FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ユーロから目が離せない日

ユーロから目が離せない日


今日はユーロの日ですかねぇ。
Twitterでも一部でだいぶ盛り上がってました。
ほとんど、ランケンとSarahちゃんとお友達のこうちゃんママさんの漫才でしたが。。。

人気blogランキングへ

今日はドラギECB総裁のデビューでしたが、いきなり利下げでしたね。
ちょっと驚きだったかもしれませんが、1.25%も高いと言えば高い。
この期に及んで1.25%ってのも改めて考えると、高いなぁって思いますけど。

名前と顔からどうもドラキュラを思い出しますね、新しいECB総裁。
ランケンだけかなぁ。。。
イタリア人だし、色々な意味で注目度高い時にデビューです。

ギリシャは混迷の度合いを深めておりまして、首相の辞任の話が出たり否定されたりで、はっきり言って誰にも分からないような状況だと思います。
国民投票はユーロに残るか残らないかを問うという位置づけなんですが、早ければ12月4日にとか言いつつ、本当にやるんだか怪しくなってきたり。

そうかと思えば、ギリシャ首相が辞任するとかって話しが出て、G20の結果次第で辞めないとかって話が出たりでテンヤワンヤの大騒ぎ。
3,4日前にソロスがギリシャ救済策は1日から3か月しかもたないだろうなんて事を言っていますが、本当にそんな感じです。
ソロスの話、今日紹介しようかと思ってたんですが、また今度。(それか、ランケンスクールでやろうかな、資料作っちゃったんで悩ましいけど、受講生の皆様どっちがいいですかね?でも、間に合わないなぁ。。。)。

ギリシャの財務大臣はパパンドレウ首相と言ってる事がかみ合っていなく、政権内も相当な危機的な状況になってるみたいに感じます。

情報が整理されて出てこない時点で、大混乱してるのは間違いない感じしますよね。
先日の日本の大震災の後みたいな感覚に陥ります。
誰も何が正しいか分からないというか、正しいも何もなくてそもそも誰にも状況が飲み込めていないみたいなね。

1つだけ動かしがたい事実は、ヨーロッパの救済がなくしては、ギリシャは年内にはお金が底をつくことでしょうかね。
次におこる可能性が高い事はパパンドレウ首相の退任かな。
早ければ今日ってな話も出てますし、今日じゃなくても今週のバタバタは彼の終わりを確実に近づけたでしょう。

ウォールストリートジャーナルなんかを読んでると、パパンドレウ首相が辞めた後はギリシャの野党は与党と連立するって話があるんだそうです。
シナリオとしては高いでしょうかね。
反対ばっかりしてる訳にもいかないだろうし、野党が与党になった所で原状を回復する道はほとんどなく。。。

といった所で、目が離せない状況に変わりはありません。
ちなみに市場の危機感が一番わかりやすいのはイタリアの国債利回りかもしれません。
また、上がっちゃったよ。。。

これからG20もあるし、要人発言で市場は敏感に動く相場になりそうです。
どこで何を言われるか分からんので、追いかけるだけで大変ですよね。。。

人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
首相の信任投票
お早うございます。

みんなから叱り飛ばされてカンヌから帰国したパパンドレウ首相、国会で1時間の演説をした、ということです。

包括案を受け入れないとユーロ離脱に!と説得したようです。政局的には、与野党連立政権ができれば(包括案が承認される)辞任の用意もあると言ったとか。
まあでも信任投票はもうすぐ行われるらしいですね。
また、最大野党の実力者と電話会談したけど良い結果じゃなかったとか。
電話って!、こんな大事なのに直接会わないのかな…。

そもそもこの件、切羽詰まったとは言え、初めて告白したのはパパンドレウ首相でしたので、誠実ではあると思います。誰も協力的じゃなさそうでかわいそう。。。辛いだろうな…。
リーダー一人ではどうしようもないのに批判ばっかりの国民もどうなんでしょう?

ユーロはひとつ!との意志は強くても、救済される国民の生活苦までは面倒みれないですよね。
極東の日本なんぞ、どうかなっても助けてくれないでしょう。
2011/11/04 (金) 09:11:45 | URL | みずほ #-[ 編集]
縁の切れ目
みずほさん

こんばんは。
エライ人の会議って割と電話とかテレビ会議みたいなの多いですよ。
直接会う時間的な余裕すらないんでしょう。

誠実というかなんというかよく分かりませんが、相当しんどいのは間違いないでしょうね。
よくやってるよなぁとは思います。

ユーロはひとつなんて意志はもはや誰にもないんじゃないかと。(笑)
本当はお互いに実は縁を切りたいみたいなね。
でも、お金がらみで切れないという事で、金の切れ目が縁の切れ目でしょ。

家族崩壊ってのは時々起ります。
修復するには相当な時間がかかるでしょうね。

日本、救ってくれないだろうなぁ。
がんばって稼ぐしかないと。。。
2011/11/04 (金) 23:43:19 | URL | ランケン #-[ 編集]
そうなんですか
パパンドレウ首相は激怒した仏独首相に呼びつけられて飛んできて、後は速攻で帰った、という伝え方のヨーロッパのニュースもありました。

フランスだったか、サルコジ大統領が、胡錦濤主席をお出迎えする際、10分間玄関前で立ちっ放しで待ったけど、パパンドレウ首相の時は誰一人お出迎えしなかった、と映像入りで放送していました。
公に悪口?を言うことはないようですけど行動には意味を持たせているんですかね。

日本の政治家に比べて語彙を含めて説明力や説得の論理性とか、頭良さそうですよ。
怒り心頭だけど、バカ!と言わず問題点と方向性のメッセージを論理的に伝えるとか、普通にできてるような気がします。
もっとひどいのは日本のテレビニュースですけど。

どうでもいい話でした~~
あとNYダウとかまだ高値ですけど、気になる!
それより、風邪は治りましたか?お大事になさってくださいね。
2011/11/06 (日) 10:41:22 | URL | みずほ #-[ 編集]
ありそう
みずほさん

こんばんは。
お迎えの話、なかなか面白いですね!
週刊誌的な感じはしなくもないですが、まぁあるかもって思います。

日本のテレビニュースってのは本当に煽るしかできないんだろうなぁ。
プロデューサーが本質的な部分を理解してないで視聴率に走るからいけないんじゃないかなって思います。
限られた時間内に伝える事って非常に難しいですけど、それ以前に伝えるべき内容のチョイスがすごいずれてる。

NYダウすごいですよね。
基本、ウリしか考えたくない相場なんでややダウは興味の対象外になってますが。。。
それにしてもって感じはなくはないなぁ。
2011/11/06 (日) 21:17:04 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張