FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
アフリカのサッカー元年

アフリカのサッカー元年


トヨタがスポンサーをしているサッカーのクラブワールドカップですが、ほとんど何も書いていませんでした。
朝、会社行く前になんとなくニュースだけは見ていたのですが、明日決勝戦でなんとアフリカのクラブ代表マゼンベが世界一のクラブの座をかけて戦います。↓
  人気blogランキングへ

サッカーファンの方はご存知かと思いますが、昔はこの大会トヨタカップと言って、南米のサッカークラブNo.1とヨーロッパのサッカークラブNo.1を決めるものでした。
ヨーロッパでも南米でも余りにもエキサイトして危険だと言う事で、トヨタをスポンサーにして日本で行う事になったと言う経緯があります。
それもあり、世界の大陸代表を決めるクラブとしてのワールドカップに昇格後も南米とヨーロッパの王者はいつもシード扱いになっています。

そんなヨーロッパと南米の強いクラブはどっちかなんて言う大会に南米でもヨーロッパでもない初めてのチームとしてアフリカのサッカークラブが決勝進出を決めています。
サッカー界の歴史を作ったこのクラブはコンゴ民主共和国のクラブです。

経済ブログ(FXブログだったはずでは。。。実はFXの話なんてたいしてしてないってウワサも。。。ちょっと格上げしたかったんです。。。)のランケンとしてはコンゴ民主共和国の経済状態についても書かねばなりません。

コンゴ民主共和国は貧しいアフリカ大陸の中でももっとも貧しい国の1つです。
IMFによると1人当たりGDPは2009年はわずか171ドル(1万5000円ぐらい)。
実に世界179か国中178位。下から2番目。

失業率9割を超えるジンバブエですら、375ドルぐらいの1人当たりGDPでその半分です。
年間1万5000円しか生産していないんです。
ちなみに日本の1人当たりGDPは39731ドルですから、日本の200分の1より少ないぐらいです。

原油が取れたりする国で、地下資源も実はかなり豊富にあり国土も広いのですが、資源国でよくある権益をめぐる利権争いと内戦、政治の腐敗などで国としての機能をあまり維持できていません。
また、国土は世界でも12位の広さを誇るのですが、海に面している部分が極めて少なく内陸国のため経済発展しにくい事などもあります。

内戦もコンゴ動乱、第一次コンゴ戦争、第二次コンゴ戦争など多くの戦争が起きており、特に1998年の第二次コンゴ戦争はアフリカ世界戦争(African World War)とも呼ばれるそうです。
この戦争は2003年に公式には終結していますが、なんと540万人もの人が殺されています。
年間100万人以上殺された計算で、毎年のように埼玉や仙台や広島の全員が殺害された位の大虐殺です。

また、540万人と言うと、人口ではデンマークぐらいでしょうか。
ニュージーランドでも420万人ですから、国が1つ全部殺されたぐらいの凄まじい数です。

話がそれましたが、そんな国のサッカークラブのマゼンベが明日世界一をかけてヨーロッパ王者のインテルと決勝戦を戦います。
世界有数のお金持ちプロサッカークラブと世界有数のお金のないサッカークラブの激突です。

ランケンは意地でもマゼンベを応援します!
今年はサッカーのアフリカ元年と呼ばれる年になりそうですね。
アフリカ経済も離陸しつつありますが、もっと頑張ってランケンを楽しませて欲しいです!↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
トヨタカップなつかしいな~
小学生の6年間地元のサッカークラブで毎年見にいってました。 プラティニの幻のゴールも実際に見ましたよ~
いつかは欧州 南米の2強が崩れるときが来るとは思っていましたが意外と速かったですね。そのいつかはJリーグのクラブであってほしいといちファンとしては思っていましたが・・・・
2010/12/18 (土) 04:53:47 | URL | あーたん #-[ 編集]
日本もいつかとってほしい
あーたんさん

こんばんは。
トヨタカップなつかしいですよね。
名前がちょっと変わっちゃって寂しいですが、まぁワールドカップに格上げなのでいいかな。
日本のチームもいつかワールドカップとれるといいですよね!
2010/12/19 (日) 01:10:38 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張