FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
バフェットとギリシャのナチズム

バフェットとギリシャのナチズム


今日はスゴイ天気でしたね。
いい天気だなぁと思ってたら、いきなり雷が鳴りだしてヒョウが降ってきました。
つくばの方では竜巻で尋常ではない被害が出ているようですが、神奈川でも台風かと思うような横殴りの雨と雷でした。

30分もなくて15分ぐらいの短い期間でしたが、最近の日本は天災にやられますね。。。
特に関東から東の方。。。
お祓いしてもらいたくなります。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

Financial Timesにバフェットのヨーロッパの銀行に対する懸念のニュースが出ています。
これはバフェットのバークシャーハザウェイの株主総会で述べたもので、ギリシャとフランスの選挙が近づく中でヨーロッパが一体となって現在の南極を切り抜けられるかについて疑問を呈しています。

バフェットは特にヨーロッパの銀行が怖いみたいで、アメリカはサブプライムの時に政府が策を講じて銀行システムを守りましたが、欧州はそれが出来るかどうかが懸念です。
要するにトップダウンで銀行救済が素早く必要なときに政府がうまく出来るかって話なんですが、ヨーロッパは20近くもの政府がある訳で、救済が遅れる可能性があるんでしょう。
そうなると、他の銀行にも飛び火して銀行システムがグラつきます。

こうなると、欧州発の金融危機と言う状況が起こり得る訳で、その可能性を否定出来る人はいないでしょう。
だからこそ、欧州は1つになってって言う訳なんですが、フランスの選挙もギリシャの選挙も近い所で、そもそも政府が脆弱な局面が今年です。

今日はそのギリシャの選挙が今日行われており、さて明日はどうなるかって感じです。
なんかネオナチ系の政党が議席を取るんじゃないかなんて話も出ています。。。
ギリシャがドイツのナチですか。。。

このGolden Dawnって政党は要するに極右の政党なんですが、民族主義が強い政党みたいです。
党旗が赤くて、ナチっぽくてイヤだなぁ。。。


Golden Dawn


ヒトラーみたいなのが、今度はギリシャかスペインかから出てきてもおかしくないかもしれませんね。。。
冗談抜きでヒトラーって、世界大戦後のドイツの経済的困窮から生まれた人です。
どこの国にも民族至上主義の人っているものですが、政治にかかわりたがるんですよね。

今のヨーロッパだとそう言う勢力が力を持ってくるのは避けられないでしょう。
程度問題だとは思いますが、失業率が高い国に傾向が強いのはある程度は事実でしょう。
ヨーロッパなんて武器だって割と手に入りやすいだけに、社会的混乱が心配です。

ドイツ人排斥運動とかになったら、皮肉にもなりませんね。。。(Golden Dawnは移民に強く反対しています)
ヨーロッパが1つになるなんてバフェットの懸念どおり無理かもしれない。。。
ユーロはどこへ行く。。。

人気blogランキングへ

ランケン経済英語スクールもよろしく!

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
こんにちは ギリシャは……
 はじめまして。
 ゴールデン・ドーンってアレイスター・クロウリーの作ったオカルト団体と同じ名前なんですよね。
 ナチスもオカルト組織(トゥーレ協会)が基盤になっていましたし、そういった組織に資金を提供しているようですね。
 極右の政治団体にはどうもオカルトの影がちらつきます。
 密教の僧が平安貴族に取り入って利権になっていたようなものでしょうか。
 あと、自分も南アランドを1万買いました。
 南アフリカの成長に注目していきたいです。
2012/05/08 (火) 17:07:59 | URL | ジムリー #4R0s1usY[ 編集]
はじめまして
ジムリーさん

はじめまして、こんばんは。
お詳しいですねぇ。

宗教と政治って切り離しにくいんですよね。
政教分離って意識しても、出来てる国はほとんどないんじゃないでしょうか。

その宗教が悪い宗教だとナチスみたいになっちゃうんだろうなぁ。
利権化したいんでしょうね。

南アフリカの成長は紆余曲折しながらも成長するんじゃないかなぁって思います。
じゃないとこんなブログばかばかしくてやってられないもん。

サブプライムも乗り越えて、ユーロ危機に対応しつつ、次はアフリカバブルかな(笑)。
どうなる事やらですね。
2012/05/08 (火) 23:39:49 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張