南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ金利据え置きとキプロスの期限

南アフリカ金利据え置きとキプロスの期限


南アフリカ中央銀行が金利据え置きを発表しています。
レポレートは5%のままとされていますが、南アフリカ中銀は今後のインフレ見通しは悪化すると見ています。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


南アフリカ中銀としては金利を上げたい所でしょうが、今年の実質成長率が2.7%の低迷するため上げられないと言う状況になっています。
今年の第三四半期においては6%のインフレターゲットを超えることも予想されており、本来なら引き上げたい所です。

ランドに関しては今の水準は南アフリカ中銀としては売られ過ぎだと考えているようです。
世界の投資家はこれ以上ランドが下がるようならリターンとして魅力が薄れますので、警戒するとの話もあります。
南アフリカ中銀も難しい判断ですが、投資家が逃げるようであれば金利引き上げもせざるを得ない状況になるかもしれません。

一方で、HSBCの通貨ストラテジストは南アフリカへの資金流入は続くだろうとしています。
実際、南アフリカの株価指数は過去最高でもあり、ランドの弱さが逆に企業には良いだろうと述べています。
南アフリカはランドのレベルがどうあるべきかについて、かなり真剣に捉えてはいるようです。

日本人としても、円安だからこそのランド円の水準が悪くないのはあるのですが、もうちょっと上がってもらいたい気はしますよね。
金利がおいしいのはあるんですけど、あんまりペイがいいとは言い難い。。。
上がってくれりゃ一発で解消なんですけどねぇ。。。

さて、キプロスの続報です。
ECBはついに期限を設定しまして、月曜日までに言うこと聞かないと資金注入止めるぞとかなり強硬に出ています。

キプロス議会は、ECBとEUとIMFの資産税にNoを突きつけまして、ロシアに支援を求めていますが、キプロス側はプーチン大統領と会えていません。
やっぱり否定的なのね。。。
そりゃそーだろーけど。。。

最新の案としては、10万ユーロ以上に対して5%の課税をかけるとしています。
これは元々議論されていた10%よりもかなり小さい訳ですが、足りない部分はどうするかというと年金や国有資産の売却、オフショアの天然ガスの権益から取るそうです。。。

また、年金が使われるんですね。。。
最近の年金って、国民の老後の資産形成じゃなくって、国家破綻のための緩衝材になってる気がする。。。
痛みを引き伸ばすにはいいんでしょうが。。。

キプロスの命運が決まるのは月曜日です。
下手をするとユーロから離脱第一号ですが、多分年金カットを選ぶんじゃないかなぁ。
せいぜい、80万人の人口の年金をどれだけカットしても足らない気はしますが、ロシアの貯金をあまり痛める訳にもいかないのがキプロスです。

10万ユーロ以下にたいして課税しない所で結局はキプロス国民が痛みを共有するしかないワケです。

日本も債務の引き伸ばしは将来世代に負担を強いるだけなので、ある程度は自己防衛を考えないとでしょう。
キプロスやギリシャを見ても分かるように、この手のものはいきなりやってきます。
それこそ、キプロスでは普通に生活してたのに朝おきたら銀行が預金封鎖みたいな話です。
怖いですよね。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
こんばんは(こちらはまだ明るいですが)。私のナミビア滞在もあと1週間とちょっととなりました。

ところで今回持って来てまだ両替していない米ドル紙幣が$650あります。これをどうしたものか?(入国直後に替えたウン万円分の他、国際キャッシュカードでも何度か引き出したので残りました。)

ゴールデンウィークにまた来るのでその時まで取っておくか、それとも今ナミビアドル(かランド)に替えてしまうか。(ナミビアドルはランドと連動するのでUSDNADはUSDZARとほとんど同じです。ということで、私がこちらに来てから上がりっぱなし。)あるいは将来の円安を見越してずーっと取っておくべきか。

どれがベストかは誰にもわからないですよね。もっともそのドルは82円台の時(昨年12月)に替えたので損はしないんですけど。
2013/03/22 (金) 01:35:34 | URL | 大学関係者 #-[ 編集]
82円の確率は低いんじゃないかとぉ
大学関係者さん

こんばんは。
ナミビアの状況はどーですか?
まだまだ変化を感じるには至ってない感じでしょうか?

GWぐらいでしたら、持っててもいいんじゃないでしょうかねぇ。
手数料とかバカにならないし、あんまり円高になる感じもしないので。

82円になる確率はだいぶ低いと思いますよ。
2013/03/23 (土) 02:26:56 | URL | ランケン #-[ 編集]
レスありがとうございます。

ナミビアは私が初めて来た2005年から今に至るまで景気悪そうには全然見えないですね。大学内にいても街に行っても大して仕事してなさそうな人が雇われていますし。大学スタッフの給料は周辺国よりもかなりいいらしく、ザンビアとかボツワナとか、さらに遠くからも働きに来ています。教員数に外国人の占める比率は(もちろん外語学部は別として)日本よりも断然高いはずです。(それから女性教員の割合も。)

そんな国の通貨ナミビアドルですが、失業率が恒常的に2割を越え、さらに最近の鉱山労働者のストライキなどによって価値の下落に歯止めがかからない南アランドの道連れになっているのはちょっと理不尽な気がします。こっちの人はあまり気にしていないようですが。

アドバイスに従ってUSドルは次回まで取っておきます。土産代が足りなくなったらまたATMで引き出すことにします。(両替屋よりちょっとだけレートが悪くなるようですけど。)
2013/03/23 (土) 02:57:55 | URL | 大学関係者 #-[ 編集]
通貨価値は理不尽なものですよ
大学関係者さん

こちらこそ、現地情報どうもありがとうございます。
なんか、ナミビア面白そうですねぇ。

失業率2割はアフリカにしては良いんじゃないでしょうか。
通貨価値は、世界中で理不尽な話ばっかりですわ。
下手な通貨政策をとっても失敗するのがオチって奴なので、しょうがないですかねぇ。

アドバイスは知りませんよぉ。
自己責任でお願いします~。
2013/03/25 (月) 19:20:59 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張