FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカへのシェールオイル投資熱が過去最高

南アフリカへのシェールオイル投資熱が過去最高


会社も2日目となると正月モードなくなりますね。
今日からは割としっかりとお仕事で、3月ぐらいまでのスケジュール作ったんですが、なんとなく出来るだろうと去年は思ってた事が現実的に考えると仕事びっちりですね。
まぁ、なんとなく分かってはいたのでしょうがないんですが、改めてスケジュールおこしたら凹んでしまいました。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

南アフリカは原油が取れないため、石炭にエネルギー源を頼っています。
石炭は世界でも屈指の埋蔵量なのですが、やはり原油が欲しいところではあります。

最近はシェールオイルの技術が進んでおり、アメリカは原油輸出国になる可能性が高くなったりしています。
それもあって、原油価格がなかなか上がらないのですが、南アフリカにもその可能性が高まっています。

現在、世界最大手の原油会社の1つのエクソンモービルが南アフリカの東の海底からシェールオイルやシェールガスを掘り出そうと調査を開始しようとしています。
エクソンモービルのような会社が調査を開始すると言うのが投資家の注目を集めています。
他にもShellが2011年にKaroo盆地(盆地かな?)から485兆キュービックフィートのシェールガスの可能性を示しており、これは実現すれば世界で5番目の大きさだそうです。
その他にもカナダのCanadian Natural Resourcesや原油探索会社のCairn社などが探索に乗り出しており、南アフリカでもエネルギーに関する過去最高の投資とみなされています。

シェールガスやシェールオイルってエネルギー政策を抜本的に変えますし、世界のエネルギー問題を一挙に変えます。
アメリカが原油をサウジに依存しなくなったら、中東情勢も大きな影響を受けるでしょうし、そうなる可能性も高いでしょう。

南アフリカにもよい影響があるといいのですが、資源は紛争の元だったりもしますからねぇ。。。
シェールガスなどは、まだまだ調査の段階ですし、実際の軌道に乗るのも時間がかかるはずです。
ある程度、長期的な視点で見たいところですね。

ランケンもシェールガスとかシェールオイルってどう影響与えるか知りたいので、もう少し勉強してみたいです。
世界経済へのインパクトがある話だと思います。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
シェールガス
ちょっと前までは夢のような話だと思われていたシェールガス。しかし最近はかなり現実的になってきて、単に資源の話に留まらず、経済や外交情勢なども大きく変えてしまう技術になりそうです。とりあえずアメリカが強くなることは必須ですかね。
2013/01/08 (火) 23:11:35 | URL | ラッシュ #-[ 編集]
スケジュール作成お疲れさまです
今からびっしりのスケジュール作成するランケンさんは、真面目ですね。昨年の私は余裕のあるスケジュールを一ヶ月前倒しで実現して喜んでいました。チームで仕事する場合は、メンバーがどう動くか予測が難しいところがあるので、余裕を見たのですが、皆が協力的な態度で参加してくれると簡単に実現できてしまいました。
シェールオイルについては、エコ分野でも大変に注目が集まっています。具体的に技術開発も進んでおり、原油価格が60ドル以上ならアメリカが最大産油国に変わると試算されております。後は誰がリスクを取るかだと思います。石油は2008年で採掘可能年数が42年と見積もられていますので、シェールオイルはかなり魅力的にうつりますね。
2013/01/08 (火) 23:31:32 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
シェールオイル
ラッシュさん


こんばんは。
シェールガス、最近わいてますね。
バブルかなぁと思ったりするぐらい。

でも、アメリカの原油輸入が減っちゃうぐらいのインパクトってのはやはり大きいと思います。
アメリカってのは強いよなぁと思わざるを得ませんね。




Nekkiさん

こんばんは。
会社の仕事はスケジュールを組んでなんぽなんですよねぇ。
余裕のあるスケジュールを組めるなんて羨ましい。。。
コスト考えたら余裕のあるスケジュール組める所なんて今時少ないですよ、きっと。

ランケンの会社なんてみんなカツカツでスケジュールひいてます。
時々、失敗してるけども。。。

シェールオイルはお金になるならば、誰かが絶対にリスク取りますよ。
それで石油会社なんて、あんなに大きくなってるんですから。
もう少し勉強したいですね。
2013/01/09 (水) 22:59:36 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張