FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
財政の崖、決着見えてきた

財政の崖、決着見えてきた


年末です。
特に何もせず読書してます!
正月休みはiPadで遊ぶのです!
と言う所で市場も休みなので雑談~。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

あ、雑談の前に財政の崖の話が少し出てますね。
上院での合意が出来たとか。
オバマさんも楽観的な見方してるとかって話なので、問題にならないんじゃないかと思ってます。

前にも書きましたが、政治的な駆け引きの世界ですから、そもそも合意しないなんて話はないはずなんだよなぁ。
そもそも減税廃止をどのレベルの収入の人にするかって話で最終調整みたいな所あります。

年収25万ドル以上の人に対して増税すべきだってオバマさんは主張してるんですが、共和党は年収40万ドルだって主張してるとかってレベルです。
最悪、オバマさんが妥協すれば解決してしまうみたいなね。

25万ドルって言うと年収2000万円強ぐらいですか。
40万ドルだと3200万円強と。
25万ドルだってランケンの給料の何倍かだぞ。。。
遠慮なく上げちゃえ~って思うんですけどね。。。

まぁ、フランスは100万ユーロ超えたら所得税75%ってやろうとしてさすがに違憲だって裁判所が出したみたいですが。
100万ユーロって1億円超えるじゃん。。。
75%だと手元に残るのは2500万円ぐらいです。
さすがにちょっと気の毒な気はしなくもないですが、普通のサラリーマンから見ると1年で手取り2500万円だったらいいじゃんって思う自分もどっかにいます。

市場もそんなに動くかどうかは疑問ですね。
オプションやってるとわかるんですけど、休みな事もあって、オプションなどには相当織り込んできています。

日経平均のボラも高い高い。
ランケンはボラティリティを敵にするポジションを取ってますので、一昨日あたりは利益を思いっきり削られました。
でも、だいぶ戻った。

レバレッジが1000倍なのでちょっと焦りました。。。
正月からかなり凹むハメになるかと。
売りポジション持ってるとコールであってもベガが上がると怖いな。
いずれにしても4日には落ち着いててくれるんじゃないかと思ったりしてます。(お願い、落ち着いて。。。)

さて、最近のお気に入りはiPad Mini。
読書もiPad Miniでしてます。
Kindleのソフトがあるので、Amazonで買ってiPad Miniにダウンロードできちゃうんですよねぇ。

何がスゴイかって洋書がその場で手に入るようになった事です。
前は3週間ぐらい待たされてたんですけど、外国の教科書とかその場で買えちゃうし、これを電車の中で立ち読み出来ちゃう。
ランケンの生活が革新的に変わってしまいそうです(笑)。

やっぱりサイズと重さが絶妙なんですよねぇ。
システム手帳ぐらいですよ、サイズと重さ的には。
システム手帳でネットも出来るし、YouTubeも見られるし、洋書もその場で買えちゃうってホントにスゴイ。

ちなみにWiFiモデルで十分です。
その方がランニングコストかからない。
外出先でネットしたいってそんなに無いですよね。
多少のことなら携帯でネットに繋がるし。

Wall Street JounalとかFinancial Timesなら家でWiFi繋げてダウンロードしちゃえば電車で読めます。
Kindleのソフトが良かったのは辞書機能がついてる点ですね。
クリックしたら単語の意味合いぐらい出てきちゃいます。
結構読めるもんですよ!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
75%はさすがに違憲だといわれますが
かつてのイギリスでは最高95%の所得税を富裕層に課していた時期がありました。で、ビートルズがその状況を皮肉り「TAXMAN」という歌が生まれました(ウィキペディア参照)。
まあ公共サービスを守るために不労所得に高すぎる税金を課した、英国病の一つの症状ではありました。
2012/12/31 (月) 09:07:27 | URL | あつし #gKumvUXs[ 編集]
iPad mini
ランケンさん、こんにちは。

同じくiPad mini使ってます。私は普段からwimaxを使ってるんで、wi-fi版がとってもgoodです。

ただ、FX・証券会社にお願いしたいのは、iPhoneアプリをiPad版でも提供して欲しいってこと。やっぱりiPadの画面サイズを生かしたいですよね。

他にもランケンさんのおすすめアプリがありましたら紹介してください。

それでは、良いお年を。
2012/12/31 (月) 10:10:56 | URL | かんち。 #-[ 編集]
税率75%とiPad mini
税率75%は、高所得者が、閾値を超えそうになったら、これ以上稼ぐのをやめてしまう危険性があるのでやめたほうが良いと思います。せっかく稼ぐノウハウを持っている人のやる気を削ぐと、経済効果を押し下げることになります。
iPad mini発売前に、中国製の7インチandroidタブレットを1万2千円以下で購入していたのでiPad miniは見送りました。中華PADのコストパフォーマンスを知ると、appleの製品は高いと感じます。
しかし、自転車通勤ばかりで、電車に乗らないのでほとんど使いません。思うに電車で使うものですね。
2012/12/31 (月) 12:22:11 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
改めてあけましておめでとうございます!
皆様


昨日、お返事したつもりだったのですが、うまくコメントができていませんね。。。
なんでだろう。
失礼しました。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!!




あつしさん

こんばんは。
95%ってのは面白いですねぇ。
そんなのがあったんだぁ。
勉強になります!

英国病ですか。
日本病が心配ですね。。。




かんちさん

こんばんは。
iPhoneのアプリ、そのままiPadで動きますよ。
ランケンは松井証券とかのはiPhoneと同じで使ってます。
サイズが大きくなるだけですけどね。

iPadで最近お気に入りのアプリはBloombergですね。
なんか、かっこいいですよ!




Nekkiさん

こんばんは。
75%はかわいそうですよねぇ。
やりすぎってのは良くないですわ。

iPadは完成度高いですよ。
かなり満足してます。
1万円ぐらいの差は全然気にならない完成度の高さだと感じます。
ランケンみたいな毎日PCを運んでる人間には重さって非常に重要なファクターなんですよねぇ。

でも、自転車の人には気にならないかもしれませんね。
2013/01/02 (水) 23:28:48 | URL | ランケン #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/20 (木) 05:39:26 | | #[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張