南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカのクレジットの伸び加速

南アフリカのクレジットの伸び加速


今日の日経エライ上がってますねぇ。
ユーロも上がってるし。
SQまであと一週間。
11750円手前ぐらいに落ちてくれると嬉しいんですが、どーなるかなぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカの民間へのクレジットの伸びが大幅な伸びを12月は示し、年率10.09%となりました。
これは11月の9.59%の伸びよりも大きくなっています。
また、マネーサプライ(M3)の伸びは5.17%となり、こちらは予想よりも低い値で、11月の6.26%からも小さくなっています。

南アフリカのエコノミストは、住宅ローンなどは非常に低い伸びであるが、それ以外のローンが大きく述べていると指摘しています。
住宅ローンの伸びは2%にとどまっています。
それで、住宅価格が南アフリカはあまり上がらないんですね。
一方で、企業のクレジットの伸びは非常にいい状況です。

今日はアメリカで雇用の統計が出ていますが、南アフリカの雇用の話も出ていました。
南アフリカの失業者の内、25%は実に5年以上も職を失い仕事を探しているそうです。
失業者は450万人とされているので、およそ100万人でしょうか。

1年以上仕事につけない人を国際労働機関では長期失業者と定義しているそうで、南アフリカでは実に68%の300万人がこれに相当するとされています。
南アフリカでも長期失業者の問題を深刻には捉えているのですが、長期的に雇用されていないと教育やスキルの欠如につながり、そもそも就労不可能な状況に陥ります。

こう言うのって難しいですよね。
日本でも若者の就職が問題になっていますが、ここで大きな差が出てしまうのは事実でしょう。

ランケン経済英語スクールにも学生さんが時々いらっしゃるのですが、正直意外でした。
だって、経済なんて学生は興味ないだろうと思ってましたからねぇ。

留学したいって言う人がやっぱり多いです。
留学で大事な事って2つあります。
単純に、お金と時間。

留学すると年間数百万円かかります。
滞在が長くなればなるほど、このお金はかかります。
3年間とか海外に住んじゃうと1000万円近くなってもおかしくありません。

なので、いかに国内で準備(英語とか)して、向こうで結果を出せるかってのが大事です。
就職で留学してきましたって言っても語学学校や交換留学ってほとんど足しになりません。
遊んできたんでしょって言われちゃう。

いかに短時間で学位なりなんなりを取るかが非常に重要なのですが、国内じゃ英語の勉強できないなんて言い訳して、いきなり留学しちゃうんですよね。
でも、結果が語学学校や短大で25歳とかでは就職できなくなります。

国内で準備ってできるんですけどね。
親もわかってないので、お金だけ安易に出しちゃうんですよねぇ。。。
数年単位でちゃんとした留学の計画を建てないと、むしろ悪い方に行っちゃうのに。
まぁ、留学業者なんかも悪いんですけど。

留学に興味ある子供がいる親も多い様なので、この辺はまた今度詳しく書きますね。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

そうですか。。留学生志望の若者多いんですね!昔もそうだったように思いますが、若者は夢を持ってますから、海外に行きたいという需要はいつもあるように思います。留学相談はひょっとするとビジネスになるかもしれませんね。
ランケンさんの留学自伝を本かデジタルにしてみても売れる気がします。。
2013/01/31 (木) 11:26:56 | URL | S.Hironaga #kNUhCMt2[ 編集]
留学の実態
Hironagaさん

こんばんは。

留学志望の学生は多いように思います。
個人的には強く勧めるし、応援したい気持ちも強くあります。

ランケンみたいに日本で大学を卒業してアメリカの大学院に直接行ったって人は少数派なんです。
やっぱり交換留学とか語学学校の方が圧倒的に多い。
比率的には交換留学や語学留学を100とすると海外に正規でやってる人は1ぐらいになっちゃうと思います。(統計データではなく感覚ですが)

留学って本当はスゴイ準備しないといけないんと思うんです。
大学受験に2年も3年もかけてるのに、留学準備って3ヶ月とか日本で英会話学校みたいな。
後は向こうで勉強しましょって。

同様に就職の準備って半年も1年もかけてやるのに留学はゼロに近い。
これでは、向こうで出来る事って限られてます。
英語の勉強が関の山でしょう。

だいたい、英語の新聞が読めないのに留学して教科書が読める訳がない。
だからちゃんとした勉強って出来なくて英会話に毛が生えたような留学になっちゃう。
結果として、いい経験になったけど、何か残るかというとあんまり残らないんですよねぇ。
ランケンスクールに来ていただいている学生には、具体的に色々とお話してるんですけどね。

あと、留学ってお金が絡むので、親も留学の実態を理解しないといけないんですよね。
ところが、ほとんど知らずにお金だけ出しちゃう。
この辺も問題ですよね。
2013/01/31 (木) 22:33:38 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張