南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
プライスウォーターハウスCEOサーベイ

プライスウォーターハウスCEOサーベイ

プライスウォーターハウスが実施した全世界のCEO調査によると、南アフリカのCEOは他国のCEOに比べて前向きな結果が出ています。この調査が結構面白そうでしたので入手して読んでみました。

この調査では全世界のCEOにサーベイを出したもので、南アフリカでは代表的な企業39社を対象に行われました。今後1年間の収益増加にかなり自信をもっている(Very Confident)南アフリカのCEOは64%に上るそうで、全世界平均の52%に比べかなり上の結果となっています。今後3年間についても南アフリカのCEOは56%は楽観的に見ており、昨年に比べてはるかに良い傾向だそうです。

成長に対するリスク項目としてもっとも多かったものはインフラの未整備、政治の不安定、重要スキルを持った人材の不足が大きなものとなっています。特にスキルに関する項目は南アフリカのCEOは今後かなり力を入れていくとしています。世界におけるリスク項目として上げられていたものはテロリズム、商品価格高騰などなようですが、南アフリカの場合このあたりがあまり当てはまらないのが面白いところです。確かにテロには余り関係無さそうな気がしますね。南アフリカ国内の暴動の方がよっぽど怖いかも…。また、南アフリカのCEOはM&Aにも興味を示しているそうで、33%が今後1年以内にM&Aを検討しているそうです。対象はアフリカにおけるものが多く、新市場開拓の目的です。

さて、グローバルのCEOの見解についても記しておきます。実は世界的に見ても経営者達は成長に対して自信がある事が統計的に表れていて世界経済の好調さを裏付けています。先ほど、南アフリカの経営者の結果で全世界の平均が52%と書きましたが、世界のCEOである程度自信がある(Somewhat Confident)と答えたCEOも40%おり、両方を合計すると9割を超えます。これは2001年の倍に近いそうで、かなり良い傾向です。

自信があると答えた経営者の中でも100億ドル(1兆円レベル)を超える売上がある会社のCEOはその他の会社のCEOに比べて自信を持っていると答えている割合がはるかに多いそうです。また、地域的な傾向としては、アジアにおけるCEOの内67%はM&Aをアジア以外で検討しているとの事です。このあたりはグローバリゼーションって奴を反映してます。今後、世界的にM&Aが進むのであれば日本も相応の圧力がかかるはずですね。特に規模を求めたM&Aが進むのかもしれませんね。

一方でダイムラークライスラーがクライスラーを手放すなんて噂もありますし、国内のM&Aでさえ会社の文化的な壁を崩すのに苦労しているのに国境を越えたM&Aは一筋縄では行かないとは個人的に思ってるんですが…。とは言え、鉄鋼業界におけるミタルスチールのような例もありますので、うまくやってくるところも出てくるでしょう。そうなると、国を超えた合併への圧力は避けがたいのも事実なのでしょうか。経営者も大変です。




コメント
この記事へのコメント
ブログ登録のお願い
『Kabucome』という株のクチコミ情報共有サイトの運営者です。
この度、kabucomeで株の情報共有を目的として、「ブログ広場」を開設いたしました。
以前にもメールまたはコメントをさせていただいたかもしれません。
その中で、ブログ登録に関してお願いをさせていただきましたが、
リンク先のページに一部不具合がありましたので改めてご覧いただければと思います。

http://kabucome.jp/ping/top.php

からブログを登録して頂けませんでしょうか。登録の手順がご不明なようでしたら、お手数ですが、help@kabucome.jpまでメールを頂けましたら幸いです。

やはり拝見させて頂いていますブログ情報は『kabucome』ユーザーに対しても有益な情報です。ブログのリンク設定をして頂ければ『kabucome』ユーザーも定期的にこちらのブログへ情報共有を希望して訪れ、アクセス数アップのお手伝いができるかと思います。

是非ご登録をお願い致します。
2007/02/19 (月) 18:03:25 | URL | kabucome #-[ 編集]
南アフリカのことをもっと知ろうとグーグルアースで探索してみました。何だか観光でいった函館を思い出しましたよ。
 今日はアメリカ休日で動かないかな?と思っていたのですが、朝一で急上昇したので安心しました。何か材料が出たのですかね?
2007/02/19 (月) 23:11:32 | URL | 離婚トレーダー #-[ 編集]
グーグルアースいいですね!
離婚トレーダーさん

グーグルアースの手がありましたね。
私も今度見てみます。

動いた理由は逆に取引が薄かった事によるものみたいです。
取引が薄いときには時々極端な動きしますからそういう意味では怖いですよね。
2007/02/20 (火) 00:01:11 | URL | FXZAR #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張