南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ECBとBOE

ECBとBOE


ECB、金利を引き下げましたね。
BOEも500億ポンドの流動性供給を市場にするなどヨーロッパ市場はそれなりの動きが出ています。

ただ、市場は割と静かに見えるなぁ。。。
ユーロだけぐらいじゃないかな、まぁまぁ動いてるのは。
株もランドもほとんど動きなしって感じします。
ちょっと不思議な動きですが、予想通りって感じなのでしょうか。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!


ECBの金利引き下げ幅は0.25%で0.75%となりました。
先日ランケンでも書きましたように下げる余地ありますので、やっぱり下げてきました。
下げ幅が小さいのであんまり気合いの入った下げとは思いませんが、過去にない超低金利なのは良いでしょうか。

0.5%下げる事を期待する向きもあったんですが、それはそれで金融政策を失うのも怖いんでしょう。
日本みたいになっちゃうとねって話はあるでしょうね。

気になるのはECBが金利引き下げたにもかかわらず、スペインの国債利回りが上昇している点です。
現在6.6%と昨日の6.4%から0.2ポイントの悪化です。
これ、市場は0.25%の引き下げに失望した事を意味するんでしょうかねぇ~。。。(予想通りにくせに失望するんだから市場は勝手なもんです)

BOEの方は金利引き下げはせずに0.5%を据え置きました。
まぁねー、イギリスの方がインフレ怖いと思うので、そうは簡単に引き下げられないでしょう。
その代わりに、500億ポンドのお金を市場に流してるんですが、こっちはインフレと関係ないのかって疑問がわかなくはない。
コモディティ価格が下がってるからいいのかな。。。
そういう問題にしていいのかって気もするが。。。

ユーロ圏にしてもイギリスにしても景気悪化の二番底の兆候が強くなってきていますから、経済への懸念が強くなっています。
そのため成長を図る必要があるのですが、なかなか厳しいようで特にユーロ圏の競争力の衰退は懸念が強くあります。
やっぱりユーロが下がった方がいいと思うな。

BOEにしろECBにしろ、手詰まり感は感じざるを得ませんね。
これで景気が少しは上向きになればいいですが、上がらなかったらと思うとヒヤヒヤものでしょう。
次は明日の雇用統計でしょうか。
普通に通過するんじゃないかと思ったりしてます。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!




コメント
この記事へのコメント
初めまして!
ご意見を聞かせて欲しいのですが、今週初めの他と比べて強烈な上げとこれまでの強さってこんなものなのですか?
2012/07/05 (木) 23:39:30 | URL | #-[ 編集]
こんなもの?
お名前を書かれなかった方へ

はじめまして、こんばんは。
うーん、質問がよく分からないのですが、こんなものってのは、これで終わりかって質問でしょうか?
今はどっちかって言うと安値圏での動きなので、世界経済次第では上昇余地はあると思いますよ。
2012/07/06 (金) 00:27:38 | URL | ランケン #-[ 編集]
こんにちわ ランケンさん!

スペインは早かれ遅かれデフォルト&ユーロ離脱ですね。。総債務400兆円に対してGDP100兆円、金利すら払えない、小学生でも分かりますよね。国債利回りも新規発行してないので上がらないだけな気もします。
イタリアを控えてるなか、ユーロ共同債を実行して、中国、日本の金を当てにするのでしょうけど、それと同時にドイツの金融資産も吹っ飛びます。ドイツ国民がそこまで受け入れるとは考えにくくないですし、八方ふさがりとはこのことですね・・。
ユーロ円はいずれ50円かなと・・。どうでしょうか?POINT OF NO RETURN恐い恐い。。
2012/07/06 (金) 11:42:03 | URL | green #mQop/nM.[ 編集]
ユーロ円50円はさすがにー
Greenさん

こんばんは。
スペインの総債務って何を指してます?
民間も含めてですかね。
政府だけだとGDPの4倍はいかないはずなので、そうだろうな。

400兆円の金利を一概に言うのも難しいので、400兆円に対する利払いがいくらになるかは恐らく分からないと思いますが、スペインなのでそんなに少なくはないであろう事は想像に難くないです。
一応は銀行はユーロで救える方向に動いているので、スペインの銀行は他の国の銀行に合併と言う形でリストラするんでしょう。
政府債はどうかなぁ。
ちょっと厳しそうですけどねぇ。

ユーロ円50円はさすがに遠いと思いますけど。
1,2年前はドル円が50円って話がありましたね(笑)。
ユーロ円50の前には介入がかなり入ると思うな。
日本だってモタナイもん。
2012/07/07 (土) 23:29:00 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張