南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
2012年9月の南アフリカ金融政策決定委員会の声明

2012年9月の南アフリカ金融政策決定委員会の声明


先週発表になった南アフリカ金融政策決定委員会の声明全訳です。
感想はまた後日。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

前回の金融政策決定委員会以来、世界経済の成長見通しは更に弱くなっている。
しかし、ユーロ圏の債務危機が引き起こす短期的な金融市場のリスクはECBの債券買い入れプログラムの発表の後、ある程度は落ち着いたように見受けられる。
これがポジティブなステップであるのは明らかである一方で、大きなリスクがまだある。
同時に、世界の環境は日米の金融緩和に影響されている。


国内では、インフレが下方に動いているのが驚きを与え続けているが、短期的な下値には既に達した事が明らかになった。
多くの供給サイドのリスクがあるにもかかわらず、予想範囲の期間においてインフレはターゲットレンジの中に収まると思われる。
しかし、成長の見通しは国内と海外の状況に反応してある程度悪化している。


年率のインフレをCPIで都会において測ると2012年8月は5%であり、7月の4.9%から上昇である。
食料、住宅、光熱費、交通のすべてのカテゴリーがインフレの結果の内、3%をしめている。
食料品価格は5.1%上昇し、ガソリン9.3%、電気10%となっている。
食品、ガソリン、電気を除くコアインフレ率は4.6%となり7月の4.5%から上昇である。
ガソリンを除く管理費用は年率7.5%となっている。


年率の生産者物価指数は7月は5.4%へと緩和しており、これは前の3ヶ月で計測された6.6%と比較される。
食品インフレ率の下方への逆のトレンドも観測された。
比較的低いレベルではあるが、農産物価格は7月は3%上昇となっており、5月の直近安値の1.7%と6月の2.2%と比べると高い。
加工食品価格は6月と7月でそれぞれ7.7%と8.0%となった。


南アフリカ中央銀行のインフレ予測は前回の予測に比べると若干の悪化であり、比較的フラットな軌跡を予測期間においてすると見ている。
インフレは平均で5.3%に2012年の第四四半期になると見られ、2013年は5.2%、2014年は5.0%となると予想する。
短期的な悪化は主にガソリンの食品の高騰によるものである。
コアインフレは2012年の第四四半期に予想されているピークの4.9%よりもだいぶ抑制されている事が明らかとなっていて、前回の予想のピークであった5.4%と比較される。
この測定は今平均で2013年と2014年は4.6%となると思われている。

BERが調査しているインフレ予想は201年第三四半期において実質的に変わらなく、特に2013年、2014年はインフレターゲットの上限のままでいるとされている。
回答者は2012年は5.8%で2013年は6.0%、2014年は6.2%と予想している。


しかし、回答者の中では意見が割れており、すべてのカテゴリーの回答者が2012年は平均でターゲットレンジの中のインフレになると予想している一方で、貿易組合の高官やビジネス界のエクゼクティブはその後の2年かんでインフレターゲットの上限を超えると考えている。
これは金融アナリストとは対照的であり、金融アナリストは平均して5%より少し上側と見ている。


ロイター調査では、マーケットアナリストは2013年は平均で5.3%と見ており2014年は5.4%と見ている。
マーケットの予測をブレークイーブンインフレ率で測ると当初は前回の金融政策決定委員会の後で上昇したが、その後若干減少した。
さまざまな満期の予測もインフレがターゲットレンジ以下である事を反映し続けている。


世界経済の成長見通しは弱いままであり、FRB、ECB、日銀によってアナウンスされた大きな政策イニシアチブや最初の金融市場のポジティブな反応にも関わらずではある。
FRBのQE決定は労働市場の持続的な回復に十分力強い軌跡をたどっていないと評価されて刺激されたものである。
アメリカの2012年第二四半期の経済成長率は年率で1.7%であり、見通しとしては厳しい財政緊縮が来年のリスクとして暗雲を垂れ込めている。
アメリカの選挙は11月に行われ、この結果が財政の崖の決定の見通しに対する極めて重要な役割を担う。
その間にも、アメリカで多くのリスクが投資支出に逆行しており、多くの工業生産の指数は成長の見通し抑制を指している。


ユーロ圏においては、ECBのOMTによるアナウンスで債務危機の直近のリスクはある程度は小さくなった。
加えて、2つの重要なイベントリスクが避けられており、これはドイツの連邦裁判がESMの創設に関する条約の承認に対して許可を出したこと(条件付ではあるが)と、オランダの選挙がユーロ支持派だったことである。
OMTの正確な動きはまだ不透明で(特に条件面で)あるが、この政策は恒久的な解決のためのある程度の時間を作った。
進歩のポテンシャルはあるもののギリシャのユーロ圏からの脱退は残っていて、今年の第二四半期の全体しての減少の後、成長の見通しは悪化している。
そして、銀行のデレバレッジングと更なる海外からの融資の減少に苦しんでいる。
イギリス経済は3四半期連続で悪化しており、日本経済成長も第二四半期は厳しく減少している。
アメリカの日本円に対する影響は日銀に10兆円の債券購入買い入れと言う驚きの結果を促した。。
円は反応して下落したが、影響は小さいものだった。


成長の勢いはいくつかの重要な新興国においても若干弱くなってきた。
特に中国、インド、ブラジルで外的な需要がよわまってる事が背景にある。
多くの国が金融政策の緩和で反応しており、ブラジルの場合は国内需要と競争力のメジャメンとを導入した。


世界のインフレは比較的弱く、需要が弱い事が大きい。
しかし、供給サイドのショックは食品価格の高騰(アメリカの干ばつと東ヨーロッパの一部の干ばつによる)と原油の国際価格が見通しのリスクとして生まれている。
これらのショックはインフレのリスクだけでなく、短期的な成長の追加的な下落要因となりうる。
この組み合わせは金融政策に対して大きなチャレンジである。


ランドの為替レートは5月は対ドルで1ドル8.1ランドから8.5ランドのレンジであり、世界金融市場のリスク認知の変化に影響される。
更に直近はランドはユーロとの連動性も薄れ、国内の問題に反応していて、予想よりも大きな経常赤字とMarikanaで起きた悲惨な鉱山での出来事の一部を含む。


しかし、ランドは国内債券市場への資本流入がCitibank World Goverment Bonds指数に採用された事により続いているため、ある程度は下支えされている。
この流入はしばらくは続くと見られており、非居住者のポートフォリオ調整がある。
アメリカのQE3によりランドは他の通貨と同様にドルに対して最初は上昇したが、OMTのアナウンスのポジティブな反応に続いて下落した。
前回の金融政策決定委員会以来、ランドはドルに対して2.4%下落し、ユーロに対して7.5%下落、貿易荷重ベースで5%下落した。
この期間においてドルはユーロに対して5.5%下落した。


第二四半期の対GDP比で6.4%の赤字拡大の後で、英上赤字のリスクが表れてきた。
南アフリカ中央銀行の予測は2012年の経常赤字はGDP比で5%のオーダーである。
赤字の拡大はコモディティ輸出の下落と輸入の増加の結果である。
経常赤字は主にポートフォリオの流入によりファイナンスされているが、今後数か月で緩和しなければ、為替レートのリスクが表れるかもしれない。


国内経済成長の見通しは弱い世界経済見通しにより制約されており、国内の鉱山セクターの停止も最近は響いている。
経済は2012年の第二四半期は3.2%の伸びを記録したが、これは第一四半期の鉱山セクターの深い落ち込みから回復した事に起因したものを反映している。
鉱山セクター以外での成長は1.7%を計測しており、主に製造セクターのネガティブな伸びによるものである。


南アフリカ中銀の先行指数は4か月連続で下落し、中銀の成長予測は下方修正した。
実質のGDP成長率は2012年に平均2.6%で2013年で3.4%と予想しており、前の予測の2.7%と3.8%から修正となる。
最近の下方修正にも関わらず、中銀は更なる下方リスクを見ている。


最近のデータは第三四半期があまり良くない成長状況にある事を多く示している。
鉱山の生産量は7月に比べて1.5%下落し、ストライキの影響はまだデータに反映していない。
製造業の物理的生産量は7月は月間で1.1%下落した一方で、年率の5.8%の伸びは弱いベースエフェクトで誇張された。
Kagiso PMIは2月以来継続的に弱くなっているが、8月は更に減少し中立の50のレベルを若干上にいる状況である。


景況感指数は第三四半期は第二四半期の急激な落ち込みの後で若干改善したが、中立レベルの下にあるままである。
調査は製造業と建設業の契約のの非常にネガティブなセンチメントを反映していて、自動車の貿易は高いレベルで堅調な自動車販売を反映している。


建設計画の実質価値は6月と7月で下落し、前の2カ月は暫定の回復であった。
ポジティブな伸びは6月までは非居住地セクターで見られた一方で、住居セクターの建設活動は抑えられたままで、弱い住宅セクターを示している。
対照的に土木建設指数は改善していて、土木建設活動指数と一致している。


実質固定資本形成の伸びは5.7%であり、全体のGDPの伸びの1.2%に貢献した。
民間セクターの投資は弱いままであり、年率は2012年第一四半期と第二四半期は1.8%と2.4%の伸びである。
対照的に、公的企業の資本形成は第二四半期は年率9.1%の伸びであった。


公的セクターの雇用の伸びは弱いままである。
QESによると雇用の第二四半期までの4四半期の伸びは1.5%である。
これは、12万3000人の雇用増加を表し、3人の内1人は公的セクターである。
現在の公的セクターのレベルはまだ危機前の状況に比べて6万人少ない。
非常に遅いもののトレンドはポジティブなままである。


家計の最終消費支出はまたGDPの伸びの主な貢献をしていて、1.9%である。
にもかかわらず消費支出の伸びは第二四半期に2.9%緩和され、主にサービスの実質的な減少による。
物品への支出(特に耐久消費財)は堅調である。
小売りの売りあ上げ高は7月は年率4.2%であり更に緩和されている。
8月は全新車販売台数の下落にもかかわらずこのセクターのポジティブな勢いは維持されているように見られる。
しかし、ヨーロッパへの輸出は圧力にさらされたままであろう。
消費者信頼感指数は若干第三四半期に上昇し第二四半期の大きな下落に次ぐものであるが、低いレベルではある。
これらのレベルでは消費者支出がインフレ見通しに対してリスクを生むとは見られない。


2012年3月の高値に続いて、信用販売の民間セクターでの拡大は弱い。
銀行においてのローンと割賦の12カ月の伸びは3月の9.2%から6月の8.1%と7月の7.3%へと下落した
家計セクターへの信用拡大は7月は8.1%伸び、企業セクターは若干弱まった。
住宅ローンは抑制されたままである一方で、自動車販売の堅調さはリースとローンに反映されている。


家計への一般的なローン(担保なし)は7月は32.8%へと加速したが、2011年6月に記録した39.3%のピークの下である。
また、企業への貸し出しは8.3%へと緩和し、3月の16.1%の高値からは大きく下げている。
担保なしの貸し出しの高いレートは家計債務の上昇に貢献しており、可処分所得に対する家計債務の割合は75.6%から76.3%へと2012年の第一四半期と第二四半期の間に上昇した。
銀行セクターにおいて、貸し出しが資産の品質に悪いインパクトを与えている証拠はなく、総ローンと割賦に対する不良債権の割合は4.4%と1年前の5.5%よりは良い。


賃金の伸びのトレンドは比較的弱くインフレ見通しによるものである。
4四半期で計測すると名目レイバーコストの伸びは2012年の前半は6.1%であった。
Andrew L絵vyEmploymentによると、全体としての賃金妥結レートは2012年の第一四半期において7.7%に上昇した。
一方で公的セクターの妥結は7%に落ち着いた。
しかし、最近の鉱山セクターの賃金妥結は賃金要求の先鞭をつけた。


食品とガソリン価格はインフレ見通しの主たるリスクである。
7月の急上昇の後、世界の穀物価格は安定した後で、緩和されたが高いレベルのままである。
先物価格はこれらの価格は安定し中期的には下落するかもしれない事を示している。
国内のトウモロコシと小麦のスポット価格は世界のトレンドに従っていて、各々40%と20%の上昇が6月の初旬と7月末の間で見られた。
これらの上昇は今後数カ月の国内の消費価格でフィルターされると思われる。


ブレント原油価格は最近の上昇トレンドを続けており、9月14日に1バレル117ドルに達した。
前回の金融政策委員の時と比べると12バレル高い。
しかし、サウジアラビア政府は供給の増加を約束し、現在の1バレル108ドルのレベルにまで下落した。
中東の拡大する地政学要因を考えて、この影響がどれだけ維持できるかが見られる。
ガソリンの国内価格は大きく結果として上昇し最近の価格下落を主に打ち消した。
8月以来、ガソリン価格は累計でリットルあたり1.15ランド上昇し、更なる上昇が10月は期待される。


金融政策決定委員会は国内経済が世界状況から受けるリスクを懸念している。
ECBのアクションは地域の流動性に対する直近の懸念を減らし、センチメントに対してポジティブな影響をもたらした。
ギリシャの離脱の可能性のリスクとその影響による効果はしばらくは続くであろう。
ユーロ圏のファンダメンタルな問題は残っており、低いかネガティブな伸びは今後も続くであろう。


アメリカの新しい刺激策にもかかわらず、財政の崖の問題が解決されるまでは少なくとも成長は抑制されるであろう。
この世界経済のネガティブな見通しはアジアの減速で強められているが国内成長の見通しに対して下方リスクをもたらし、特に輸出の弱さの形で表れている。


国内の見通しはまた国内の状況に縛られており、特に鉱山セクターである。
これは、既に脆弱な民間セクターの投資センチメントを更に抑え込んでしまい、緩和的なマクロ経済政策の環境にも関わらずである。
中銀の伸びの予測は下方修正された一方で、金融政策決定委員会は更なるリスクが下側にある程度はあると評価する。


最近のインフレ結果は中銀の期待と多かれ少なかれ同じであるが、若干の上昇圧力がまだ食品とガソリン価格から予想されている。
しかし、需要圧力は弱いままであるとみられる。
為替レートはインフレ見通しに対してリスクをもたらしていて、特に維持不可能な経常収支の拡大の状況に陥った時である。
今日まで、ランドは比較的堅調である。
金融政策決定委員会はインフレのリスクはある程度バランスしていると評価している。


前回の金融政策決定委員会では、状況が金融政策のスタンスの緩和を先にすることを正当化すると評価した。
世界と国内の成長状況はチャレンジングであるが、金融政策決定委員会はレポレートの更なる削減は現状では適切でないと見ている。
従って、金融政策決定委員会はレポレートを変更せず5.0%に据え置く。
この緩和スタンスは中銀の物価安定の要件にも一致しており、国内の投資と成長の助けにもなる。
将来の更なるアクションは世界と国内の状況に高く依存しており、これは見通しへのリスクを変えるかもしれない。



以上です。
応援よろしくお願いします!


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
いつも素晴らしいですね。
ランケンさんこんにちは。
いつもランド研究所を拝見しています。
市場からはとっくに撤収していますが、今も何故かこのブログは気になっています。
長い訳文、流石です。有難いものです。
これからも応援しています。
2012/09/24 (月) 12:37:21 | URL | prelude #RiRJ16VQ[ 編集]
どうもありがとうございます!
Preludeさん

はじめまして、こんにちは。
どうもありがとうございます!

なんか今改めて英訳見直してみると、なんかあちこちボロボロですね。。。
コメント頂いてこんなんでも無いよりはマシかなぁなんて思えました(笑)。

南アフリカ中銀のステートメントは結構世界経済に対する彼らの見方がきっちりと書いてあって気に入ってます。
当然、エコノミストや他の中銀だって読む訳ですからかなり気を使って書いてるはずで、新興国とは言え内容はしっかりしてるように思います。
長いんですけどね。。。

応援ホントありがとうございます!
2012/09/25 (火) 11:10:37 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張