南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ユニクロ柳井さんと南ア国債

ユニクロ柳井さんと南ア国債


いやぁ、株価市場が静かですねー。
コモディティ市場ではトウモロコシが大荒れですが、株に関してはまったく静か。
日経平均の先物なんてぜんっぜん動いてません。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

ドイツ株価指数も動いてませんし、なんとなく静かーな状況がしばらく続くんだろうかなんて思ってしまいます。
確かに上に行けるほどの材料もなければ下に暴落できるほどの材料がある訳でもないので、難しいですよねぇ。
実際、恐怖指数のVIX指数は最低レベルに達しています。

もうこれ以上下がれまい位まで下がっちゃってるのでオプションでボラティリティ(ベガ)とタイムディケイ(セータ)を取りに行くポジション作っておきました。
夜のセッションで値洗い悪化中(泣。。。)

南アフリカもほとんどニュースなしですが、南アフリカ国債が日本フィナンシャルセキュリティーズから発売されています。

15年もの南アフリカ国債
金利 年6.75%
利払い年2回

となっていて、15年もののため金利が高いみたいです。
FXでの運用よりは少し高めに回るかもしれませんね。
って言うか、これ買ってFXでランド売りしたら為替リスクなしで、差分の1.25%の金利もらえちゃうんじゃないだろうか?

こっちの売買スプレッドにもよりましょうが、しばらくは南アフリカも金利引き上げないし、下手すると下げるからなぁ。
あぁ、でも国債価格もちょっとは下がるな。(長期国債まで0.5%分下げるとは思えないけど)
満期まで保有すればそのリスク排除できますが15年だし、その間はさすがに金利上げる局面あるか。。。

まぁ、15年間日本国債持つのも怖くない事はない世の中ですので、長期ならチョイスとして面白いと思います。
別に15年持たなくても途中で売れると思いますが、ご興味のある方は同社に聞いてみてください。


日本フィナンシャルセキュリティーズの南アフリカ国債


あ、ちなみにココ、こないだブラジル国債売ってました。
まだ売ってるかな。


さて、ユニクロ(ファーストリテーリング)の柳井社長(会長とかだっけ?)がFinancial Timesに掲載されてました。
前も書いたかもしれませんが、実はランケンの知り合いが元ココの社長だったりしまして、色々な意味で気になる企業の1つです。
ユニクロは2003年にロンドンに出店したんですが、完全に失敗し撤退したんだそうです。

最初の海外進出には失敗したものの2006年にニューヨークに再度進出し、ロンドにも進出、現在アジアには136店舗、今後は中国に1000店舗構える予定だそうです。
ふえー、すげーなーって思いました。

柳井さんのパッションの後ろにあるのは日本への強烈な危機感もあるようで、日本はギリシャ、ポルトガル、もしくはイギリス病になると述べています。
柳井さんとしては日本と一緒にユニクロは沈んではいけないと考えていて、だからこそ一度失敗した海外展開に再挑戦しています。
日本人は貧しくなるだろうと言ってます。

これ見て、企業はやっぱり日本をかなり見限ってるんだなぁと思わざるを得ませんでした。
柳井さんの立場に立ったら、当然の戦略だと思う。
上の南アフリカ国債じゃありませんが、15年後に人口の減少と同じレベルか恐らくそれ以上に売り上げは減ります。
そうであれば、生き残るためには海外に打って出ざるを得ないのは当たり前なのでしょう。

企業が日本脱出を視野に入れてるのは間違いないのですが、この流れって少しずつ増えてくるでしょうね。
そして、個人もそうなるんだろうなぁ。
歴史を見るまでも無く、個人が自国を捨てる事は普通にある話です。
以前も書きましたが、お金がある人からそうするでしょうね。

企業は売り上げが減るのを見越して動いているのに、日本国家は税金の減少を見越して動いているようには見えない所が政府の頼りなさに繋がります。
後30年もしたら税収は確実に30%減だと思うな。
下手すればもっと。

現在、一般会計における歳入の内税金分って40兆円弱ぐらいだとおもいますが、30兆円割るんでしょう。
25兆円ぐらいかな。
日本国家を運営するのに必要な歳出は現在90兆円強。
まさかこのまま維持は出来ないでしょうが、改革するようにも見えない所が怖い。。。
30年後も変わってないんちゃうか、この国は。。。
そしたら、全然足りないじゃん。。。

政治家は30年後が不安にならないのかなぁ。。。
彼らの任期外だし、もう彼らは先にいなくなってるから考えないんだろうな。
国民が考えないから政治家も考えないって話もありますが、リーダーが考えないとダメなんでしょう。

企業のリーダーである柳井さんはよく考えてるし、実行にまで移しています。
個人も考える力のある(情報とリテラシーを持っている)人は考えている。
強い企業も強い個人も出て行って、弱者だけが残る国になるのではないかと、まじめに思う。

でも、それが一番可能性の高いシナリオだろうと思う。
恐らく、そこへ至るスピードは予想以上に速い。
30年後に突如訪れる訳ではなく、これから加速していく位じゃないかと考えてます。

などなど柳井さんの記事を見て思う事を書きました。


あ、ランケンスクールの飲み会、今週末です。
そろそろ人数を読みたいので、来られる方は下でお申込みの方お願いします!
出来れば、水曜日中にお願いします。



日時 7月21日(土) 20時~
場所 赤坂フーターズ 地図はコチラ
参加費:5000円(飲み放題・食事代実費になります)


ランケンスクールの飲み会お申し込みはコチラ



今回は少しゆっくりと話できるかもしれないなぁ。
いつもバタバタしてるけど。。。
世界の事や日本の事、個人の事などお話しましょう。


人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
Vix
ランケンさん、

こんにちは。
色々なお知り合いがいますね!
Vixはぜんぜん上がらず、でもスペインとかの国債は高止まりと…
大証だと現物で買えるので、買っておこうかと考え中です^^;
原油もまだデモですが、始めてみました。
凄いボラですね!
がんばって下さい!
2012/07/18 (水) 08:31:36 | URL | Y #-[ 編集]
応援ありがとうございます!
Yさん

こんばんは。
VIX上がりませんねぇ。
ランケンもVIX少し考えますわ。

原油の動きはきついですよ~。
気を付けてくださいね。

応援どうもありがとうございます!
2012/07/18 (水) 23:55:01 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張