FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ政策金利決定会合の詳細

南アフリカ政策金利決定会合の詳細

木曜日の夜に発表されました南アフリカの政策金利決定会合の詳細をお伝えします。

南アフリカ中央銀行が出している声明によると、前回の2月に行われた政策金利決定会合に比べて、今月はインフレの見通しが悪化していると述べています。今週初めのランケン記事でも紹介しましたように金利引き上げ観測が市場から若干出ていましたが、南アフリカ中央銀行としてもインフレがまだくすぶっていると見ている事が分かります。

特に石油価格と食品価格が高騰しており、南アフリカ国内需要は旺盛なため9%の高金利にも関わらず思ったほどインフレを抑制できていない事を政府は懸念しています。2月の消費者物価指数(CPIX)は前年同月比4.9%増加となっていますが、食品価格と石油価格を除くと4%にまで下がります。食品価格はどれだけ高騰しているかというと、今年1月は8.1%の増加で、2月は7.7%の増加とかなり強いようです。中でも肉類に関する物価上昇は2月に13.9%の上昇となっていて、全体のCPIXを大きく引き上げる要因となっています。下に消費者物価指数の推移のグラフを記します。

CPIX推移


また、生産者物価に関しても引き続き強いインフレ懸念があり、前年同月比9.7%のインフレ率を記録しています。

さて、今後の見通しに関する南アフリカ中央銀行の見解を見ていきます。南アフリカ中央銀行では国際的な石油価格の上昇に伴い、今後インフレ率は今年2007年の第二四半期には5.9%近辺に達すると見ています。ランケンの金利に関する記事でも紹介しておりますが、南アフリカはインフレのターゲットを3%~6%と設定しており、この高いインフレ率は2008年第二四半期まで続くものの、その後5%前後まで落ち着くと考えているそうです。

最近のBER(Burau for Economic Research)の調査によると、インフレは2007年までは5.2%に落ち着き、2008年は5.1%から5.4%程度になると民間では考えている事を引用しており、インフレは今後落ち着いていくであろうというのが全般的なコンセンサスのようです。今後の懸念事項として南アフリカ中央銀行では民間部門の借金が膨らんでいる事を最初に挙げています。2月における銀行の12ヶ月間の貸付残高(ローンなど担保なし)は27.7%の増加をしており、可処分所得の74%が借金状態です。

南アフリカの経済自体は過去3年間堅調に5%程度の成長をしており、このレベルは持続可能なレベルと考えているそうで、今後の見通しはポジティブとしています。この堅調さを背景に現在の経常赤字は大きな問題にはならないだろうと言及しています。これは、外国人(我々日本人も含めて)が旺盛な投資をしているため、203億ランド(約3兆円←訂正:3000億円でした)を債権・株式に投資していることが経常赤字のファイナンスを可能としています。

昨日のG7でも述べられていましたが、世界経済は好調であり米国経済の若干の減速がリスクではあるものの、新興国を中心とした経済環境は良いと南アフリカ中央銀行も見ています。最後にこれら全てを勘案した結果今回は9%のまま据え置くと決めたという事でした。

個人的には結構南アフリカに投資している人が多いんだなと思ってしまいました。それが南アフリカの経常赤字を救ってるんですね。そーかー、我々は偉い!(そうじゃないかもしれませんが多少の役には立ってるでしょうね)。アフリカ経済に幸あれ!
人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気blogランキングへ





コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
G7は、円安には特に言及されることなく、無難に過ぎましたね。
これで、再び17円台を目指してくれれば良いのですが。
そうそう、外為どっとコムでも6月からランドを取り扱うそうですね。
ついにランドもメジャー通貨の仲間入り?
2007/04/14 (土) 19:32:02 | URL | 初心者 #-[ 編集]
こんばんは
初心者さん

外為どっとコムも始めるの知らなかったです。
情報どうもありがとうございました!
ちょっとびっくり!

しかも香港ドルもじゃないですか。
ランケンがランド円と香港ドルの組み合わせのオリジナルだと勝手に思ってるんですがついに市民権を得てきたかな。

おっしゃるとおり外為どっとコムが参入するとなるとメジャー通貨入りですね。
ニッチに頑張ってる我々としては嬉しいですね。
2007/04/14 (土) 23:19:52 | URL | FXZAR #-[ 編集]
質問です。
203億ランドを3兆円と表記されていますが、一桁違うのでは....。
南アフリカ金融市場がひっくり返ってしまいそうな気がしました。
2007/04/16 (月) 23:50:53 | URL | 1111 #JalddpaA[ 編集]
ご無沙汰です
またまたご無沙汰しております。
repo上がりませんでしたね。最近は本業が忙しく新聞を読む時間もありませんでした。おまけにテレビも壊れているので^^;
経常収支の赤字分をFDIが穴埋めしているってよく聞きます。でもこれって凄く危険な状態ではないかと思います。外資はちょっとでも危険なサインがあれば途上国からすぐに引く傾向がありますよね。アジア危機なんてその典型です。ちょっと前にも上海を発端に起きた新興市場への不安は一気にJSHも襲い株価が急落しました。世界中儲かる市場をピョンピョンと移動する外資頼みの経済構造である南アは実は非常に危ういのではと考えたりもします。FXZARさんはどう思われますか?
2007/04/17 (火) 05:33:58 | URL | kazu #HfMzn2gY[ 編集]
ご指摘ありがとうございます
1111さん

おっしゃるとおり一桁間違ってます。
失礼致しました。
また、わざわざご指摘頂きましてどうもありがとうございます。
早速修正させて頂きました。

今後とも間違いがあればご指摘頂けますと助かります。
よろしくお願いいたします。
2007/04/17 (火) 23:50:41 | URL | FXZAR #-[ 編集]
ごぶさたです
Kazuさん

お久しぶりです。
コメントどうもありがとうございます。

Repo上がりませんでしたね。まー良かったような気もします。

FDIの件ですが、ちょっと私の記事の方もミスリードかもしれません。FDIは直接投資と言って、良い投資です。
我々のような為替売買型の投資ではなく中長期的な投資ですので好ましい形態の投資とされており、雇用や経常収支にプラスに働きます。
これに関しては今度記事にしてまとめてみたいと思いますのでもう少しお待ち下さい。
2007/04/18 (水) 00:03:59 | URL | FXZAR #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張