南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
南アフリカ金利予測

南アフリカ金利予測

今月半ばの政策金利決定会合を前にして色々な予測が出てきました。南アフリカの経済データを見ている限りはインフレが抑えられている感じがしますね。市場も同様に見ているようで、今のところインフレ懸念の再発するようなデータはあまりないと見ている点では一致しています。ただし、金利据え置きかどうかは意見が分かれています。

オールドミューチュアルバンクグループによると、今月は最後の金利引き上げを行うと予測していて、今回金利引き上げを行わないことによるリスクよりも金利引き上げを行う事によるリスクの方が小さいと言うのがその理由です。先日のMoody'sの考え方とはちょっと違いますね。有名どころの予測が完全に割れていますので難しいところでしょう。恐らく中央銀行の中でも割れてるでしょうね。

最近明らかになった経済指標としては住宅価格があり、先月は横ばいだったようで、まだ先行き上がると見込まれています。ABSAによると先月の中規模住宅価格は年率14.8%上昇していますが、今年は9%程度に落ち着くのではないかと述べています。この理由もやはり昨年半ばからの金利引き上げによる影響です。ちなみに南アフリカの中規模セグメントに住宅価格の平均値は87万ランド(約1500万円)だそうです。日本の家買うより南アフリカに2,3件家を買っておいたほうがいい投資かもしれませんね。

さて、全般的な側面として海外を見ると、アメリカの金利も今月は引き上げられませんでした。このため、世界経済に影響の大きいアメリカ経済には過熱感は無いと見られ、南アフリカの金利も同様に上げられないであろうという見方もあります。

南アフリカ国内としては自動車など大きいものの売上は下がっていますが小売はまだ強く、インフレ懸念が無くなったわけではありません。特に原油価格は下がったとは言え、まだ上昇基調は全般としてみれば続いており、商品価格も強くなる傾向があります。この面では基本的なインフレ圧力としては残っていますが、金利引き上げを行うのがよいかどうかやや難しいところではあります。

ネッドバンク銀行エコノミストによると、インフレを引き起こす大きな2つの要因である食料品価格と原油価格はまだ下がるようとは思えないと言っており、特に穀物を中心とした価格変動が気になるとコメントを出しています。インフレ懸念と貿易赤字は通貨を弱くしますが、経済そのもののアウトルックは好調で今後10年好調だろうという意見もあるそうですから驚きです(バブルを経験した国から見ると、既にバブルなんじゃないのとか思ってしまいますね…)。

来週にかけてまだ予測が出てくると思われますのでまた随時お知らせします。人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
Blog_Ranking
人気blogランキングへ








コメント
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていただいています。

南アの情報量、質の高さにポチっとさせていただいています。

ぼくも少ないながら35万ランド保有しています。

南アの情報はほんとに少ないので情報源はすべて『ランケン』に委託しています(笑)

本当に助かっています。

自分自身も南アには夢があるように感じています(投資家としても、サーファーとしても)

この度、ブログを始めたので、よろしければ相互リンクお願いしたいのですが。

よいお返事お待ちしております。


2007/02/12 (月) 00:35:03 | URL | のびた #-[ 編集]
どっちでしょうか?
確か今週ですよね?新聞報道も2つに分かれていますよね。2月も上げて、それ以降上げないのでは?と個人的には思っています。まっ素人なもので分かりませんが。兎に角ムボエニ総裁はインフレを凄く気にする人らしく、度々政府やANCともぶつかってます。速水さんとはえらいちがいです。
2007/02/12 (月) 14:42:11 | URL | kazu #HfMzn2gY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/02/12 (月) 19:57:44 | | #[ 編集]
どっちでしょうね。
Kazuさん

こんばんは。
今週の木曜日です。
難しいですね、今回は。
市場も迷ってます。
金利を上げるのを当てるというよりも、金利引き上げをするのとしないのとどちらが正しいかが悩ましいですよね。
2007/02/12 (月) 20:41:18 | URL | FXZAR #-[ 編集]
けいちんさんへ
けいちんさん

はじめまして、こんばんは。
ご指摘の通りここ2年ぐらいはあんまり反対に動いてないですね。ヘッジの議論なんかでSaru999さんが少し述べられてましたが短期的に見ると逆には動いていません。かなり大きく見ないと恐らく成り立ちませんね。逆に言うと短期的にはヘッジにならないかもしれないです。

市場には大きな波も中ぐらいの波も小さな波も色んな波がありますが、反対に動くのは大きな波だけなんじゃないかと考えてます。これってある意味で当然なんですが、ドルとランドに直接的な関係はありません。従って、片方がもう片方にダイレクトなインパクトは与えれないからです。途中で介在しているのは金ですよね。その金とドルの関係にしても直接影響を与えるというほどのものではないのでかなり大きくみないと反対に動かないんじゃないでしょうかね。

これを踏まえて、注意しなくてはいけない場合はどういう場合かと言うと円が独歩高になった時です。今みたいに円が安くなってる分には我々は両方で儲かるので文句なしですが、円だけ高くなるとランド円もHKDも下がるので怖いですよね。この可能性は正直余りないかなと思ったりしてます。政治的な圧力がかかって円が高くなることはあるにせよ、ファンダメンタル的に今の日本が買われる大きな理由はありませんので、それも行き過ぎはないんじゃないかなと思ってます。
2007/02/12 (月) 21:45:43 | URL | FXZAR #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/02/13 (火) 00:06:00 | | #[ 編集]
情報ありがとうございます。
リスク回避的動きでしょうか?
少し下げてきていますね。

政策金利、何日でしょうか?
為替会社のカレンダーにも乗っていなく、SARBのトップページにもComing Soonが乗っていないので、どこ見たらいいのかわからない状態です(^^;
2007/02/13 (火) 07:59:23 | URL | moneytree7 #-[ 編集]
けいちんさんへ
けいちんさん

コメントどうもありがとうございました。
あのようなありがたいコメント頂くのが一番の励みです。
かえって恐縮してしまいますが・・・
またお越し下さい。
2007/02/13 (火) 20:18:03 | URL | FXZAR #-[ 編集]
こんばんは
Moneytree7さん

こんばんは。
そうですね。今回の利上げ発表はいつかよく分かりませんね。
下のは0:00とかって書いてありますがほんとかな・・・

http://www.kawaselife.com/market/data/southafrica/calendar.asp

リスク回避の動きはあるようです。今回は読みにくいってことでポジションを戻しているようですね。
2007/02/13 (火) 20:21:04 | URL | FXZAR #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張