FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
BRICSサミットの結果

BRICSサミットの結果


ランキング、なんかエラク低迷中ですー。。。
応援よろしくお願いします!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカのDurbanで開催されていたBRICSサミットが閉会しました。新しい機構や委員会の設置が決まっており、今後のBRICSに大きな影響を与えることになりそうです。特に以下の4つは重要で、目玉はBRICS Development BankとContingent Reserve Arrangementでしょう。

BRICS Development Bank
Contingent Reserve Arrangement
Business Council
Think-tank Council

BRICS Development BankはBRICSのための開発銀行で、今後5年間で4.5兆ドル(約423兆円)必要とされる新興国のインフラ投資を金銭面から支えるための銀行です。

インフラ投資は飛行場を作ったり、電車を通したりと相当な額のお金が必要です。日本の空港のように下手をするとインフラ投資はまったく意味のないものになりかねませんが、一方で新興国においては飛行場どころか道路も全くないし、電車も走っていない場所は多くあり、インフラ需要は大きくあります。

このお金をどこから持ってくるか、効果的なインフラ投資で返済がしっかりとされるか、銀行としての利益を出せるかと言った事を詳細に査定する事がBRICS Development Bankの主な役割となります。

現在、世界経済の多くを担っている先進国経済は低迷しています。このため、新興国への投資が先進国からは多く期待出来ないような状況に陥っています。これが一時的なものではなく、構造的なものから発生しているため、長期的にもBRICS諸国は自らお金をやり繰りする必要に迫られています。

ただ、BRICS Development Bankのお金を各国がどう拠出するかの詳細はまだ合意が出来ていません。当初の資本としては500億ドルとされていまして、4兆7000億円が検討されています。9月までに交渉が行われる事になっていますが、拠出金に関しては経済規模も違う中で簡単には決まらず、今回は検討事項として残されています。

Contingent Reserve Arrangementは訳すと「緊急準備金に関する合意」でしょうか。サブプライム危機のような大きな金融危機が起きた際に1000億ドルが準備される事になりそうです。実に10兆円レベルですので、今後起こる可能性のある新興国発の金融危機に対しての対策費用で、より堅牢な新興国経済圏を作っていく事が期待されています。

Contingent Reserve Arrangementのお金は中国が410億ドルを用意し、南アフリカが最も小さい50億ドルとなっています。現在、このお金が使われる可能性はそれほどありませんが、やはり今の先進国の状況を鑑みると、何も用意しないと言うのは厳しいようです。

また、BRICSは世界銀行とIMFなどのあり方にも問題意識が強くあります。これらの組織の改革を進めるためにも、対抗組織としてのBRICS Development BankとContingent Reserve Arrangement意義は非常に大きいとされています。

Business Councilは経済界の設立に近いイメージでしょう。各国のクロスボーダーで活躍する経営者がビジネスを促進するための委員会で、規制緩和なども含めた経済界からの要望をまとめて行くものとなると思われます。

最後のThink-Tank Councilは恐らく研究開発のものと思われ、短期・中期的に利益に結びつきにくい経済や社会の研究などを扱うのでしょう。

その他にも世界や地域の広範な問題を扱い、国際金融及び金融システムの改革をする事で合意したとされています。今までの西洋経済圏に対抗する新しい経済圏を生み出そうとしているかのようにも見えます。

また、現在BRICSに限定しているサミットは他の新興国を入れていくかも検討されています。先進国の体制に変わる新興国の体制が作られる事になるかもしれません。

南アフリカはBRICS Development Bankを南アフリカに置きたいと熱望しています。どこの国に置かれるにしても、今後の10年の世界を考えた時に重要なプレイヤーとなるのは間違いないでしょう。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/11/07 (木) 12:46:11 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/11/07 (木) 19:19:39 | | #[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張