FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ新車販売大幅増とギリシャ

南アフリカ新車販売大幅増とギリシャ


今日は、本業の方で昔の上司と飲みに行ってきました。
新しい組織の立ち上げに参加しないかって話で嬉しかったんですけど、本業でも事業の立ち上げかみたいな。。。
ランケン経済英語学校、立ち上げて半年なんですが。。。

正直、やや複雑。。。
本業の事業立ち上げなんてリスク高い割にリターンが期待しにくいし。。。
失敗するとクビが。。。(笑)

日本ではあの事業あんまりうまくいってないんだよなぁみたいな。。。
新しい事するのってのは怖い面もありますよね。

人気blogランキングへ

南アフリカの新車販売台数が好調です。
年率で19.8%増で10月の新車販売台数は36826台。
レンタカー会社からの需要が旺盛となってるそうです。

年初来10月までの10か月間でも昨年の10か月間より16.5%の伸びとなっており、長期目線でもかなりの伸び率となっています。
まぁ、9億人も住んでるあれだけの大陸ですから、月間数万台なんて全然少ない訳ですが、人口の伸びを考えたら、販売台数的にはもうちょっと出てもいい気はしますね。
まぁ、20%の伸びは結構なものかな。

昨日のギリシャの件、今日は若干落ち着いています。
株価はヨーロッパもアメリカも上昇。
でも昨日の下げまくりのリバウンドですね、こりゃ。。。
フランス株価指数あたりの戻り売り推奨(笑)。

ギリシャ問題は確実に深刻度を増しています。
ドイツもフランスも国民投票についてはギリシャから事前に何も知らされてなかったそうで、パパンデロウ首相の独断といった形です。

しかもユーロ離脱の是非を問うみたいな所もあるようで。。。
おいおい、それって本格的なデフォルトじゃんみたいな。。。

気になるのがイタリア。
10年物の利回り6%超えてますね。
スペインも5.5%。

ギリシャの国民投票失敗したら、ヨーロッパはギリシャを救えないかもしれないですね。
それはドイツやフランスの銀行システムの危機に直結です。
それでフランスの銀行のソシエテジェネラルの株価が17%も下落しました。
また、BNPパリバも14%下落しました。

市場はヨーロッパの金融システム崩壊が怖すぎってな感じなんでしょう。
せっかく、落ち着いたと思った市場ですが、一気に逆回転。
本当に政治的な色合いが強い市場になってきています。

最近ますますヨーロッパの政治で市場が動いてる傾向が強いように思うんですが、海外情報とれないと厳しくないですか?
ぜひ、ランケン経済英語スクールにお越しください!

今週末でシリーズ2も終了です。
シリーズ3は12月10日から。
11月26日にはスクールの飲み会もあります!
場所は六本木あたりになりそうです。

スクール参加を検討してる方も是非どーぞ!
11月19日はイントロも無料でやります!
後、戦略編なんて英語と関係ないクラスもこっそり作ってたりして。。。
詳細は上記のリンクからどうぞ!↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
主体は国民
ギリシャ問題、ババンデロウ首相は世界中から非難轟々ですね・・・
確かに、ここに来てぶれるようじゃ、首相失格。
でも、よくよく考えると主体はその国の国民なので、あれだけデモなどがある以上、国民投票が正しいと思いますが。

ユーロを戻り売りしようと思いましたが、躊躇したのが誤り・・・
素人な私は売りはどうも苦手です。

ちなみにブログでご紹介して戴いたFPの山中さんのコンサルティングを受けました!
今後の資産運用の方法やすばらしい税理士の方までご紹介して戴き、とても感謝です!!
また、本当にランケンさんのサイトにはいつも以上に感謝です!!

ポチポチっ
2011/11/03 (木) 09:19:50 | URL | Y #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/03 (木) 22:04:58 | | #[ 編集]
山中さん
Yさん

こんばんは。

個人的にはパパンドレウ首相には同情的です。
ぶれるっていうか、混乱のさなかなんでしょう。
国民投票したい訳でも本当はないはずで、それしか周りが納得しないと考えたんでしょうが、それすら納得しないというのが現状かなぁと推測してます。

山中さんのコンサルティングどうでした?
いい人でしょ。
ランケンと違ってお上品で、いいキャラしてらっしゃいます。

税理士までいるなんてすごいですねぇ。

ランケン、何もしてませんが、山中さんなら誰にでも紹介しちゃう。(意味不明。。。)

いつも応援どうもありがとうございます!
2011/11/04 (金) 00:13:54 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張