FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
個人の国際競争力

個人の国際競争力


今日は気持ちのいい日でした。
近所のマッサージ屋さん、行ってきました。(なんか違うかな。。。)
他は、家にこもって音楽聞きながらランケン経済英語スクールの資料やらなんやらをひたすら作ってるという。。。
面白いから好きでやってるんで文句はない。。。と思う。。。

人気blogランキングへ

会う人によく言われるんですが、先日も言われた事があります。
よくサラリーマンやりながらそんなにできますねぇって。
でもスクールは2週間に1回だし、ブログは電車とかでやれちゃうし。
ビックリするような話じゃない気がするんだけどなぁ。

新聞だってみなさん読んでるでしょ?
単に英語で読んでるだけですもん。(日本のニュースがさっぱり分からん。。。)
会社終わってから学校行ってる人多いし、本人的にはそんなにたいした事をしてるつもりはないです。

1つあるのは資料とか作るのがたぶん普通の人よりはかなり早いんだと思います。
パワーポイントとかエクセルなんかはスタッフのQちゃんが隣で見てても、何やったか見えなかったって言うぐらい早い時もある。(ITで若い人は割とみんな早いんですけどね)

Qちゃんに、普通の人が議事録作ってる間にランケンは資料になってるみたいな言い方されました。
まぁ、そうかもぉ。
手はよく動くな。(口もよく動くってウワサ。。。スクールの受講生が笑ってるに違いない。。。)
そのお蔭でアウトプットが多くなると言うか、多く見えるというか。。。

特に経済や市場に関する話って英語がやっぱり情報の入り方としては早いです。
英語が分かって多少の経済リテラシーがあればインプットは必然的に早くなります。
解釈の時間もリテラシーがあれば理解が早いかもですね。

で、アウトプットはITで鍛えた(?)やり方でやってるから、トータルで見るとアウトプットが多くはなるかもですね。

後、よく言われるのがトレードで生活できるんじゃないのってのも言われます。
現実的に考えてトレードで今後50年間って期間生きていけると思います?
生存率1%とかって言われてるし、数十年後にトレードなんてできる世界か分からないじゃないですか。

コンピューターがほぼ支配したら(既にかなりやってるけど)、裁量で出来る余地なんてほとんどないかもしれない。
しかも、相手は日本人だけじゃなくて世界ですよ。(FXしててそれを意識してる人はプロに近い人だと思うけど、本当に相手は世界だと思う)

しかもレバレッジかけてトレードを続けてたら、確率論の問題でどっかでやられる可能性がある。
ランケンは簡単に儲かるFXなんて言えないですねぇ。
50年できる人ってどれだけいますかね?(年とったら、チャートなんてたぶん目が見えなくなるんじゃないかと。。。今のところ見えてますけど。。。)
その辺りが一番自信がないし、何も10年かけて蓄積した経験を捨てる必要もないと思う。

トレードなんてサラリーマンであれ自営であれ経営者であれ、常にやらないといけない類のものじゃないでしょ。
生活かけてやってる訳じゃないんだし、別にトレーダーになろうという気もないもん。
トレードとか投資(投機)は楽しいからやってるだけです。(ただのばくち打ち(笑))

トレードっていいと思いますよ。
すっごい勉強になる。
テクニカルだけでやってると、トレードにしか使えない勉強になっちゃいますけど。。。

投資の失敗は自己責任だからやらない方がいいなんて言う人もいますけど。
自己責任なんて投資だけじゃないじゃん。
そう言う事を言う人の気がしれん。
やってみて失敗して学べばいいじゃんって思いますけどね。(失敗はほどほどにね。。。)

自分の生活から老後の世話まで会社が見てくれてる時代なんて20年前にバブルと共に終わってる。
でも、投資だけが悪い意味で金融庁なんかが個人を過保護にするもんだから、情報があるようで無くて、みんな何も分からずに投資してお金を失ってる。
やってみないと分からないですが、やって勉強する場が規制によって阻害されてる面はあると思う。

世界の動きや世の中の状況を見るのにトレードぐらい勉強になるツールはないんじゃないかなぁ。
お金目的のトレードだけやってると得るものがないどころか下手をすると失うものばかりになるように思いますけど。
自分の仕事を持ちながらトレードや投資をするのは悪くないと思います。
失敗もするのは間違いないですけど(先週リバウンド狙いのオリンパス買ってやられたランケン。。。)、それこそ勉強になる。

オリンパスが抱えた問題もマクロ経済の構造問題の1つでしょう。
バブル破綻による損失隠し。
オリンパスの経営陣は確かに悪いでしょうが、そこでオリンパスの経営陣が悪いって言ってるだけなら、その辺のワイドショーや週刊誌と変わらないし、何も自分にとって得るものはない。

オリンパスは何を恐れたんでしょうか?
もちろん、経営陣は自分の責任追及を恐れたのは1つあるでしょう。
後は、リストラを避けたかった。

事業としては強かったんでしょうが、バブルにのってやり過ぎた。
なんでやり過ぎたか?
オリンパスだけか?
他の会社はやってないか?
他の会社もやってたら、問題はオリンパスだけじゃないし、経済の構造としての何かがあるはず。
今後、をれは起こらないか?

また起こるよね、きっと。。。

そんな所まで行くと、次の世の中も分かる気がします。
それはギリシャだって同じ。
今、起きてる経済危機なんてちっとも珍しくない。

先週のランケン経済英語スクールでも取り上げましたが、ある意味クラシックな部類に入る経済危機です。(一応、宣伝させて頂けばサラリーマンのランケンですら2年前から取り上げてたし、トレード戦略にも利用してきてユーロ売りだけじゃなくスペイン株売ったりイタリア売ったりしてます)
別に新しい話じゃないんだから、過去から勉強すれば分かりますよね。

アナリストや有名なトレーダーの話を聞いて、あいつは当たるか当たらないかなんて考えるのムダですよ。
アナリストの意見は参考にするものであって、鵜呑みにしてもしゃーない。
自分でそういうの勉強した方がよっぽど早いし、修正もきくし、楽しいですよ。

こないだ学生さん向けの資料作ってた時に書いたんですけど、「個人の国際競争力」がますます必要な時代になってきてるかもなぁって感じました。
それがあれば、世界のどっかで食っていけるんじゃないかなって思った。
ギリシャで一番痛い目にあってるのって、競争力のない公務員の個人じゃないですか。
彼らって、民間でも使ってもらえないと思う。

そりゃ、そうですよね。
コピーしてるだけみたいな公務員もいっぱいいたはずです。
国家が破たんすれば、ニッチもサッチも行かなくなる。

企業も同じで、企業から出たら使えない人になっちゃうと潰しがきかない。
ランケンの会社はありがたい事にクビが普通にある。。。
だから、会社に依存する人は少ないし、よその会社に行ったり、こっちに来たりってのが多くあります。

最後は自分しか頼りにならないから、色々と勉強もしてる人が多いです。
芸能人が資格いっぱい持ってるのと同じです。
脱線しましたが(いつも。。。)、年金も破綻してるし、会社もアテにならんし、トレードなんかに人生託す気もサラサラないし、一方で楽しい事したいしってな感じです。

最近、学生の方にもこのブログをちょっと見て頂いてるみたいなんですが、なるべくなら国際競争力のある人になってくださいね。(社会に出てから10年はかかると思うけど学生の内から国際競争力ある人は国内にはほぼいない。海外行ってるとたまーに見る。)
中国人やインド人の競争力スゴイからね。(ニセモノばっかりのイメージがワイドショーで出てますけど、あれ日本人の感情に訴える所だけをテレビや週刊誌が煽って視聴率稼いでるだけだから、マジで。)
彼ら、日本語も出来るし英語も出来るし、コンピューターもできるし、プロジェクトマネージメントもできるし、賃金は安いしでメチャクチャ競争力あります。

一番強いのが牙がある所。
日本人は草食化してますが、あっち肉食。

多くの企業の社会人は少なからず感じてるはず、だからこそ国内の雇用を維持したいと思いながらも海外で人材を取らざるを得ない。
国際競争力のある個人なら、国内外問わず採ってくれますよ。(ランケンもかつては国際競争力を持ちたくて外資を選んだはずなんですが、なぜか会社がどうでも良くなってきたという矛盾を抱える。。。エラそうな事も実は言えないんですけど。。。少しは競争力ついたと思えてるからかもしれないけど。。。)

賃金は通貨が安いのが主な理由ですが、同じ価格でもランケン負けるかもしれないって思う。。。
通貨だけの問題じゃなく、競争力あるんです。
日本人は全体として見たら、比較的優秀な民族だとは思うんですけど、決してダントツでいい事はない。

今から公務員になりたいとか思わない方がいいと思うよ。(国際公務員は熾烈な国際競争の最前線なのでOK!)
公務員も組織にもよりますが、アタリの可能性は低いような。。。
今の公務員の人は逃げ切れるかもしれないけど、まだ学生でこれからって人は30年後はかなり怪しいと思う。

実際に公務員の賃金引き下げ問題が日本の国会で騒がれてるし。
ギリシャとかも見て勉強してね。(テレビ見ててもダメだけど。。。そこも日本の構造問題。。。)↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
こんばんわ

会社に依存できる時代は終わって、個人個人の能力アップが重要と考える点は本当に同感です。

現在携わっている膵癌治験のプロジェクトリーダーはしばらく続行することになりましたが、英語を使ったプロジェクトを希望し続けましたら、とうとう来年携われることとなりました~

現時点で私は小学生レベルの英語力ですので、来年にむけて英語の教室2社でレッスンを受けることにしました。
ですので、経済英語はしばらく通えなくなりましたが、また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
2011/11/13 (日) 23:37:17 | URL | Mi.Na #-[ 編集]
がんばってください!
Mi. Naさん

こんばんは。
ね、会社にいると感じますよね、海外からの圧力。
Mi.Naさんぐらいなら結構感じるでしょう。

英語プロジェクトへの参加おめでとうございます!
英語ね、ボキャブラリーとたくさん読む事だと思います。
やっぱり読む量はこなさないとなかなか力がつかないです。

ランケンスクール、英語のレベルが高くなってきてるんで、初心者用のクラス作らないとなぁとは考えています。
一応、手は付けてるんですが、遅々として進まず。。。
Qちゃんにやってもらおうと思ってますので、コースできたらまたぜひどうぞ!

あと、飲み会とかはいつでも参加くださいね!
2011/11/14 (月) 02:05:25 | URL | ランケン #-[ 編集]
気持ちのいい文章
いつもの事ではあるのですが、今回特に、明るく軽やかな気分になりました。

親戚付き合いで無難な世間話する為に日本のニュースも見るとか決して逆らわずに会話するとか、消耗します。

年齢で決まる訳じゃないですが大部分が70歳以上で、ランケンさんが日々書いてるような感覚は持ち合わせていないでしょう。当たり障りのない事しか話しませんが、まさしくワイドショー的に、中国のイメージを作ってるのを感じる。

固定観念の強さも。

日本シリーズの方が大事、経済ニュースなんてどうでもいい、と言われても笑って黙ってなきゃいけませんがグッタリします。

立場上、形の上では優先するけれど本心は違う・重要だと思うのは別の事!を忘れがちなので助かります。つまらない事に囚われず好きな事していよう。

時々、マニア、と自称してらっしゃいますが至極まっとうだと思いますよー。読み続けてるから感覚がマヒした、のではない筈。勿論経済の勉強もさせて貰ってるのですが、知識だけでなくスタンスに刺激受けています。

応援ポチ!



2011/11/14 (月) 12:06:23 | URL | 眼鏡 #-[ 編集]
マニア
眼鏡さん

こんばんは。
明るい記事ですか?(笑)

70歳の方には、なかなか経済の話は難しいですよね。
そんなの考えなくても生活できた時代でしょうし、むしろ戦後を乗り切った人から見たら今なんてたいしたことないのかも。

ランケンはある種のマニアでしょうね。
マニアの定義にもよりますが。。。
いいんです。

いつも応援どうもありがとうございます!
2011/11/14 (月) 22:17:06 | URL | ランケン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/15 (火) 01:00:09 | | #[ 編集]
世界の経済を見ると
眼鏡さん

こんばんは。
応援どうもありがとうございます。

現実に目を向けるかそむけるかってな議論はありますよね。
経済やってると様々な理由から残念ながら国を捨てる人が多いという事実も見えます。

日本人は国はあって当然かもしれないですが、台湾人はそうではない。
今、ギリシャ人も恐らくそのギリギリの所に追いやられてる。
日本は、どうなるかが気になります。
まぁ、向こう10年は大丈夫だと思いたいですがね。
2011/11/15 (火) 21:30:55 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張