FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
キプロスの銀行開きませんでしたぁ

キプロスの銀行開きませんでしたぁ


暖かいですねぇ。
桜が咲きかけてましたよ。
もーすぐ春だ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

キプロスの件、あんまり日本では話題になってないみたいですね。
メディアが取り上げないとか。
アメリカのWall Street JournalもイギリスのFinancial Timesもかなり取り上げてるんですけどねぇ。
これだから、日本のメディア使えない。。。

まさか、日本人が銀行からお金を引き出すことを恐れてるとか???
まぁ、確かに今の金利じゃぁ、銀行に預けておいてもほとんど金利つきませんからねぇ。
現金で家に置いておいても変わらんから、安心以外のメリットってないんですよねぇ。
ペイオフが信用されなかったら引き出してパニックを引き起こすなんて余計な心配してるんじゃ。。。(ないか、さすがに。。。)

結局、火曜日に銀行開のはやめて木曜日まで銀行は休みになってます。
1週間も銀行を休みにしたら、個人も会社もお金なくて困るところが大量に出てきますよね。。。
倒産する会社も多分出てくるでしょう。

現在、キプロスは議会が10%の課税に対してNOを突きつけてます。
大きな問題は10万ユーロ以下の貯金者に対しては全額保護されるというのがEUのお約束です。
日本の1000万円のペイオフと同じです。

ところが、キプロスが今やろうとしているのは、これを破ろうとしている行為であり、EUのルール自体の信用を毀損するものです。
EUって何なんだって話になります。

これは、考え方のボトムラインとして重要で、これが認められるとEUにおけるペイオフなんて名ばかりの形骸化したものになってしまいます。
なので、EUとしてもキプロスに対して10万ユーロ以下は課税するなって言ってるんですが、当のキプロスが課税しようとしてたりします。
10万ユーロ以下を課税しないと金持ちに課税が回ってしまい、金持ちがキプロスから逃げてしまうためって話なんですが、矛盾しまくりです。。。

キプロスの救済策に必要な額なんてせいぜい100億ユーロです。
1兆2500億円ぐらいでしょうか。
ビルゲイツなら払えるなとか思ってしまう。。。
トヨタでもイケちゃうんじゃなかろうか。。。

せいぜい1兆円強でEUの根本をグラつかせていいものだろうか。
EUだってトロイカの一員なのに。。。
既に言ってはいけない事を言ってしまった状態ですので、EUの根本の信用は大きく毀損されたと言ってもいいでしょう。

キプロスで銀行が開いた日には取り付け騒ぎが起こるでしょう。
この時代に、取り付け騒ぎかよって感じしますよね。。。
しかもユーロですよ。。。

段々とお金ってなんだか分からなくなってきますよねぇ。。。
極端な話、貨幣経済が崩壊するんじゃないかとすら思ってしまいます。

ただ、市場は比較的落ち着いていますね。
市場のECBに対する信用はなくなってはいない。

日経平均も結構高いし。
コール損切りしちゃった。。。
ちっ。。。

あ、ジンバブエが新しい憲法を作ったなんて話がアフリカでは出てますよ。
まぁ、独裁者ムガベがいる限りは厳しいでしょう。
ツバンギライ首相の動向があんまり聞こえてこないなぁ。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
一件落着じゃないのか
こんにちは。
10万ユーロまでは保護されて良かったと思いきや、政府は反対とは、、、説明してくれているの日本ではランケンさんくらいだったりして!
解説ではキプロスなんて小国だから影響しないとか、一連の対応でEUが安定してきたから等、言っていました。
プロの方も今、日本株で忙しく気にしていられないのかな。

ロシアマネーはマネーロンダリングの資金であれば(BBCかドイツかどこかのニュースで言っていたような)、EUも課税し易いですよね。

なんかロンドンの不動産も上がり続けていて、ロシア人、中国人、南欧の人等が買っているとBBCで言っていました。
ロンドン、お金持ちには住みやすいんですかね。

中国もキャピタルフライトがすごいことになっていると、おおっぴらになっているし、ちょっとどうなるの?と思います~~。
元の価値って中国人も信じていないと聞くし…。
国の信用って本当に大事。
2013/03/20 (水) 13:28:35 | URL | みずほ #-[ 編集]
ロシアはキプロスを救うかなぁ
みずほさん

こんばんは。
英語だったら結構いっぱいあるんですけどねぇ、この手の情報。
普通にメジャーどころの新聞には出てます。
でも、日本語だとなくなっちゃうんだなぁ。
あるいは遅いか。

キプロスは小国なので影響しないってのは、言い過ぎで影響は限定的ぐらいだと思うなぁ。
ただ、ユーロ脱退第一号になると、話は変わるかもしれないので、見ないわけにはいかないですし、どこまで影響が広がるかを世界も注目している。

ロシアの件は、また分かりにくくさせてる感じはあります。
ロシアだからねぇ。。。
あんまり透明性ないですよね、キプロスにお金だすって言うかもわからないですけど、そもそも出すって言った所で本当にお金が流れてくるかどうか。

ロシアの企業の傘下入りしたとして、それはキプロスのためになるかも疑問だったりしますしね。
ロシアが他の国のために動くかなぁ。
ロシアの資産を保護できたら切り捨てるんじゃないかと。。。

結局、キプロス国民が自分で尻拭いしないといけないんでしょう。
日本人も、その内そーなるだろー。。。
2013/03/20 (水) 22:06:02 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張