南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
国際人種差別撤廃デー

国際人種差別撤廃デー

今日は日本では春分の日ですが、世界的には国際人種差別撤廃デーという日です。1966年の国連総会で定められた国際デーの1つで南アフリカのアパルトヘイトを代表とする人種差別全般に反対するための記念日として指定されています。このため、南アフリカの為替市場は今日は休場です。南アフリカではシャープビルデー(Sharpeville Day)と呼ばれています。

1960年、南アフリカのシャープビルでアパルトヘイトに反対する非武装のデモ行進がありましたが、これに対して警官が発砲し69人が亡くなり、180人以上が怪我をするという惨事がありました。一言で言うとこの惨事の記念日なのですが大きな意味のある日です。

元々南アフリカではアパルトヘイトの一部として15歳以上の黒人はdompasと言うパスポートのようなものを持つ事が法律で義務付けられていました。パスポートと言っても世界を旅行するためのものではなく、南アフリカ国内で生活するための身分証で、住所、氏名、指紋、写真、雇用主の名前などが記載されていました。

雇用主の名前っていうのがちょっと驚きますが、法的に雇用主は白人である必要があり、dompasを持つ黒人はその地域にいる許可証としてdompasを携帯する事を義務付けられていたそうで、dompasで指定された地域外には黒人は移動できないようになっていたそうです。もし、許可された地域外に黒人がいたり、許可された地域内であってもdompasを持っていない場合には逮捕、投獄されるなどしたそうで、このdompasはアパルトヘイトのシンボルと今ではなっています。

さて、1960年3月21日の話に戻ります。PAC(Pan Africanist Congress:黒人の政治組織で当時はまだ存在していなくこの16日後に設立。現在も少数の議席を持っています)は全ての黒人男性にdompasを家に置いて警察に行き逮捕するように言うように呼びかけました。つまり、デモを呼びかけたわけです。この呼びかけに応じてシャープビルの黒人は警察へdompasを持たずデモ行進をしたところ、警察はパニックに陥り無差別に発砲しました。その結果69人の虐殺になったというのがこの日の物語です。この話を受けたその他の地域でも更にデモが繰り広げられシャープビル以外の場所でも更なる人々が殺されました。

その後、南アフリカ全土で何千人もの黒人が逮捕され、1960年4月8日南アフリカ政府はPACとANC(African National Congress:現在の南アフリカの最大政党でネルソン・マンデラもここに所属していました)を正式に禁止し、この2つの組織は地下に潜ります。地下組織と化したこの政治組織は平和的な抗議をやめ、武装ゲリラとなって活動を行うことを余儀なくされます。この中にはネルソン・マンデラもおり、テロリストとして扱われており、基本的人権を求めた地下活動(テロ)はその後30年間以上も続く事となりました。

1996年、国連を初めとする国際世論の圧力を受けた南アフリカはついにアパルトヘイトを止め、ネルソン・マンデラの釈放をしたわけですが、ANCが与党となり南アフリカの新憲法を制定しました。場所はシャープビルで署名したのはネルソン・マンデラ自身で大統領に就任しています。2001年(わずか6年前ですね)に南アフリカ政府は3月21日をシャープビル人権記念日として制定しました。今年は人権記念日10周年であり、南アフリカの新憲法制定の10周年でもあります。

たまには基本的人権の尊重を思い出して、世界平和とこの国の発展をお祈りしましょう。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
お世話になっています。
相互リンクの件ありがとうございました。

リンクしてもらったばかりで、申し訳ないのですが、livedoorブログの調子がよくなかったので、FC2ブログに引っ越しました^^

よろしければ、そちらの方にリンクを張り替えていただけると、ありがたいのですが^^;

突然すいませんでした^^
それではこれからもよろしくお願いします^^

phoenix投資日記
http://phoenix2007.blog97.fc2.com/
2007/03/23 (金) 00:00:15 | URL | phoenix #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張