FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ユーロ圏の脱退は可能か

ユーロ圏の脱退は可能か


やっと欧州条約でユーロ圏からの脱退の話がドイツで本格化してきたようです。
ドイツ与党のCDUはヨーロッパ条約の変更を行い、ユーロ参加国で自発的に脱退できるようにすることを認める方向で動いています。
ポイントはユーロは脱退してもEUからは抜けなくていいって所みたいですね。
これにより、ギリシャのような国がユーロから脱退し、再起を図る事ができる可能性があります。

人気blogランキングへ

今のままだとギリシャは通貨は高いし、産業も観光ぐらいだし、海外からの緊縮財政は求められる一方だし、日本の失われた10年じゃすまないような長期の厳しい経済停滞に陥る可能性が高いです。
どうやってギリシャが復活できるかの道筋がない。
これはギリシャだけでなく、ポルトガルなんかもそうなんですが、ドイツの動きで再起の道筋が見えてくるんでしょうか。

もっとも、ユーロに入っちゃいけなかった国が入ってしまった遺物があるので、これの処理は出来るのかって話はあるんだと思うんですが。
ユーロの失敗でもあり、大幅な軌道修正でもありってな感じかな。

メルケル首相は、ヨーロッパはこの機会に大きく前進し、リズボン条約を変更して、厳しい制裁も課す事ができるようにすべきだと述べています。
ドイツはそのためにはヨーロッパを救うために大きな仕事を背負うとまで言っており、気合が入ってる感じはします。
でも、ヨーロッパ債券は出てこないのね。。。
ドイツがYESと言わないのかと思ってたんだけどな。

ギリシャがユーロ抜けるなんて話が先日出てましたから、現実的に起こり得るという事を感じたんでしょうね。
これでユーロからはどの国も脱退しないなんて言えなくなってしまった。

で、メルケルドイツ首相はヨーロッパは協力しないといけないって言ってます。
これ、フランスやその他のヨーロッパ諸国との溝がやっぱり相変わらずあって、協力がうまく出来ていない事を示しているんだと思います。
しかも、ドイツがヨーロッパで孤立してる面もあるなんて話まであったりして。
それが故に、ドイツはヨーロッパは協調しないとおけないなんて言ってるんですが、逆に言うとまだまだ遠い道のりなんでしょうね。

その一方で、ドイツの財務大臣は共通の財政政策がユーロには必要だと述べており、財政政策の統合を考えるのであれば、これは大きな前進じゃないでしょうか。
そうなると、ドイツがギリシャの借金を肩代わりすることになり、ドイツ国民の反発は間違いなく強いのですが、これを押し通せないとユーロの共通財政なんてできません。
これからはドイツの政治が注目なのかな。

ギリシャの政治が注目されて、次がスペインかと思ったらイタリアで、今度はドイツと。。。
はぁ。。。
ヨーロッパの言葉、英語に統一してくれないかな。。。(どーせ、英語で話してるでしょ。。。)

人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ユーロ買い?
ユーロ脱退が現実になってギリシャとかが抜ければ、ユーロって上がると考えるのは、単純過ぎですかね…

去年ユーロで負けたので、それ以来買ってなかなったのですが、ちょっと買おうかと考え始めました~

いつでもそうですが、タイミングが難しい…

ポチっ
2011/11/16 (水) 07:22:58 | URL | Y #-[ 編集]
ユーロは買わないす
Yさん

こんばんは。
ユーロは当面は買わないですね。
買えない。
戻り売り、基本路線の方がかたいですよ、きっと。

いつも応援どうもありがとうございます!
2011/11/16 (水) 21:26:30 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張