FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ労働法とかモトローラの携帯部門売却とか

南アフリカ労働法とかモトローラの携帯部門売却とか


昨日の記事がちょっと気合が入って長かったのもあってコメントたくさん頂きました。
どうもありがとうございます。
南アフリカ在住の方からも頂いた(笑)。
ホントに、このブログ面白い(爆)

人気blogランキングへ

経済なんて本当はそんなに難しいもんじゃないように最近思ってます。
ランケンみたいな素人サラリーマンでもある程度は分かるんだから、勉強すればみんな分かると思うけどなぁ。
強いて言えば、やっぱり英語は分からないと確かに厳しいんですけど(日本のメディアがイマイチで、海外情報が取れないため)、高校生レベルで文法的には大丈夫なはずで、後はボキャブラリーと読み方で結構イケルと思いますよ。

さて、南アフリカの財務大臣のGordhan氏は2025年までの雇用創出は400万人しかできないとして、労働政策の見直しを求めています。
今の南アフリカは労働者の権利がかなり強く、解雇などは簡単には出来ないとされています。
これは与党ANCの支持母体が労働組合なのもあります。

なので、ストライキも強くインフレをはるかに超えた賃金増を求めてきたりしています。
これに対して経営者側はどうするかと言うと、ボツワナなどに工場を作ったりして、南アフリカの高い賃金を避ける方向性を出しています。
従って、国内で得る事が出来るはずの雇用が海外に逃げていると言う事ですね。

南アフリカはアフリカ大陸の端にありますし、周辺諸国と地続きです。
アフリカ最大の経済を誇る国ですから、周りは全部賃金が安い。

財務大臣は、これに対して労働法を緩和し、若者に雇用とスキルをつける機会を与えるべきだと述べています。
ただ、与党ANCは支持母体が労働組合だから厳しいんじゃないかなぁなんて思って読んでたら、下の言葉が最後に記されていました。

we are not going to lose what we have gained through hard struggles

hard strugglesの部分はアパルトヘイト終結のための厳しい苦難の道って感じです。
スピリッツを感じますね。
日本人も欲しいかな(ランケンもないかなぁ。。。)

その他のニュースで気になるのはユーロ債がダメっぽい事です。
うーん、ドイツとフランスはギリシャやスペインを救う気がないんだろうか。。。
ユーロ圏の経済全体を考えて動く事は政治的に出来ないんでしょうかねぇ。。。

でも、それじゃユーロ作った意味がないですよね。
なんのために、固定相場制と言うリスクがある通貨制度を採用したんでしょうか。
ユーロ全体での経済発展を目指すためってのが理想だったと思ってるんですが。

バブルしちゃったユーロの弱小国も問題がなくはないですが、金融政策のない国々で景気が加熱するのは至極当然の事だし、そのツケはギリシャやスペインの雇用で払ってる訳です。
なんのための為替政策なだろうか。。。
ソロスじゃないですが、ユーロは政治的になり過ぎな通貨ですね。

もう1つ衝撃的なニュースが入ってきました。
モトローラが携帯電話部門をグーグルに売却する事になったようです。
あのモトローラから携帯部門とったら何が残るんだろうと思ったら法人部門があるんですね。

しっかしなぁ、携帯電話の業界地図が一気に変わりそう。
日本の携帯電話メーカーどうするんでしょ???↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
らんけんさん
こんばんわ~ らんけんさんの昨日の大作拝見しました~
もしかして、私登場してました~?!
私のランドはかろうじて生きていますが、とんでしまったらとんでしまったでいいと思えるようになりました。。
それより24時間生放送のショップチャンネルでのショッピングで、超無駄遣いしているので、このお金をCFDに回して、いよいよCFDデビューしようかなって考えている今日この頃です~
私は今月末に夏休みを頂いて、鹿児島の実家を起点に、プチ旅行予定です~
暑い毎日ですが、お身体気をつけてくださいませ。。。
2011/08/16 (火) 01:30:26 | URL | Ni.Na #-[ 編集]
登場させて頂きました(笑)
NiNaさん

こんばんは。
登場してましたねぇ(笑)
登場させちゃいました。すみません。

6倍にもなったなら元本だけ確保しておけばいいのにぃ。
CFDでふっとばすぐらいなら無駄遣いもいいんじゃないでしょうかね(笑)

鹿児島の方なんですか。
なんか先日までいた元同僚が鹿児島の人で元気よくイギリスに移住(?)しましたよ。
鹿児島おゴジョでしたっけ?
活発な人多い気がします。

ランケンはちょっくら避暑にシアトルへ参ります。
お身体お気をつけください!
2011/08/16 (火) 01:39:39 | URL | ランケン #-[ 編集]
お久しぶりです。
最近、ランド円のスワップ金利が豪ドル円と殆ど変わらなくなってきたので、豪ドル円に目がいってしまってました。

南アも大変なんですね。
確か、日産やトヨタが部品工場を作ったような気がしますが、結局、安価な労働力の国へと工場が流れていくんですね。 
日本の企業も韓国や東南アジアの国へと工場を移転しているようですが、国内の空洞化に拍車をかけてしまってますね。 
国内の企業を優遇する政策をとっても、国内の雇用に結びつかず、利益は社内留保になってしまってます。 こんなんでいいんでしょうか?
一昔前のソニーは世界的な日本のブランドでした。今、ソニーのテレビやパソコンを購入しようとする日本人てどれだけいるんでしょうか。 


2011/08/16 (火) 10:09:51 | URL | poco #-[ 編集]
雇用問題
Pocoさん

こんばんは。
ご無沙汰です。

南アフリカも大変でしょうが、逆に言うと周りはほとんどみんな何も持ってないので10億人もの超巨大市場なんですよ。
インフラの整備や汚職の問題に手続き上の問題など多くあるんでしょうが、それでもメリットあるんでしょう。

日本の空洞化はもう10年以上にわたってる訳ですし、いつまでも工場労働者ですむはずもないので、やむを得ないんでしょうかね。
とは言え、雇用問題に行くといやらしいですが。

日本の企業はよく雇用を守ってるとは思いますよ。
あんなり利益率低いんだもん。
株主の事、考えてるとは思えません(笑)
立派だとは思うんだけど、雇用と引き換えに長期的な発展を犠牲にしてるかもしれない。。。

どっかの構造と同じですね。。。
何がいいんだろうか。。。
2011/08/16 (火) 21:05:44 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張