.2%に継ぐものです。

南部アフリカの中には南アフリカが入っていまして、こちらは2013年で2.8%2013年は3.3%とされています。
南部アフリカ最大の経済国ですから南アフリカがもう少し出てくるとだいぶ違うのですが、残念ながら現状はやや足を引っ張っている形です。
南アフリカの最大の貿易相手であるユーロ圏が伸びないと南アフリカとしても4%台は厳しそうです。

そんな南アフリカを後押ししてくれそうなのが南部アフリカですが、牽引役はアフリカ随一の原油大国ナイジェリアで7.0%です。
アフリカの原油産出国は南部アフリカでは重要でアンゴラも7.3%、ガボン6.8%、コンゴ共和国5.8%と非常に高い成長率を期待されている国が並んでいます。
地面を掘ればお金が湧いて来るって言うのは羨ましいですね。

IMFは強い成長が続くであろうと述べており、成長の要因は堅調な国内需要としています。
大きなリスクは対外的な要因であり、これは今のユーロ問題が悪化するなどした場合は危機の当該国と同様な影響が南アフリカを含む中所得国に及ぶことで、原油輸出国自体はそこまで影響を与えるようには書かれていません。
また、南スーダンなどの局地的な紛争もリスクとされてはいますが、南部アフリカ全体へそれほど大きな影響は及ぼさないでしょう。

各国の国内需要と並びIMFが指摘しているのは継続的なインフラ投資です。
アフリカはなんといっても広大で、未開拓地ばかりですからインフラ投資したい所は山ほどあります。
インフレも決して低くないので相当程度の借金はマネタイズして帳消しにできるでしょう。

2014年になると南部アフリカ経済の重要なドライバーとして期待されているのは南アフリカとその他の中所得国になるとIMFはしています。
これは外部環境の改善によるもので基本的にはユーロ圏とアメリカの回復でしょう。
やはり先進国が改善すると中所得国には大きな影響を与えそうです。

南アフリカと南部アフリカは今後も世界経済の影響を大きく受けながらもしっかりと成長すると見られています。
頑張って欲しい所ですね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
IMFレポート要約ありがとうございました
日本の成長が2014年に下がる予想しているというのは、流石によくわかっていると思いました。

遅くなりましたが、新しいクロスバイク購入おめでとうございます。自転車通勤は年月を重ねていくと、体に変化が出てさらに楽しみが増しますよ。私もGPSと心拍計を搭載したサイクロコンピューターでデータを取りながら、湘南を毎日のように走行して楽しんでおります。
2013/05/02 (木) 23:07:00 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
クロスバイク速いですー
Nekkiさん

こんにちは。
クロスバイク速いですねぇ。
通勤時間がちょっと短くなったのが実感できます。
ギアあげちゃうせいか、意外と運動になるし。いいことだ!
2013/05/03 (金) 10:53:22 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張