fc2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 1000万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
シアトルみやげ写真

シアトルみやげ写真


今日はランケン経済英語スクールの日なんで、雑談です。

遅くなりましたが、先週行って来たシアトルみやげです。
スクールの皆様にはチョコレートありぃ!!!
早く来ないとアシスタントのQちゃんが全部食べてなくなっちゃうかもしれないけど。

人気blogランキングへ

シアトルのダウンタウンです。
夏のシアトルは本当に最高。
空もきれいだし、20度ぐらいでクーラーいらないし。
SeattleDowntown.jpg


これがシアトルのベストフード!
Ivar'sのクラムチャウダーです。
マジでうまいんだ、これが!!!
2回も食べに行っちゃった。
SeattleIvars.jpg

シアトルのシンボルのスペースニードルからのシアトルです。
ランケンが行ってた大学はあの湖の向こう。
SeattleTower.jpg

もいっちょ。
シアトルのダウンタウンの方を向いてます。
SeaatleTower2.jpg

ランケンの大学の近くの湖の船の上から見たシアトルのダウンタウン
SeattleUnionLake.jpg

左に見える家。実は湖に浮いてます。
数億円するらしいっす。。。
大人気みたい。
SeattleUnionLake3_n.jpg

水際にある家は全て湖に浮いてます。
当然高い。
SeattleUnionLake2.jpg

ランケンの大学でーす!
University of Washingtonのゲート。
SeattleUWgate_n.jpg

University of Washingtonの図書館です!
これは学部生用の図書館。
SeattleUWlibraryundergrad.jpg

ほんで、次がUniversity of Washingtonの一番大きな図書館。
Suzzalo Library(スザロのスペル違うかも。。。)
この後ろ側にPaul Allen Libraryってのがくっついてて、マイクロソフトをビルゲーツと一緒に創設した人が寄贈したものです。
SeattleUWSuzzalo.jpg

スザロ図書館の前。
カメラに全体なんか入らないぐらい大きいです。
右の方に人の影が見えますが、それぐらい大きい。
SeattleUWlibraryFront.jpg


スザロ図書館の中。
昔はこんな所でも勉強してました。
なんて素晴らしい学生生活だったんだろうって改めて思いました。
ここ、静か過ぎて眠くなっちゃうんですよね。。。
SeattleSuzzaloInside.jpg

噴水なんかもあって、噴水の向こうにはタコマ富士山と呼ばれるマウントレーニエが見えたりします。
日本ではコーヒーの名前にもなってますね。
左側はComputer ScienceとElectrical Engineeringの建物。右側の建物は知らない。。。
SeattleUWFountain_n.jpg

ビルゲーツ・ホール。
あのビル・ゲーツのお父さんが寄贈してます。
Law Schoolの建物。(ランケンがいた時にはなかった)
学校の前の芝生で外人が勉強してるのが見えますね。
SeattleBillGatesLibrary.jpg

ちなみに写真はないですが、Mary Gates(メアリーゲーツホール)ってのもあります。
ビルゲーツのお母さんが寄贈してます(笑)

あこがれの大学生活でしょ?
ランケンも未だにあそこに戻りたいって思います(笑)
と言っても、学生やってる時は英語はできないわ、勉強は難しいわでそんなに余裕なかったんですけどね。。。

こんな所で勉強したい方はランケン経済英語スクールへ!!!
留学の仕方ぐらい相談にのりますよ!
今、円高だし留学いいんじゃない?(そんなに簡単に出来れば苦労はないですけどね。。。一応、名門大学の1つです。一応ね。。。)
でも、FXでバクチするお金あるなら留学した方がいい投資ですよ。(University of Washington ならSatisfaction Guaranteed!!!)

人気blogランキングへ



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
いいですね~
シアトルいいですねー。避暑によさそう。

大きな図書館もあるのですね。スゴイおしゃれだ!ああいうところで本読んで勉強したい!

まさにアメリカの中核都市って感じでいいですね。

FXっていう博打でかかえている含み損を考えると、1週間ぐらいシアトルに行けそう‥

あ、仕事忙しくてそんな時間無いか(涙)
2011/08/28 (日) 00:51:19 | URL | さぼてん #-[ 編集]
シアトル
さぼてんさん

こんにちは。
シアトルはいいですよ!
だいぶ人が増えてましたけど。

大きな図書館に姿を見ると、戻ってきたなぁって思えます。
あの図書館はシンボルの1つかな。
他にも学生会館の前の芝生とかあったんですけど、工事中だった(涙。。。)

ま、FXのバクチもそれなりに面白くてやりたいのが悩ましい所ですけどね。
2011/08/28 (日) 16:25:41 | URL | ランケン #-[ 編集]
図書館の中、教会みたいですね。勉強より雰囲気楽しんでしまいそう。

FXの博打より留学、と言われると気弱な時はズキズキきます。アルバイト漬けになる方が結果いいんじゃないかな、投資したいならインデックスぐらい。どれをどの配分で買うかも考えず、世界中のを時価総額比率で。そこから日本を抜いたETF
があったし、とか。

まぁ今は資金管理意識してレバ抑えてボチボチやってますけど。まだ投げ出さず頑張ろうっと。

いつも勉強させて貰ってます、応援ポチ!

あ、クラムチャウダーの付け合せ、ポテトと何ですか?カロリー凄そうだけど美味しそう。あ、私の一番すべき自己投資はダイエットだった。

2011/08/29 (月) 18:44:13 | URL | 眼鏡 #-[ 編集]
Fish&Chipsです
眼鏡さん

こんばんは。
図書館の中、大聖堂って感じですね。
キレイですが、一階はカフェでコーヒーとかコーラとかお菓子とかアイスクリームとか売ってたりします。
教会ではないですね。

クラムチャウダーのつけあわせは、Fish&Chipsですので、魚です。
なんだったかな、タラかな。
カロリー高いですよ。

いつも応援どうもありがとうございます!
2011/08/29 (月) 23:16:39 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張