南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ソロスと日本の劇的な経済パラダイムシフト

ソロスと日本の劇的な経済パラダイムシフト


今日は日経平均、比較的おとなしいですね。
いやぁ、頑張ってるわぁ、俺(笑)。
先物買いまくってコールも買いまくって目一杯ヘッジしています。

期近ものは腐らす方向で売り玉を維持し、ヘッジとして期先にコールの買い玉を作りまくってます。
先物よりこっちのほうがいいのかもぉなんて思ったりして。
売り玉は少しロールアップするべかぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

さて、昨日の続きです。
スピーカーの元FSA(イギリスの金融当局です)のテッドターナー氏は、日本の借金は絶対に返すことは出来ない、と述べています。
これを返す手段はインフレしかないと述べており、このあたりイギリス人だなぁと思ったりしますね。

経済って突き詰めて考えると、国民がご飯を食べれればいいんだと思います。
お金の価値なんて怪しいものといえば、怪しいもの。
それよりも大事なのはリソースの最適化。

全く仕事がない人が多くいたり、忙しすぎて過労死みたいな人が多くいる社会は決して望ましくない。
今までの金融政策、財政政策を超えた経済のパラダイムシフトが起こるかもしれません。

ソロスは日本からキャピタルフライトが起こるかもしれないなんて事も言っています。
これはサブプライム前のキャリートレードのレベルとは全然違います。
日本人が日本円を捨てるに近い。

でもねぇ、正直今の日本にはFXがあるぞ。
わざわざ、海外送金するだろーか???

ランケンなんて、インフレヘッジ考えてインフレ連動国債でも買おうかと思いましたが、よくよく考えるとインフレして円安になったら、FXの円ショートがかなり儲かる。
わざわざキャピタルフライトする必要性を感じない。
キャピタルフライトはないと思うけどなぁ。

ただ、日本円の崩壊はないとは言い難いです。
動画でも言われてますが、最初はいいんだけども後で止めることが出来ない可能性があります。
かなり高いインフレが起きた場合に制御できるのか?

金利を上げたら日本国債破綻しますからね。
金利の調整みたいな微妙な事は今のやり方だとできないでしょう。
だって、どれだけ緩和したら、物価にどう跳ねるかなんて誰にも分からんのだもん。

極めて難しい事(と言うかバクチだよなぁ。。。)を日銀はやろうとしています。
劇薬ですよね。

個人的にはそれほどのインフレにはならないと思ったりしています。
円安にはなるだろうと思う。
燃料価格も上がるけど、企業は割と吸収するし、需要もそれほどないのではないかと思うんですよね。
インフレになった時に今の生活を維持するよりは、生活のレベルを日本人は落とす気がします。

結果として貧困化って奴なんでしょうが、厳しいのは企業でしょう。
需要が盛り上がらずに、コストが増えるともたないかもしれない。
輸出系の企業はいいんでしょうが、輸入系の企業が厳しいかなぁ。

どんな形になるかは難しいんですが、資産税がかかるのと同様なインフレにある程度はしていかないと日本の借金は消えません。
ますます経済の理解がないと苦しい世の中になりそうですね。
マジで、そう言う目線で考えられない人はインフレと給料減であっという間に押しつぶされるかもしれない。

と言う所で、ランケン経済英語スクールへどーぞ!


ランケン経済英語スクール!


あ、応援ありがとうございます!
なんと25位!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
こんばんわ、ランケンさん

またまたコメント失礼します。。
そもそも、借金を返す必要があるものなのでしょうか?極論ですが、金利さえ払えればではダメなのですか?国民の借金とは言え、発展と言う恩恵も充分受けてると思うのですが・・もちろん今後は緊縮で発行を抑えなければならないですが、使い方の問題と思うのだけど・・。
韓国なんかGDP比率20%でデフォルトでしたよね?外国人保有率が10%以下なら破綻はありえないと思うけど・・。(今回の金融緩和は別として)
奥さんへの借金返すのに、自分の小遣い減らすけど、部外者に文句言われたくないって表現かな、世界一の債権国で、IMFに多額の出資して、多国にボランティアレベルで円借款してるのに、どうなんでしょう~
これは視野が狭い素人感情かな(苦笑)

2013/04/09 (火) 01:09:05 | URL | green #mQop/nM.[ 編集]
日本の国債の額を考えたらインフレは必須ですよね。税金を急激に上げるよりは、文句も出にくく、効果も大きい。日本が財政危機に陥るときは、きっと国を守るような政策が出るだろうから、国のポートフォリオと似たような資産配分したらどうだろう、と考えています。もっとも、450万の年収で1億円の借金があるような日本の資産配分にはなれませんが・・・(笑)
2013/04/09 (火) 22:07:27 | URL | ラッシュ #-[ 編集]
いつも拝読してます
いつもいろいろなお話をありがとうございます。
最近は南アフリカから世界的な観点のお話に移り、ますます興味深く拝読しています。

なんだかこの先はデノミなのかと思えてきました~いやはや何から手をつけようかとアタフタしそうです。

これからも楽しみにしております。
2013/04/09 (火) 22:12:36 | URL | いしたろう #5tYeASt6[ 編集]
日本の債務とかデノミとか
Greenさん


こんばんは。
極論でもなんでもないですよ。
金利さえ払えれば、それでいいんです。

問題は支払い金利だって膨れ上がってくる事でして、現在すでに金利だけで償還と同じレベルです。
また、金利を払う部分も余計に借金をしている訳ですから、貸し手がいなくなったら、アウトですよね。
膨らみ続ける借金をいつまでも日本人が買い続けられる訳がない。
どっかで、日本人は買えなくなる。

際限なく借金なんて当然ですが基本的にはできないんです。
この基本的にはの部分で、実は裏技があって、これが今回の日銀の金融緩和。
緩和っていうか、円の毀損ですけどね。

日本は債権国ではありますが、せいぜい数百兆円でしょ。
しかも民間のお金が多いですからね。
1000兆円の政府債務と比較してもしゃーないですよね。



ラッシュさん

こんばんは。
インフレは必須と言うか、それしかないというか。。。
まぁ、政治の方で増税出来ないんだから、しょーがないのかもしれません。

我々の給料は上がらんでしょうが。。。



いしたろうさん

はじめまして、こんばんは。
もともとはこのブログも南アフリカに特化してたんですけどね。
サブプライムで世界的な経済の流れに抗えなくなったので、その辺りから世界経済ブログに変わってきてる感じはします。
とは言え、南アフリカは常にWatchはしています。

デノミまではなかなかいかないと思うんですけどねぇ。
デノミは危機的と言うか、終わってますよね。

応援どうもありがとうございます!
2013/04/09 (火) 23:33:12 | URL | ランケン #-[ 編集]
ランケンさん、こんにちわ~

コメント返しありがとうございます!
今後も宜しくお願いします!
2013/04/11 (木) 13:49:49 | URL | green #LkZag.iM[ 編集]
こちらこそー
Greenさん

こんばんは。
ご丁寧にどうもです!
こちらこそよろしくお願いします!
2013/04/12 (金) 00:46:04 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張