FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカの2011年第一四半期の経常赤字

南アフリカの2011年第一四半期の経常赤字


南アフリカの2011年第一四半期の経常赤字がGDP比3.1%となりました。
エコノミストの予測も3.1%の赤字で、完全に一致しています。↓
人気blogランキングへ

南アフリカの内需が徐々に強くなってきており国内消費が伸びる結果、輸入の増加につながっています。
もう一方の輸出は伸び悩んでいます。
南アフリカの輸出相手の景気が悪化している事が原因と南アフリカ中央銀行は指摘しています。

南アフリカの経常赤字は、海外からの投資によってファイナンスされている部分はあります。
現在、世界各国で債務不安やらなんやらが強く、相対的に南アフリカの健全な状況は魅力が上がります。
その結果が、資金流入であり、ランドの上昇でもあるのですが、同時に経常赤字の増加でもあります。

南アフリカ中央銀行も資金流入自体は直接投資もあり、ポジティブと見ています。
まぁ、消去法ですが、南アフリカは今の世界経済の中ではやっぱりそんなに悪くないんですよね。
年始に書いた雑感と同じ展開です。

世界経済は相変わらずギリシャですね。
救いがないとはまさにこの事です。

さて、本物のモデルトレーダーの鈴木ありさちゃんがブログを一新させました。
ついにお顔を公開です。(一応なんですが。。。)

鈴木ありさちゃんブログ

いやぁ、深田モエちゃんもアイドルでかわいいですし、ありさちゃんもかわいいですしで、ランケンご機嫌です!
ランケンスクールの女子比率低いんですけどね。。。
女子大歓迎!
女子の皆様、お待ちしておりまーす。↓
人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
いつも勉強させて頂いております。初めてコメントします。
一点、2011年第1四半期の資本収支側について、私の見解はランケンさんが書かれたものと若干異なります。中東・北アフリカ地域の騒乱を踏まえ国際金融市場における新興国投資の流れに変化が生じ、南アを含む原油輸入国に対する投資が鈍化、対南アの直投・証券投資ともネットで大きく減少に転じているものの、今期においては外為預金の国内銀行への送還が促進されたことで「その他投資項目」が跳ね上がったため、資本収支は黒字を計上された、というのが中銀見解であり、私の解釈でもあります。昨年第4四半期より、南アへの資本流入の潮目が変わりつつあると見られ、このまま行けば第2四半期に資本収支赤字に転落、国内景気回復基調を踏まえ経常収支赤字も拡大が見込まれ、徐々に国際収支が悪化する懸念はあろうかと思います。但し、外準は十分な水準であり、為替政策も妥当ですので、短期的に危ないということではまったくありませんが。
当国のマクロ経済についてはずぶの素人ですので、ランケンさんのご見解を伺えれば幸いです。
2011/06/22 (水) 07:26:43 | URL | YSNGN #-[ 編集]
南アフリカの経常収支
YSNGNさん

はじめまして、こんばんは。
今までで、もっともレベルの高いコメントの1つが来ましたねぇ。。。
プロの方ですね。ランケン、素人なんですけど。。。

プロの方にランケンなんぞが見解を述べるのもどうかと言う気は致しますが、がんばって返答致します。

YSNGNさんの見解でランケンとの相違は資本流入の部分ですよね?
おっしゃるとおり、新興国投資の流れに変化が生じています。
南アフリカへの投資も現在は減っていますね。

ただ、それが原油輸入国に対する投資の鈍化と言う事までは知りませんでした。
むしろリスク資産回避の動きによるものと思っていたのですが、原油輸入国に対するものなんですね。(広義には同じかもしれませんが、具体的に原油輸入国まで見てなかったです)
勉強になります!
どうもありがとうございます!

資本収支に関しての赤字は結構恒常的なもので、基本的に赤字体質な国です。
と言うのは、金利が高く成長率も相応にあるため、上でも書きましたが世界の他の国が悪い中では、どうしてもお金が流れ込んできてしまいます。


サブプライム前の南アフリカもそうだったんですが、金利も高いため資本流入はインフレがある程度抑えられているとどうしてもそうなりがちです。
これは新興国(かつての日本を含む)にはよくある話で、それ自体が必ずしも問題とも言えないでしょう。
評価されているとも言えるはずなので、避けられないですよね。

もちろん、赤字が行き過ぎたり、ご指摘の外貨準備高が低くなるとかなり問題でしょう。
投機的な売りを誘いやすくなりますよね。
ただ、書いていただいた通りで変動相場制を取っていて、外貨準備高も十分な現状だと、まずそれは起きないでしょう。

1998年のアジア通貨危機以来、新興国はかなりの外貨準備高を積み上げていますから、今は新興国が危機に陥る可能性よりは先進国の問題の方が大きいはずです。

コメント頂いたように短期的には問題ないんじゃないでしょうかね。
中長期で見たときですが、現状はそれほど大きな懸念は個人的には持っていません。

ただ、経常収支の赤字は確かに問題で、サブプライム前はかなりの大きな問題でした。
特に貿易収支の悪化、つまり民間の支出が大きすぎるのが嫌な状況にありました。
その時の状況に近づいているのが現状だと個人的には認識していて、恐らく南アフリカ中銀もそうでしょう。

まぁ、多くの人がモノを持っていない中で、色々と魅力的なモノがぶらさげられてるんですから、お金に余裕がなくても借金できれば買っちゃうんでしょう。
その結果、家計の債務が増えると。。。

この状況は恐らくすぐには改善しないと思います。
今後、南アフリカ中銀が金利引き締めに動くのは確実ですよね。

それで、貿易赤字の削減とインフレの縮小を目指すんでしょう。
経常赤字の問題を、注意すべきなのはバンカメのレポートの通りだと思います。
金融引き締めで消費抑制に走らざるを得ないってストーリーは描けますね。

資本収支はインフレが強くなったり、貿易赤字が悪化すれば改善されるんじゃないでしょうか。
そもそも投資されすぎみたいな感じだし。

それが、自動的に動くというのがマクロ経済の理論でクッションになるはずです。
実際はどうかは分からないのですが。

経常赤字の問題はあるにせよ、経常赤字の問題でスゴクおかしな状況になる事が懸念される状況には現在はないと言うのが個人的な認識です。
また、その懸念が出てくる恐れはあるし、バンカメのレポートが口火を切ってるかもしれませんが、世界の他の国の状況が悪すぎるので、相対的によく見えると言うのは変わらないと思いますが、こればかりは市場の反応次第な気もします。。。

かなりグダグダな返答になってしまい、申しわけありませんが、お答えになってますでしょうか?
(このグダグダがランケンの冷や汗ダラダラ感が出てますね。。。)
何か間違いなどございましたらご指摘ください。

よろしくお願いします。
2011/06/23 (木) 01:29:34 | URL | ランケン #-[ 編集]
難しい話の後は超常識問題を!
ランケンさん、こんにちは!

問題です

問1.  サミットの別称は?
?G8
?G7

問2. 温家宝さんの肩書き?地位?は?
?首相
?総理

問3. 新興経済国のことを何て言う?
?エマージングカントリー
?エマージェンシーカンパニー

(これマジウケる。昔のドリフのコントなみにイスからずり落ちるって)

問4.記述問題です 
経済学の乗数効果について述べよ
(お詫び:出題者は答えを知りません。ペコリ)

問5.実技問題ですよ

~自分の高い地位にふさわしい同等の立場のお客様を外国からお迎えしました。次の応対は適切でしょうか?~

「この度はお越しいただきありがとうございます。」のたった一言ですが、自信も無いことだし、メモに目を落とし相手の顔を見ず、ちょっと顔を上げる時は横に控える通訳者に話しかける。その場合、相対するお客様にはソッポを向くかたちなる。
ともあれ、今まで経験のない大仕事を終え一安心していたら、あの態度はどうなのかと指摘された。そうかTVに映っていたなと思い、「次からカメラのある前ではメモを見ないようにする。」と答えておいた。

問題はこれで終わりです。まだ出題材料はあるんですけど。たまにニュース見るだけでこんな有り様で。あまりに悲しくなるのと、国民としてのプライドもあるのでやめときます。
あ、答はフツーの人なら心の中にありますよね。
2011/06/25 (土) 10:22:14 | URL | みずほ #-[ 編集]
ランケンさん

お忙しい中、ご丁寧にお答えくださりありがとうございます。また、お返事が遅れ申し訳ありませんでした。

大変勉強になりました。国際収支の動向に関する解釈及び政府・中銀側の懸念について、大筋、当方が考えていることと相違ありませんでした。

上記質問した件と直接的には離れますが、お答え頂いたように、中銀がどのタイミングで利上げするかは、一番気になるところです。
金融危機後、長いこと弱含みであった内需がここへきてようやく上向いてきている中、中銀として今のタイミングでは利上げのシグナルを出し辛いところと思われます。一方、インフレはインタゲ中央値の4.5%を超えてきており、国際的な商品価格の高騰によって、食料のみならず燃料統制価格の引上げ等も招いており、CPIのうち影響を受けるもの(運輸品目等)は上昇してくるし、base effectもある、今年度もストでは相応の賃上げ要求がなされる見込みで、インフレ圧力は強いですね。

経済成長、財政・国際収支、インフレを、それぞれどこまで求め、どこまで妥協しながら、中長期的にバランスさせていくのか、今が丁度transitionの時期なので、政府・中銀の政策が非常に重要で面白いですね。中銀としては、まずインフレ目標の上方修正で先月一手目を打った感じでしょうか。

長くなり、かつあまり内容の無いコメントになり失礼しました。今後も折にふれ、コメントさせて頂ければ幸いです。
2011/06/25 (土) 18:34:39 | URL | YSNGN #-[ 編集]
南アフリカ中銀
みずほさん

こんにちは。
この常識問題、どっかのテレビかなんかでやってたんですか?
菅首相かなんか?(すみません、ランケンもテレビも新聞もロクに見てないもので常識がだいぶなく。。。)

一般レベルだとこんなんでしょうが、この手の質問ってあんまり面白くないんですよねぇ。
好奇心をそそらないと言うか、一般教養とかって名目がだいたいバカにされてる気がして、ランケンも凹まされた記憶があります(笑)

そもそも、経済に対して好奇心ないと常識なんてなんだか分からない部分はあるんでしょう。
その意味で、日本のエライ人たちは基本的に経済に対して興味ないんだろうなって思われる場面が多々ありますよね。
面白いんだけどな、経済って。




YSNGNさん

こんにちは。
レベルの高いご質問を頂いて、冷や汗でした(笑)

何分、経済を扱ってるとは言え、どっかで教育を受けたわけではなく、全て独学なもので分かってるような分かってないようなって部分が結構あります。
エコノミストでもなんでもなく素人ブロガーってのが実体なんですけどね(爆)
プロの方と動向に関して相違がないと言っていただきだいぶ安心しました。

ご指摘頂いたような国際収支の動向などは専門的な解釈の部分がありますよね。
言葉のレベルも高いですし、リテラシーみたいなのが必要になってくると思います。

中銀の利上げですが、インフレ動向次第でしょうね。
経済が上に向きかけている中での利上げは難しいものの、インフレを無視するわけにはいきません。
中銀としては通貨の番人である以上、インフレ最優先は変わらないです。

難しいのはフォーワードルッキングの観点でのインフレ予測と、現状の足元のインフレ率との乖離かなと思います。
つまり、一般の世論では今のインフレならば上げるべきではないと思うでしょう。
将来予測を含まないので。

でも、利上げの効果には時間がかかるため、ある程度先を見通して中銀は動かざるを得ないので、その部分はどうしてもインフレを今後どう見るかに依存します。
南アフリカにとっても出口戦略の難しい局面を探る段階なんでしょうかね。

コメント頂いた様に国際的な商品価格から国内の賃上げまで多くのインフレ圧力が働いています。
為替制度が柔軟なため、通貨上昇を通してインフレが他の管理相場制を取ってる国に比べて国際的な商品価格の影響を受けにくいと言う現状の反面、通貨が下落するとインフレに響いてくる事も考えられるため、通貨下落も支持しにくいでしょう。

政府および中銀のハンドリングでだいぶ違う形になりそうではありますが、もう少し経済全体としての効率を上げて、国際的な商品価格の影響を受けにくくするなどの視点は必要かもしれません。

経済学的には面白い国なんじゃないかなと思っています。(経済学、知らないですけど。。。)
プロの方にはご教授いただきたいぐらいのレベルですので、今後ともご教授いただけますと幸いです。
よろしくお願いします。
2011/06/26 (日) 12:51:02 | URL | ランケン #-[ 編集]
これ私が見聞きした出来事なのです
そうそう、菅さんが記者会見で言ったり、国会で質問されたことです。
ソレ間違える??とか、な事がボロボロとあったのでまとめて問題形式(?)にしてみました~~。
別にたまたま自分が知っている時事用語を知らないからって、常識ないとか全然思いませんが、一国の首相じゃね…。
実技編は横浜APECで胡錦濤さんとの会談の冒頭シーンでした。

私はランケンさん、一般常識が豊富な方というイメージですよ。
では失礼いたします。
2011/06/27 (月) 18:03:45 | URL | みずほ #-[ 編集]
政治家の経済知識
みずほさん

こんばんは。
やっぱりねぇ。
菅さんって何が強いんでしょうね。。。

威張ってるだけだと悲しいですよねぇ。
一国の首相は雇用にも責任があるはずなので、最低限の知識はあってほしいものです。
って言うか、政治家全部ですけど。。。

まぁ、その結果がこの債務状況かな。。。

ランケンの一般常識は恐らくどこか違ってるはず。。。
2011/06/29 (水) 00:38:25 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張