FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
トルコリラ下落について

トルコリラ下落について

トルコリラについてランケンでは余り扱っていませんが、やや注目すべき事態となっているようですのでお伝えします。

トルコはイスラム教が非常に強い国で国民の99%がイスラム教徒ですが、政治的には政教分離の原則を推し進めるというのが基本的なスタンスです。この政教分離の原則は世俗主義と呼ばれ、イスラム教は政治に直接的には影響しないことになっています。

ところが、与党であるAKP(公正発展党)はイスラム色の強い政党で、大統領には当然AKPからの選出が見込まれていますが、この政教分離の原則を巡って野党が激しく反発し投票をボイコットしました。この結果、大統領当選に必要な国会定数550の3分の2にわずかに届かず、大統領が決まらないという事態になっています。もう少し正確に言うと決まらないというよりは、憲法上の解釈によっては決まる状況にあるらしいのですが、野党が憲法裁判所に無効を訴えているという事のようです。

ここにもってきてややこしい事に、この大統領選に対してトルコ軍部が口を出してきました。トルコ軍は伝統的に政教分離の原則(世俗主義)を強く支持しているそうで、与党から大統領が選ばれた場合、政教分離の原則の危機だという異例の声明を出したそうです。この軍部、歴史的にクーデターを起こすなどして政治介入をしてきており、かなり政治的な軍隊として知られています。

トルコ国内の情勢としては、政教分離を求めるデモが数千人単位でイスタンブールやアンカラでここ数日間行われています。このデモは反政府のデモで与党は政権から降りるように求めています。これは軍部からの声明を後押ししているとも言え、政府与党としてはかなり悪い展開となっています。一方でアメリカやEU諸国は現在の与党は西欧諸国に近い関係を保っているため軍部の政治介入に対して反対の立場を取っているなど、国内外ばらばらと言った所です。

こうなると議会の解散・総選挙となる可能性も出てきています。現在トルコの憲法裁判所では大統領選挙が法律に照らして有効か無効かを審議しているとの事で無効であれば解散・総選挙、有効であれば大統領は決まりますが国内の政治はかなりの混乱に陥るでしょう。

これを受けて為替市場、株式市場共に先行きの不透明さを嫌いトルコの株式市場は8%の下落、トルコリラも3%下落するなどしているのが現在の状況です。市場では解散・総選挙が良いと見ているようですが、これにしても時間がかかるのは必至で、トルコでは当面政治が不安定な状態になると考えられています。

この影響は新興国全般に飛び火していて、ランドなども下落しましたが余り大きく影響は出ないのでは無いかとは思っています。理由は南アフリカはトルコと余り関係が深くない点とトルコの政局が世界経済に影響を与えるほどのものではないと思っているからですが、一応今後の展開は見ていこうかなと思っています。人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気blogランキングへ



コメント
この記事へのコメント

こんにちは。いつも楽しくみています。
また遊びに来ますね



FX必勝法、その投資方法で後悔する前に
http://fxinfo55.blog94.fc2.com/
2007/05/01 (火) 19:52:24 | URL | FX必勝法、その投資方法で後悔する前に #-[ 編集]
大統領選挙に反政府デモ中ですか。。。
これから行くのに
恐ろしいわ。。。
2007/05/02 (水) 02:26:24 | URL | 雪音姉(ゆきねえ) #-[ 編集]
トルコリラ買うかもでした(><)
今日も、濃い内容をありがとうございます☆

また、
自己破産から、不動産投資・為替で資産運用する幸せなお金持ちチャーリー!ブログ
http://charlietaka.blog91.fc2.com/

へのコメントも、ありがとうございます☆

新興国のリスクを感じさせる事件で、買う前に知ることができて、ほんとよかったです☆
2007/05/02 (水) 11:59:24 | URL | 魔法使い☆ぴこ #-[ 編集]
雪音姉さん

こんばんは。
これからトルコですか。
いーなー、うらやましいですー。

まーデモなんで、きっと大丈夫でしょう。
テロだったら怖いんですが、デモは大丈夫ですよ。
かえって結構おもしろいかもしれませんよ。
安全に気をつけて旅行されてください。
2007/05/02 (水) 19:45:35 | URL | FXZAR #-[ 編集]
魔法使い☆ぴこさん

こんばんは。
意外と今が買い時かもしれませんよ。
もうちょっと様子見した方がいいかもしれませんけど。
2007/05/02 (水) 19:53:21 | URL | FXZAR #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張