FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
NHKの「日本国債」

NHKの「日本国債」


寒いですねぇ。
髪の毛切ったら寒い寒い。。。
家から出られないですねぇ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

今日はNHKで夜9時からやってた「日本国債」を見てました。
変ちくりんなドラマでしたねぇ。。。
分かる人にしか分からんちゃうかなぁ、あれ。。。

変なドラマで抽象的に言ったって分からんだろうに。。。
制作側の立場でいえば、それこそドラマにして幻っぽくしないと落ちどころがないと言うところでしょうか。
結論的には、その内ヤバイ事になるんだぜしか言えないんでしょうけどね。

加藤紘一氏へのインタビューなんてなんだったんだろう、あれ。。。
ただ、「日銀に当時もプレッシャーをかけましたけどねぇ、結局金融政策に圧力をかけざるを得ない」ってのは本音だろうなぁと思いました。
それは分かったけども、そっから先は何も放送されていないし言ってないのかもしれませんね。

言えないよね、政治家の責任だなんて。
そこがダメな所なんだと思うんですが、そもそもを作ったのは自民党なんですから、そうせざるを得ないと。

他にも、特に途中で国債を日銀が買い取ったらどうなるのって所で、女性が逃げ出した所は面白かったですけどね。
あそここそが、まさに安倍さんが言ってる、伝統的なやり方じゃなくって話でしょう。

ただ、その結果が国内のインフレに繋がるとは正直思いません。
そもそも需要なんてないし、金融政策で作り出せるものとも思えない。

逆にやればやるほど需要は減っていく。
なぜならば、国債の不安が将来の不安につながってて、個人はそんな無駄遣いは通常は出来ない。
また、テレビでも出てましたが、人口が減ってる中で消費が伸びるとも思えない。
国内需要を伸ばしてなんて言ってましたけど、そんなんできないでしょ。
今までだって出来てないんだから。

2%程度のインフレで人口減を補えて企業が復活できるとも思えないです。
そもそもの生産性の向上なくして、財政政策の健全化もなく、金融政策に頼ろうなんて本質的におかしい。
だからこそ、日銀は2%のインフレターゲットに難色を示してるんでしょうが、どうも弱気でしょうがないですよねぇ。。。

ってか、白川総裁って見てるだけで不安なんですけど。。。
この人に通貨の番人ができるんだろうかってマジで思った。。。

海外のヘッジファンドの話なんかも出てましたね。
次のターゲットを彼らは探してるし、日本が候補に挙げられているのは恐らく間違いないです。
今は新興国じゃなくて先進国が狙われる時代です。

ただ、彼らの言ってることも分かりますが、そう簡単には日本国債の暴落も現時点ではないんじゃないかと思います。
あくまでも、いつかそうなるだろうって話ですし、現在起きている円安もその初めの一歩って見方もあるかもしれません。
ただ、どう見るかってのは、意見が分かれるところでしょうし、ランケンはそこまではまだ思わないです。

最後の方のみずほコーポレートと財務省担当者の会話はかなり興味深かったですね。
長期国債を買って欲しいって依頼する政府と、長期は怖いって言う銀行。
これも、銀行の気持ちもよく分かる。

長ければ長いほど、国債保有が多ければ多いほど、国債リスクが銀行の経営を圧迫します。
日本国債が暴落する前に格下げがされたりするでしょうけど、その時に最も大きな打撃を受けるのは銀行でしょう。

知り合いにみずほの方いらっしゃるので、言いにくい部分もありますが、みずほだしねぇって思わなくはなかったです。
マーケットからの見方が一番厳しいのはメガバンクではみずほなのは株価に表れちゃってます。
なので、ああやってマーケットからのどうたらこうたらって話が出るんでしょうし、興味深い会話でした。

でも国家のリスクが銀行経営を圧迫し潰れそうになった場合はどうなるんだろう。。。
国が救済出来る話じゃないんじゃなかろうか。
また、メガバン同士の合併って話になるんでしょうね。

日本の銀行は発行される国債を買わない訳にはいかないです。
何故ならば、やっぱり国債市場を安定的に機能させないといけないし、暴落されて一番困るのは誰よりも銀行です。
まさに一蓮托生って奴ですよね。

お互いにToo Big To Failです。
国債市場が機能しなくなると、即国債下落になる訳で、それがいつになるかは正直誰にも分からない。
ただ、維持し続けさせる必要はある。

もし、買えなくなったらどうなるかっていうと、日銀が引き取るしか無い。
そうすれば、少なくとも暴落はないし、海外のヘッジファンドの言う3%で金利を払えなくなるとかってのは回避できるでしょう。

で、その次に起こるのは日銀のバランスシートの指摘を海外からされる訳です。
そもそも日本円ってのはなんだってな話になるかもしれない。
まぁ、これを言うたら、そもそもドルってなんだって話と同じなんですが、あくまでもドルは基軸通貨、円はしょせん日本国内でしか通用しないローカル通貨です。

そのローカル通貨の信認は落ちるでしょうから、恐らくかなりの円安になるんじゃないでしょうか。
そうなれば場合によっては結構なインフレも有り得る。
かなり円安にならないとダメでしょうけどね。
200円台とかじゃないかなぁ。
まさか1ドル360円に戻るとか?(笑)

これはかなりのインフレを引き起こすんじゃないでしょうか。
早めに日本はその意味でもエネルギーを確保しておきたいですよね。
日本海でも太平洋側でもどっちでもいいんですが、外交が鍵を握る部分な気はします。
じゃないと円安の影響をモロに受ける形になり得る。

ただ、ここまでは日銀のバランスシート問題程度ではいかないんじゃないかと思うんですよねぇ。
あくまで感覚ですけども。
むしろ怖いのはテレビの最後に出てた日本国債の海外保有。

日本政府は海外での国債発行を増やすとしていますが、正直あんまり進めてほしくないですね。
対外債務の増加は危なすぎる。
それこそギリシャになっちゃう。

でも、そもそも海外の投資家もそうは買えないでしょう。
特に長期のものは買えないと思う。
国内でさえ買いたくないって言ってるんだし、海外なんてもっとだと思う。

買うならば、長期のドル建ての日本国債とかでしょうかね。
あるいは短期の円建て国債は少しは買ってくれると思う。
でも、円建てで海外の投資家が日本国債を買うのはないだろうなぁ。
為替リスクと国債リスクをモロにかぶっちゃうもんね。

長期のドル建て日本国債は出したら売れるでしょう。
でも、これは日本の破滅へのまさに大きな一歩だと思う。
これが大きくなればなるほど、日本は不安定にならざるを得ないはずです。
要するにギリシャ化する訳です。
それぐらいはさすがに日本政府もわかってるのでやらないと思うんですけどねぇ。。。

と言う所で、海外で日本国債は多くは売れないだろうってのが結論でしょう。
であらば、最終的には日銀が引き取るって形なんですが、さっきも書いたように円安が怖いのと、日銀が通貨の番人として機能出来るかが不安です。
その内、日銀と円の信用不安なんて記事が新聞を賑わす時代がくるでしょう。

テレビ見てて色々と具体的に考える事は出来ましたけど、やっぱり論理的に日本の衰退は避けられないだろうと思いました。
ジムロジャースの言う通りだと思う。
移民を認めた方がいいってのはランケンの中にはあります。

もちろん治安の悪化やなんかの副作用もあるだろうけど、貧困化とどっちがいいかって二者択一ならば移民政策を進めたい。
じゃないと人口減にはホントに対応できない。

結局は時間とバランスの問題なんですよねぇ。
10年ぐらいは大丈夫じゃないかと思うんですけど。。。
まぁ、NHKのドラマに時計と天秤が最後までたくさん出てましたけど、その通りだとは思いますね。
よく考えられて作られてるけども、理解しにくい気もしますが。。。

個人として身を守るためには海外で働けるようになっとかないといけないぐらいですかね。
ランケン経済英語スクールでは学生には、海外で生活できるようにしないと、今の20代は逃げきれない可能性高いぞって言ってます。

40代、50代はギリギリ逃げ切れるんじゃないかと思うんだけど、20代・30代は危ないと思うなぁ。
ホント、英語の勉強しといた方がいいですよ。
出来れば英語で仕事しておいた方がいいと思う。

と言う所でランケン経済英語スクールの宣伝にして終わりましょうか(笑)。
お陰さまでシーズン6も無事スタートしました。
世界経済のお勉強しましょう!

ランケン経済英語スクール!


応援もよろしくです!

人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
NHKのドラマは、賛否両論みたいですね~
いろんな人のブログみると、その人たちの意見が分かれているから、面白いです。

ランケンさんも言っていた移民の話ですが、
ある人は、海外の富裕層を移民させたら~と、話してました。
日本って、海外の人からみたら、憧れだし、来るかもしれないって、感じはします。

あと、最後にランケンスクールの宣伝するの、GOODです。
(^O^)
オチで、ウケました。
2012/12/25 (火) 14:15:00 | URL | 大器晩成のタヌキ #m2/l/Vug[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/12/25 (火) 20:46:41 | | #[ 編集]
富裕層とか
大器晩成のたぬきさん

こんばんは。
へぇ、NHKのドラマ、賛否両論なんだぁ。
まぁ、確かに変ちくりんだからなぁ。
意見が別れるのも無理はない。

移民の話ですが、海外の富裕層なんか日本に来るわけないじゃないですか(笑)。
移民って生活するって事ですよ。
遊びに旅行しに来るわけじゃない。
ジムロジャース、ビルゲイツなんかが日本で生活したりしませんて。(ビルゲイツは別荘作ったなんて話があった気はしますが。。。)

多くの富裕層の関心事って税金だったりしますからね。
相続税が高い国に移民しないですよ。

基本的に、日本より貧しい国の人を受け入れるってスタンスじゃないと人口減のボリュームには到底到達できませんよね。
治安の悪化がイヤなんて言ってる余裕はないかなと。

宣伝Goodって言われたので調子にのってまたやっちゃいましたぁ(笑)。
そろそろクレームが来る気がするな(爆)




お金の額より物の供給能力が大事な人さん

こんばんは。
すみませんが、公開しない事に致しました。
ブログは拝見させていただいたのですが、正直ピンと来なかったもので。。。
申し訳ありません。
2012/12/26 (水) 01:44:41 | URL | ランケン #-[ 編集]
税金が高いんだ~
それは、遺憾に思います。

たしかに、富裕層の税金で成り立っているような話を聞いたことはありますね~(笑)

それと、ドラマでみんなツッコミを入れていたのが、
銀行に長期国債を買ってくれ~
のところでした。
同じこと話してましたね~(笑)
2012/12/26 (水) 12:43:08 | URL | 大器晩成のタヌキ #m2/l/Vug[ 編集]
富裕層は絶対に来ない
大器晩成のたぬきさん

こんばんは。
税金、高いですよぉ。。。
安いのは消費税とか所得税とかだけ。

物価だって高いので外人から見たら、そこまで魅力的ではないはずです。
言葉の問題も大きいし。

選択肢の多い富裕層が移民してくれるわけない。。。
誰ですか、そんな夢物語を言ってるのは。。。
ホントに訳の分からん話が出回る。。。

って言うか、日本人が逃げ出すことを考えてるじゃないですか。。。
ランケンの知り合いもオーストラリアに移住するって今ビザ取ったりしてますよ。
富裕層はよっぽどおいしい話がないと来ないですぅ。
2012/12/27 (木) 01:05:02 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張