南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ETN Part2

ETN Part2


前回、ETNって何ぞやってお話を書きましたが、今回はリスクです。
ちょっと小難しい話になりますが、投資家たる者、最低限のリスクは知っておかないとね。

人気blogランキングへ

ETNは現物の裏付けがない債券なんです。
ここが最大のポイントで、実は発行会社のバークレイズ証券が単純にエネルギーや貴金属に連動させますって言ってるだけ。
もちろん、債券ですからバークレイズは連動させてるエネルギーを顧客が売りたいって言ったら買わないといけない。

バークレイズは買い時を選べないなら損をする可能性が出てきますよね。
だから、バークレイズは先物で実際にヘッジをしてるんです。
要するにエネルギーのETNをランケンが買うと、バークレイズも同時に先物市場で同じポジションを建てます。

こうしておけば、ランケンがいつ売ってもバークレイズの損失は基本的にはない。
ただ、100%連動するかって言うと、そんな仕組みがあるわけじゃないので、うまくやればバークレイズは利益を出すかもしれないし、損失を出す可能性もある。
それじゃ、自分でやった方がいいんじゃないの?って話なんですが、バークレイズとしては手数料で稼げるので、そんなにリスクを取る必要はなくてちゃんとヘッジさえしてればいいんです。

一方で、バークレイズが買ってくれない場合が絶対にないかと言うと、やっぱりあります。
どういう時かと言うと単純でバークレイズが潰れた時です。
この場合は、バークレイズに普通に貸したお金が債券として返済されない可能性があるのと同様に返ってこない可能性はある。
つまり、ETNの最大のリスクは発行会社そのものです。

じゃぁ、バークレイズは倒産する可能性は?って言うのが次の質問ではあります。
リーマンブラザーズが破たんする世の中ですので、安易な事も言いたくないですが、S&Pの格付けはAA-となっています。
あ、ちなみにバークレイズは、サブプライム危機の際に、リーマンの北米投資事業部門を買っちゃった会社です。

資産規模20兆円だそうで、かなり大きい。
しっかし、そのうちの1兆円をETNってのもスゴイ話だ。。。
下手な市場より大きいんじゃなかろうか。。。

しかも現物の裏付けを持つ必要がないから、いくらでも何でも発行出来ちゃう。
極端でも何でもなく、ランケンが昔作ってたCFDステーションで作ってたゴミ株指数なんてのだって作れちゃう。
そんなの出来る銀行もそうはあるまい。。。
バークレイズの信用に基づいて出来てる一大市場なんですね。

だからこそ、リスクはバークレイズそのものが存在し続けるかどうかって所なんです。
スキームとして面白いですよね。

後は投資家のリスクじゃないんですが、バブルを生む可能性はあるかなぁと思いました。
小さい市場の指数ETNを作った時に、それに対して大きな需要があったとしましょう。
例えば、アンゴラ株価指数ETNとか。(アンゴラはアフリカの小国の1つです。GDP成長率なんと20%!)

当然、市場は非常に小さいんですが、バークレイズがETNを発行して東証で売買できるようにしたとすると、モノスゴイ需要があるかもしれない。
ETNの売れた需要に合わせてバークレイズはアンゴラ市場にヘッジをかけに行くわけで、小さな市場はETNによって動かされるという反対の状況も起こりえます。
アンゴラ市場が日本の投資家によってバブルになるかもしれない。

これは投資家のリスクではないので、まぁ余計な事をランケンが妄想してるだけなんですが、そういう事が出来ちゃうぐらいスゴイ金融商品です。
流動性はバブルと裏表ですね。
投機家は利益を生むチャンスになるわけなんですが。

ランケンスクールのQちゃんがなんかやりたがってたから、これやらせてみようかな。
Qちゃんも初心者なんですよねぇ。
いきなりETNかよぉって?

でもねぇ、株もやり難いし日系225の先物なんで上級者向けだし、FXもレバ大きくかかっちゃうし。
ETFかETN位が初心者向けな気がしてきました。
貴金属指数とVIX指数で組み合わせればヘッジになるんで、そんなにおかしな事にはならないと思うな。
やらせてみるか(笑)。

あ、取引できるのは楽天証券あたりです。
楽天証券はマーケットスピードって取引ツールが極めて優れているので、ETNやる人はいいですよ。
ランケンはマーケットスピードでオプションやったりしてます。
初心者から上級者まで対応できてる取引のプラットフォームなのでお勧めです。

人気blogランキングへ


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ETNって最近よく目にするけど裏付けの資産がなくてなんか怪しいなぁと思っていましたw。
運用会社は先物でヘッジしてたんですね。
よくわかりました。ありがとうございます。

東証に上場されたETNは概ね先細りの売買高で
日本で定着するのかちょっと心配してます。
てか、東証自体が先細りの売買高ですかね(汗)。
2011/12/23 (金) 20:13:54 | URL | 塩蔵 #-[ 編集]
ETN
塩蔵さん

こんばんは。
ETNって結構スゴイ仕組みですが、金融商品としては面白いと思います。
ホットな奴が出来るし、株なんかみたいにインサイダーが出来る世界ともちょっと違う。
(厳密に言えば、微妙ですが。。。)

日本で定着するかどうかはまた別問題ですけどね。。。
まぁ、日本人がもう少し金融とか経済に明るくならないとダメかもですね。。。
2011/12/24 (土) 17:28:48 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張