FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
リーマンブラザーズの金利予測

リーマンブラザーズの金利予測

先日、ムーディーズの利上げ観測の記事を出しましたが、今度はリーマンブラザーズから金利予測が出てきました。リーマンブラザーズのアナリストは来月の利上げは無いと見ており、金利引き上げは8月の方が可能性があると述べています。

リーマンブラザーズでは消費者物価(CPIX)は6%をやや下回る状態で2008年第二四半期まで続き、年末にかけて5%前後に落ち着くと考えているそうです。

通常は0.5%の金利引き上げですが、意外と6月は0.25%の金利引き上げなんてのもあるかもしれませんね。次回の南アフリカ政策金利決定会合は6月6日、7日です。人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気blogランキングへ




コメント
この記事へのコメント
はじめまして
いつも拝見しております。
南アフリカ関連の情報は本当に少ないので、ここで色々と勉強させてもらっています。

ここに来る皆さんは主にFXでランドに投資されていると思いますが、実は私、ランド建て債券などというものに手を出してしまい、後悔先に立たずな日々を過ごしている者です。
(後悔というのは、リスクの大きさを甘く見ていたという点でですが)

最近、南アフリカがらみのニュースで嫌なネタが2つほどあるようですが、管理人様はいかが見ていらっしゃいますか。

その1
FIFA会長のワールドカップ代替地開催発言
コロンビアの例もあるので、単なるハッパだけとも思えないのが怖いです。

その2
ドル建て・ユーロ建て債券の借り換え債発行/買い入れ償却
http://www.daiwa.jp/ja/doc/070511.pdf
最初、大和証券のトップページに「南アフリカ共和国発行の債券に関するお知らせ」と出たときには、南米の某国のことが頭をよぎりました。
今回は任意の借り換え/買い入れであって、また条件の詳細がアナウンスされなかったので、有利なのか不利なのかよくわかりませんが、あまりポジティブな出来事では無いですよね。

ダイワの担当者に聞いたら、「手元に詳細が来てないので確定的なことは言えませんけど、やっぱり彼らも苦しいんでしょうね」と言われちゃいました。

私のランド債は償還まであと3年。
2010年のランド相場は一体どうなってると思いますか?

いきなりの長文、失礼しました。
2007/05/16 (水) 20:52:12 | URL | 慎重派 #-[ 編集]
はじめまして
慎重派さん

はじめまして。こんばんは。
ランド建て債権の購入をされたんですね。
時々、ランド債権購入の方にコメント頂きます。

私はランド債持っていませんで余り詳しくないのですが、個人的な感想としてお答えさせていただきます。

1.ワールドカップの件
FIFA会長の発言の件ですが、あまりきちんと伝わってないように思います。
私もたいした話じゃないと思って記事として取り上げなかったのですが、FIFA会長が述べた事は次のような事です。

”FIFAは天候や地震などの自然災害、テロリズム、政治的混乱と言った不測の事態に備えて、どの大会においても他の国での開催の可能性は考慮している。他の開催候補地として、ドイツ、日本、オーストラリア等での開催はいつでも可能であるが、開催地を変更する場合は破滅的な大惨事が起きている必要がある。従って、プランBも南アフリカでの開催である。”

FIFA会長の発言は代替地開催を本来否定する意図があったものでして、南アフリカ開催は全くゆるいでいません。
これを、日本のメディアが日本での開催にFIFA会長が言及したとあおってる感じはします。
日韓開催の時もこういった代替地開催は考慮されていました。理由は日本で壊滅的な地震があったとか、北朝鮮が韓国に攻め込んでくると言った事をFIFAとしてはリスクとして考える必要があるからで、南アフリカも同様です。
こういうのをコンティンジェンシープラン(Contingency Plan)と呼びます

コロンビアの例はありましたが、あそこは麻薬が大きな問題で普通の観光客は入れないぐらいです。
最近の記事でも記しましたが、南アフリカには近年観光客が押し寄せてきています。
その点でコロンビアと比較するのはどうかとは思います。

南アフリカでの開催を不安視する声があるのは知っているのですが、スタジアムの建設が始まり最近は前よりも不安感が後退している感じすら個人的にはします。
という訳で、この話は本来ネガティブな話ではないと思ってます。
(今度記事にしてまとめるべきですかね…私だけあまり大丈夫だと言うのもなんか変かなと思って書いてないんですが、どうも日本のメディアの伝え方も問題あるような気が…)

2.債権の件
こちらの方は債権持ってないのでよく分からないのですが、むしろポジティブな話ではないでしょうか?
テンダーオファーって、普通は有利な条件がもらえるのではないかと認識していますが違いますかね。
どのぐらいのレートでランド債を購入されたか存じ上げませんが不利だったら応じなければいいだけではないでしょうか?
あくまでオファー(申し出)であって、それに応じるかどうかはランド債ホルダーの方の自由ですから、もし不利だったら誰も応募してくれない事になります。
従って、なんか有利な条件になるんじゃないかなと思うんですが…。
ユーロクリア・バンクがなぜオファーを出してるかは知りませんが、大和証券の人が言うようになんかランド債が欲しい理由があるんでしょう。

個人的には、オファーが有利なのでしたらオファーに応じてキャッシュを手に入れたほうが得策かと思います。
それでFXに移されてはいかがでしょうか?
理由はFXの方が流動性が確保できるため、2010年の償還まで待つ必要が無くなります。
その意味では大きなリスクヘッジになるからです。

2010年のランド相場は正直分かりません。
多分あまり問題ないんじゃないかとは思っていますが、こればっかりは為替なんで3年後の天気予報みたいな話なのでなんとも…。

もし、コメントに書かれていないもう少しプライベートなご相談もあるようでしたらメールでも頂ければ分かる範囲でお答えいたしますのでお気軽にどうぞ!(fxzar@hotmail.co.jp)
2007/05/17 (木) 00:36:30 | URL | FXZAR #-[ 編集]
丁寧にありがとうございました
なるほど、代替開催については、そういうニュアンスなのですね。
一安心です。

債券についてですが、私が持っているのはランド建ての世銀発行のものですので、今回オファーされているものとは別物なんです。

エクスチェンジ・オファーの出ている中で、一番極端な例を考えると、南アフリカも苦しいのかなぁと思ったものですから。

借り換え対象債券(交換前)
2009/5償還 米ドル建て 表面利率9.12%
 ↓
新規発行債券(交換後)
2022/5償還 米ドル建て 表面利率不明
 
米ドル建てで9%オーバーの利金と、間近にせまった償還金の支払いがキツイのかなぁと、ついつい思ってしまったもので。

何しろ、借換債などという代物に日本国債以外でお目にかかるのは非常に珍しかったものですから、ついつい質問をしてしまったような状況なんです。

また長くなってしまいましたが、これからもちょくちょくお邪魔させてもらおうと思っています。
どうぞ、よろしくお願いします。
2007/05/17 (木) 01:33:57 | URL | 慎重派 #-[ 編集]
エクスチェンジオファーの追加
慎重派さん

エクスチェンジオファーは日本では取り扱わない旨記述されていましたので無視してました。
失礼致しました。

なるほど、慎重派さんはこの債権をお持ちでないのですね。
勝手な解釈を私がしていたようです。

債権の話は正直あまり詳しくないのですが、借換債は償還金の支払いがキツイからするわけでは元来ありません。
国が借金をするにあたりインフラ整備などには数十年かかり(60年とか)余りに長期なため、償還金を貸し手が受け取るのに待ってられないという理由で借換債を使って分割してるのが本来です。
特にインフラがしっかりしていない発展途上国では数十年にわたる借金をするために借換債は必要です。

その意味では借換債自体はそんなに問題ないのではないでしょうか。
借り換えが出来なくなると問題ですが。

さて、Exchange Offerの大元を南アフリカ中央銀行で見つけました。
URLは下。

http://www.treasury.gov.za/press/other/2007050802.pdf

これによると、Exchange Offerをする理由としては以下の4つが上げられています。

1.南アフリカ共和国の債権の構造を国際的な債権市場でより成熟したものにする(南アフリカの財務強化を狙えるみたいです)
2.今後、流動性のリファレンスをすべくUSドルによるベンチマークを取れるようにする
3.債権の国際市場において南アフリカ共和国の存在を高め、国際的な投資家の多用化を図る
4.南アフリカ共和国を投資家に優しい国という名声を強化する

ちょっと訳が正確かどうか分かりませんが、上のような事を言っています(申し訳ありませんが正しくは上のURLで原文見てみてください)。
面白いですね。
端的に言うと、「南アフリカの債権を多様化し、投資家に魅力ある国として名声を高め更なる投資を促す」ぐらいですかね。
基本的には投資を呼び込もうと言う南アフリカの戦略ですね。
こう言う事ってするんですね。へーって思いました。
今度記事にしようかな。

こちらこそ面白いお話を聞けたような気がします。
これからもよろしくお願いします。
2007/05/17 (木) 03:29:16 | URL | FXZAR #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張