南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ランド、一旦底入れの兆しか?

ランド、一旦底入れの兆しか?


相変わらずのアクセス数で、ビックリしてます。
ランキングトップ10近くまで来ました。
微妙に複雑な気分です(笑)

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


ドルランドのチャートで大きな髭が出ましたね。
もう遅いかもしれないけど短期で少し買ってもいいかも。
一旦の底を付けた可能性高いんじゃないでしょうか。

USDZAR20121009.png


ヨーロッパの市場も今日は下げてはいるものの、落ち着いています。
昨日は悪かったですけど、今日は一息でしょうか。
CFDステーションに書きましたが、ドイツ株価指数が7200ポイント割れるかどうかに注目しています。

DAX20121009.png


南アフリカのトラックドライバーのストライキは今日3つの組合がストライキの中止を打ち出しています。
15000人のストライキがいったん止められます。
トラックのストライキは物流に影響するので問題が大きいです。

トラックドライバーも走っているとストライキに参加せよみたいな話で火をつけられたりするというのでたまったものではありません。

実は、数日前にヨハネスブルグ在住のKentakyさんと言う方から非公開でコメントを頂いていまして、南アフリカの現状を記してくださいました。
ホント、感謝です!!!

今のところ、普段の生活がそれほど脅かされてる訳ではないそうです。
ただ、ビジネスはそれなりの影響があるのではないだろうかとの事でした。

一方で、ビジネスも黙ってばかりはいられないみたいで、中小業者なんかはこっそりと動いてたりするみたいです。
滞りがちではあるものの機能してなくないし、そもそも郵便局なんかはいつも滞りがちなんて書かれてました(笑)。

いずれにしてもトラックドライバーのストライキは若干良くなっています。
まだ、最も大きな組合が中止を出していないのですが、ストライキもいつまでも長引くと生活できないですしね。

さて、IMF総会だかなんだかが東京でやられていますが、2013年の世界経済の成長率は3.9%から3.6%へと下方修正されています。
リスクはアメリカとユーロ圏の政治家だとされており、財政問題をうまく対処できないと3.6%すら危ないとされています。

イギリスなんて0.4%のネガティブ成長ですよ、年間を通して。。。
なかなか明るくはならなさそうですね。

財政の崖の問題もあるし、世界経済は日本の失われた10年を辿るんじゃないかと心配です。
少なくとも、先進国は既に3,4年は失ってるんじゃないでしょうかね。
先進国の衰退は予想よりも早いかもしれないなぁ。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
え~え~、見てます、見てますとも~!

壁|ω・`) じ~~っ

お久しぶりでございます。
良いのか、悪いのか、Lぽじ増殖中、、、、(-.-;)
2012/10/10 (水) 00:04:50 | URL | めーめ #-[ 編集]
ご無沙汰です!
めーめさん

うっわー、超ご無沙汰!
お元気ですか?
お久しぶりです!

ま、分散投資ってのは1つのやり方ですよね。
レバさえかけなければ、そうはおかしな事にはならないんじゃないかとー
2012/10/10 (水) 03:13:21 | URL | ランケン #-[ 編集]
人脈
さすがランケンさん!
現地情報、ありがたいですー!!
2012/10/10 (水) 09:48:59 | URL | Y #-[ 編集]
アゼルバイジャン国際銀行
初めてコメントさせていただきます。横浜在住のベイリンと申します。

いつもはFX、BO(IGマーケッツ)メインで取引しております。FXは冴えませんが、BOラダーで今年プラス600万円達成寸前です。ランケンさんのブログはランド以外にもグローバルに勉強になるので欠かさずチェックさせていただいております。CFDステーションも。

さて、本題ですが、アゼルバイジャン国際銀行定期預金が年利16%とか20%とかいう話がありますが、どう思われますか?胡散臭い話なのか判断つきません。ご意見をいただければ幸いです。

以上、南アフリカランドとは無関係の話ですが、よろしくお願いいたいます。
2012/10/10 (水) 15:39:22 | URL | ベイリン #-[ 編集]
アゼルバイジャン
Yさん

こんばんは。
人脈なんて言ったらコメント頂いた方に失礼ですよー。
ホントに親切で入れて頂いただけですー。



ペイリンさん

はじめまして、こんばんは。
BOスゴイですねぇ。
あれ、ほとんどやったことないんですけど、うまい人は出来るんだなぁ。

アゼルバイジャン国際銀行の件、Wikiとその他のサイトでちょっと調べてみました。
正直、全然知らなかったのですが、予想よりも面白かったです。

調べてみたことを書いておきます。

1.かなり高いインフレ(20%近く)が恒常的に続いていた
2.直近のインフレは7%強
3.2006年に新通貨を導入している
4.原油が取れるために、ダッチディズィースにかかっている
5.流動性は相当低い


金利が高い理由はインフレもあるけど、金利を高めに設定しないと外貨が入ってこないってのが大きいんじゃないでしょうかね。
特に今みたいな金融不安が根強くボトムラインにある時は。
格付けも低いですから、低い金利ではお金が入ってこないってのはあるでしょう。

一方で原油産出国ですから、お金は稼げるんでしょうけども、一方で産業多様化が出来ていないために国際市況に大きく影響を受ける経済です。

リスクは大きいですよ。

リスクの内容は資本流入が止まった場合は吹っ飛ぶ。
流動性がそもそも無いので、いざと言う時にはお金は引き出せない可能性が高い

アゼルバイジャンの経済を相当しっかりと見ていないと難しいですね。
なんかあったらかるーく飛ぶ可能性ありますよ、この国(笑)。
特にユーロ圏に近いし、ヨーロッパが原油の輸出相手でしょう。

ユーロ危機が深刻化して、ユーロの流動性がガタ落ちになろうものなら、南アフリカどころじゃない位ファイナンスに困ると思う。

面白いとは思いますけど、ランケンは20%じゃぁ、やらないかなぁ。(笑)
ユーロ問題が落ち着いて(いつ落ち着くのか知りませんけど。。。)、世界経済が良くなったら考えたいですかねぇ。
2012/10/11 (木) 00:01:09 | URL | ランケン #-[ 編集]
お礼 for アゼルバイジャン
親切丁寧にご回答頂き、感激です。

とても、参考になりました。

BOは自分なりの勝ち方を確立出来てるつもりです。今度、レポートを見て頂けば幸いです。
2012/10/11 (木) 21:50:56 | URL | ベイリン #-[ 編集]
レポート
ペイリンさん

レポート書いてるんですね。
今度見せてください
2012/10/12 (金) 09:44:53 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張