南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
プラチナ最大会社も鉱山を閉める

プラチナ最大会社も鉱山を閉める


今日は勉強カフェでの出張ランケン経済英語スクールでした。
昼間は朝から夜まで会議を仕切って、夜は英語スクールでとほとんど一日中しゃべりっぱなしです(笑)。
よーしゃべるわランケン。
でも、今日も楽しかったです!

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

今日の話題はプラチナでしょうね。
南アフリカのストライキと言うか暴動はついに世界最大のプラチナ鉱山会社のアングロアメリカの鉱山のいくつかを閉める事態に発展させています。

このインパクトは大きくプラチナ価格は一気に41ドル上昇し1オンスあたり1643ドルまで上昇しています。
金価格はさほど動かず1732ドルですから久しぶりにその差が100ドルを割ってきました。

南アフリカの鉱山労働者にとっては金もプラチナも同じで、金鉱山も閉山に追い込むぞとしており、金価格もこの調子だと上がる感じでしょうかね。
金もロングにしといたほうが良さそう。
QE3の可能性も高いので、金もプラチナもロングで構えてもいいかもしれません。
あんまり片張り好きじゃないんですが。。。
まぁ、金でヘッジするよりはVIXあたりでヘッジした方が正しいかもなぁ。

今日は日経平均が9000円を予想通り試しに来ました。
昨日はダメかなと思ったら、今日の上げはかなり強くて8990円なんか付いてまして、明日のSQは9000円勝負です。
9月のメジャーSQですし、ガチンコかな。

ランケンは10月の9250買いで9500売りなので、上で待ってます―みたいなスタンスです(笑)。
とかなんとか言いながらも、リカクとこの先を狙ってポジション維持しつつデルタヘッジしとこうかなぁとか、楽しく悩んでいます。


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/14 (金) 07:20:46 | | #[ 編集]
日本人の定義
みずほさん


ご無沙汰です!
色々とお気遣いどうもありががとうございます。

ご紹介いただいたブログ拝見致しました。
なるほどねぇ。
納得いく部分もあるし、イマイチな部分もありますが、向こうから見たら不公平になっちゃうんでしょうね。
これじゃ日本の移民政策なんて全然無理だなぁとも感じました。

日本だけでなく、どこの国の人も自分に近い人が好きなんでしょうね。
そのために政治も含めて色々と仕組みを作り上げてる訳で議席数も民主党やら自民党やらもあると。

そもそも日本は何処に行きたいんだろうかって気がしますよね。
もうグローバル化には追随せずに開かれた世界はあきらめある種怠惰な北朝鮮の方向に向かうか、それとも開かれた世界でシンドくても前進するか。

あ、ランケンは純日本人ですよ(笑)。
選挙権もありますが、無い人も知人にはいます。
国民の定義ってなんでしょうねぇ。

アメリカはアメリカで生まれた人でしょ。
日本人は日本人から生まれた人が日本人。
日本で生まれて育って日本人から生まれてない人って増えると思うんですけど、その人って確かに気の毒かな。
日本人として迎えてあげれば、変な活動しなくても済んだのに。。。

色々な歴史の経緯があって、日本人の定義って決まってるんでしょうけど、そもそも時代と合わないのかもしれませんね。

コメントに書かれたの、別に全然うっとおしくないですよ(笑)。
コメントありがとうございました!
2012/09/14 (金) 20:38:36 | URL | ランケン #-[ 編集]
コメント返信、そして考察していただきありがとうございます。

国民とは何か、考えると複雑かも。
アメリカ南部の州ではラテンアメリカの移民、不法が多いので制限しろと政府に言ったり、イギリスの労働者が、不況による失業もあり、移民はもう充分だろと言うのを聞きました。

シンガポールは富裕層は受け入れていて、メイドの女性は失職したら帰国させる?だったかで、職がなくて居着く?のを防いでいるようです。ちょっとうろ覚え。

どこもうちの国はこうだ、というのはハッキリしています。
オバマ大統領も、態度を明確に表明します。(事柄によっては敢えて触れないこともあるけど。)

日本は、支配者?が国民が気づかないうちにコッソリ固めてしまおう、支配したい方へ自然になびかせようとしている気がします。ワカラナイケド。
いろいろ難しそうです。綺麗ごとでもなさそうです。


ところで、各国出身のアメリカ人はテロリストは別として、帰属意識や忠誠をどこに持っているのかな~と思う事があります。住んではいても、心は別とか。


まぁそれはそれとして、いろいろ察していただきありがとうございました。




2012/09/16 (日) 10:14:37 | URL | みずほ #-[ 編集]
移民と経済
みずほさん


こんばんは。

国民の定義って難しいですね。
本当はこんな国に生まれたくなかったって思う国の人もいるでしょう。
選べるものであったら選びたい。

各国出身のアメリカ人は何人か知ってますが、マチマチですね。
やっぱりゼロ世の人は元の国に愛着があるみたいですが、一世ぐらいになるとだいぶ薄れてます。
二世位になってくるとほぼ完全にアメリカ人で、他は考えられないみたい。

よく私のお爺ちゃんはヨーロッパのどこどこから来てなんて苦労したなんて話はされてますが、じゃぁその国に二世の人が行くかって言ったらあり得なさそうです。
結局、人のつながり(縁って奴でしょうか)がないのでどうしようもないんでしょうね。

一世ぐらいだと縁がまだ残ってるので、日系の人なんかはこっちで仕事してる人もいます。
でも、見てるとやっぱり言葉の壁を越えられるか超えられないかでどっちにするか決まる感じしますよ。

韓国系の人で日本にいる人も世代間でだいぶ意識に差があると思うんですよね。
ところが、日本は二世であっても選挙権与えないとかなので、職にありつけない二世の人は韓国語はしゃべれなくなっっちゃってるとかすると居場所ないじゃないですか。
で、そもそも日本が良くないって話になって一部の人は過激化するんでしょう。
そりゃフラストレーション溜まるでしょう、きっと。。。

移民は受け入れる側も移民する個人も両方とも経済問題でもありましょうが、世代を超えるところが話を難しくしますよね。
2012/09/16 (日) 21:45:55 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張