南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ギリシャとトロイカ衝突

ギリシャとトロイカ衝突


ローマ法王がアルゼンチン人に決まりましたね。
ヨーロッパ以外での初の法王だそうです。
国境を超えた12億人のトップが、アルゼンチンってのも時代の変化を感じますね。

それにしても、前の法王が年齢を理由に引退するに近いのに、新しい法王が76歳ってのもどーかと思うんだが。。。
まぁ信者じゃないランケンが言うのも大きなお世話ってやつでしょうが。

しかし、12億人もの信者を作れるってのはスゴイですよねぇ。


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


ギリシャが公務員の解雇を巡ってIMFなどのトロイカからの要求で衝突しています。
今月ギリシャは28億ユーロを受け取る予定ですが、これが遅れる可能性が出ています。

トロイカ側は2014年までに25000人の公務員解雇を求めています。
一方でギリシャが7000人の解雇の詳細すら出せていないとされています。

これでは、ギリシャのリストラができず結局は財政健全化もできなくなると言う事で、最悪の場合ユーロ離脱との懸念が再燃するかもしれません。
今年、ギリシャのGDP成長率はマイナス5%とギリシャ中銀は予測しており、トロイカも4.5%マイナスとしています。

ツライでしょうねぇ。
もう6年目だそうです。。。
日本の失われた10年どこじゃないですよね。

しかし、ユーロってのはやっぱり難しい通貨ですよね。
アメリカや日本だったら最悪の場合、債務をマネタイズしちゃえるんでしょうが、ユーロでこれをやるとモラルハザードが伝播してとんでもないことになっちゃう可能性が高いです。
共通通貨ってのは無理があるんだろーなぁ。↓
人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ヨーロッパ
もうユーロ統合しつつの資本主義経済は限界なのでしょうか?
と言ってもヨーロッパは社会主義に近い形かもしれませんが?
名主たるドイツがそろそろ動き出すのでしょうか?
2013/03/15 (金) 12:07:14 | URL | 国家社会主義 #L1ch7n1I[ 編集]
ユーロの限界って?
国家社会主義さん

こんばんは。
うーん、限界の意味合いが微妙なんですけどね。
何をもって限界って言ってらっしゃいますか?
ユーロが崩壊すること?

ユーロはドイツが諦めない限りはドイツの通貨として存続する可能性が高いですよね。
一方で、ギリシャの通貨として考えた場合はおっしゃるとおりで限界は遠くないかも。

だいぶ、時間稼いだし、例えギリシャが離脱しても最悪の感染は少ないんじゃないかと思います。
ドイツの銀行もフランスの銀行も手はうってるはず。

ギリシャはどっかで離脱させてやるのがいいんじゃないかと思うんですけどね。
スペインとかはまた別なんですが。。。
2013/03/15 (金) 22:38:34 | URL | ランケン #-[ 編集]
ユーロ危機再燃?
限界とは現体制保持するという意味でです。
やはり前々からランケンさんの言われる通りギリシャのユーロ離脱が一番なのでしょうね。
ただギリシャが離脱した場合やしない場合の他加盟国や世界への影響どうなるのでしょうか?

今後blogにてランケンさんの予想などお聞かせ願えたらと思います。
南アフリカのblogなのにいろいろ勉強出来てランケンさんには感謝です。

2013/03/16 (土) 11:54:07 | URL | 国家社会主義 #L1ch7n1I[ 編集]
キプロス
国家社会主義さん

こんばんは。
キプロスがトンダので、きな臭い感じにはなってきました。
さっき、エントリーした記事にも書きましたが、ユーロ危機っぽくなる可能性は一時的にはあるかもしれませんが、ECBが抑えにかかるはずです。

だって、トロイカのメンバーだもん。
それぐらいの勝算なくて、預金差し押さえなんかできないでしょ。

市場の反応を見るとは思いますけど、いざとなったら国債購入で火を消す方向に絶対に動きます。
それしか手はない。
所詮はキプロスなので、たかだか2兆円ですよ。
トヨタの利益程度。

キプロスなんてとばしてもいい。
問題は他の国でそう言う事が起こる可能性を示唆してしまってる事でしょう。
ユーロの信用を傷つける話であることに間違いはない。

予想は気が向いた時にぃ。
2013/03/17 (日) 18:23:33 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張