FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
ユーロの原子爆弾

ユーロの原子爆弾


  えーと、今日はちょっとだけ動揺していますと。。。
  別にユーロが上げたから動揺しているのではなく、昨日のランケンの記事見てユーロを売った方がいらっしゃるようで、それにびっくりしまして。。。
  ユーロの制度と現状についてまとめただけのつもりで、今日明日の取引をしてもらうつもりで書いたものではなかったんですが。。。
  
  日曜日に書いたものをそのまま出してしまいましたけども、ECBから原子爆弾の話が出る可能性がある事を分かっていながら、ユーロの制度をこのタイミングで書いてしまったのはうかつだったかもしれないと反省しています。
  まぁ、ユーロまた下がっていますが。。。はぁ。。。
  
  えっと、EUから7500億ユーロ(約90兆円)の救済策が発表されました。
  上の原子爆弾って言うのは、ECBがついにユーロ圏の政府債券を購入する準備があると発表した事を指しています。
  このECBによる国債買い入れはご法度で、やってはいけない事とされていますが、効果は抜群にあります。
  
  これによりギリシャなどのデフォルト懸念は一気になくなります。
  なぜかと言うと、ECBが買う以上はギリシャなどの弱小国の国債が償還されない事はとりあえずなくなるからで、通貨発行元の中央銀行が買うという事ですから、その気になればいくらでもユーロを印刷すればいいわけで、市場で買っている側としてはとりあえず確実に償還される。
  すなわち、デフォルト懸念はない。
  
  一方で、これって相当矛盾した話なんです。
  だって、通貨を発行できる(印刷できる)中央銀行がですよ、借金の証書である国債を買うって言ってる訳です。
  従って、国債も発行し放題です。
  中央銀行がお金を印刷すればいいんだから。
  
  この結果どうなるかと言うと、2つの事が同時に起こります。
  1つは通貨量が増えます。お札を大量に印刷するからね。
  それは通貨の供給を増やし、遠くない将来インフレをもたらす可能性があります。
  
  もう1つは財政規律に問題が残る。
  国債発行し放題な状況を許す訳で、ユーロ圏の全ての国は財政規律のための重要なルールが甘くなりますから、下手をすると財政赤字に歯止めがかからなくなる。
  
  上記、どちらもユーロの信頼を大きく損ねます。
  なので、副作用も非常に大きく、デフォルト懸念の効果は抜群ですが、通貨の番人である中央銀行自らが通貨の信頼を失墜させる行動を取るというデメリットがあります。
  もはや、中央銀行はそのもっとも大切な使命を犠牲にしているわけです。
  なので、原子爆弾と言われてきており、ECBもかたくなに否定してきていました。
  
  ただ、既に追い詰められたEUとECBは今日これを出されるんじゃないかとは言われており、出てきたら上で書いたようにものすごいインパクトである事は週末に分かっていました。
  ランケン、これを書いておくべきだったと後悔しています。。。
  そこまで気を使わなかったと言うか影響があると思ってなかったんですよね。。。
  ランケン記事の方が原子爆弾になったみたいで、ちょっと申し訳なかったなと。。。
  
  現状、原子爆弾は落とすぞと言っているに過ぎなく、まだ落ちていません。
  しかし、ついに落とすって言ったのは事実でユーロの通貨としての信頼は失墜します。
  最終兵器に頼らざるを得ない状況に追い詰められている訳で、いかにユーロが必至かがよく分かりますが、永遠に消えない傷をユーロにつけてしまっています。
  なので、ユーロの先行きが明るくなった訳では決して無いのですが、短期的には市場は安心します。
  これで、どこまで押さえ込めるかどうかが注目ではあります。
  ポルトガルやスペインに飛び火しないために必至でしょう。
  
  といった感じです。
  
  はぁ、この記事を昨日書けば良かったのかなぁ。
  記事を書く順番間違えたかな。。。
  Part2とPart3出すのどうしよう。。。
  
応援してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
原子爆弾くらいのインパクトがあるよね~ ^。^;;

ユーロ少し売られてるけど・・・ ^。^;;
2010/05/11 (火) 04:13:58 | URL | ・。・ #GCA3nAmE[ 編集]
原子爆弾投下?
ランケンさん、おはようございます。

ユーロ売りの件、そんなに気になさらなくても良いと思います。

昨夜10時頃のトリシェECB総裁の発言に「10日朝に国債購入開始を確認した」とあったので、原子爆弾はすでに投下されたということでよろしいのでしょうか。

そうなると、長期的にはユーロ安ということは分かりますが、短期的にはどう動くのか良く分かりません。ちょっとはユーロ高になるんですかね?

Part2、3ぜひ、掲載してください!!
よろしくお願いします。

応援ポチ
2010/05/11 (火) 06:55:57 | URL | コペ男 #mQop/nM.[ 編集]
影響力が強いと
ランケンさんのブログ運営も大変ですね。

読者に配慮するといっても、幅の広い不特定多数の人が見ているので本当に難しいですよ。

ECBはギリシャ債デフォルトよりもソフトランディングを目指したということですね。
為替相場は情報によって、常識を超えた変動速度と幅になっているのでショック緩和のために止む無しでしょう。




2010/05/11 (火) 07:14:26 | URL | nekki5149 #-[ 編集]
ユーロショート
ランケンさん  申し訳ないでした。よく理解しましたから大丈夫です。ユーロショートも昨夜大部分決済しましたから無傷です。 ランドの時同様に担保余力を500%以上にしてますから、(購入枚数を合算計算して-15円までロスカットは起こらない。)ロスカットも大丈夫です。ご心配かけました。ところでリーマンの時から塩漬けの大量のランドは累積スワップのおかげで元金までは戻しております。スリル満点を味わいましたが、本当に良かったです。本日のランケンさんの掲載素晴らしいです。これからも宜しくお願いします。
2010/05/11 (火) 08:11:48 | URL | アステア #-[ 編集]
大したお人ですね
いやあ、ランケンさんには全く敵いませんね。

現状の冷徹な分析から、崇高な理念まで。わたくしも職場には何人も高偏差値の人がいますが、ここまで広く勘案している人は見たことがありません。

ほとんどが短期の成功しか目に入っていないか、理念倒れ。ランケンさんは僕より10歳くらい若いと思いますが、大したお人ですね。首相になってほしいくらいです。

現在はトレード休止中で、自分の判断力に自信が出るまでは手を出しませんのでご安心を。

続きを楽しみにしています。
2010/05/11 (火) 09:10:34 | URL | peculiosa #9B64OxmM[ 編集]
ユーロとランド
ランケンさん
どの意見を選択するかは自己責任ですから、心配ご無用。 

ひとつ教えてください。
ここ1ヶ月くらい、ランドはユーロに引っ張られた動きをしているように思います。
そこで安全のため、EURZARでSを考えています。
ECBが国債を買うという事はユーロが多く出回りインフレになりますよね。ユーロの価値が下がって金利が上がりますよね。南アフリカの経済状況が変わらなければ、スワップ金利は少なくなりますが、ランドの価値は上がると考えて良いのでしょうか?

2010/05/11 (火) 11:06:50 | URL | poco #-[ 編集]
自己判断
ランケンさん。

まわりのことまで考えていただいて、感動しました!
投資は自己判断ですし気にすることはないかと。

二年前からこのブログがきっかけで取引してますが、順調に利益でてます。
これからも応援してます。

またセミナーもいかせていただきますー。
2010/05/11 (火) 12:29:54 | URL | ポジサラ #LmIZWw5s[ 編集]
一日一日激動ですね
ランケンさん、お疲れ様です。
ヨーロッパ中央銀行による国債買い取りの発表は、昨日、日中、ニュースで言っていましたね。 ヨーロッパの夜が明けて、ヨーロッパ中が一安心したのでしょうね。 ただ、アメリカ時間(NY市場が開くと)、ユーロ少し値を下げたようで。 明日はまた下げるかも、とNYの銀行関係者がインタビューで答えていました。

アメリカ発金融危機では、銀行の不良債権買い取りなどの対策で当面の恐慌は防いだので、習ったんでしょうか。
本屋さんでよく見かけた「ドル暴落!」はどうなったんでしょう?  世界は刻々動いていますね。 

 あと、日本もギリシャに外貨準備金からIMFを通じて、430億円くらいの融資をするんですと。たくさんだなぁ。IMFを通してなので、返済不履行の心配はないらしいです。ホッ。 これが国際協調ってやつですか? 私たちも全く蚊帳の外な訳じゃないんですかね。
 普通の策かもしれないけど(金融危機の時も拠出した)、政府が民主党だと今やたら不安に思うんです!

なんだか、ECBの議長さん、体調不良で、必要な発表を代わりに副議長が行ったとか。 そりゃ体に堪えるじゃろ、お大事に…です。

2010/05/11 (火) 13:09:56 | URL | みずほ #-[ 編集]
原子爆弾
今回の国債買取、とうとうやってしまったって感じですね。これをやらざるを得ない状況にあったのは間違いないですが、やったらやったで、ユーロの信用失墜は計り知れないですよね。短期的にはどうなるかわかりませんが、長期的に見れば・・・ 

人気サイトは不用意な発言がコワイですね。でも、歯に衣きせずに書いてください。PARTⅡ、Ⅲ期待してますんで。
2010/05/11 (火) 22:52:09 | URL | ラッシュ #-[ 編集]
ランケンさん
こんばんは。

ランケンさんの言葉には、ちょっとしたカリスマ性がありますね。
そこらへんの経済専門家よりも、よほど説得力があります。

発言の影響力は避けられないとは思いますが、ぜひpart2&3もよろしくお願いします。

ここ数年の毎日の一番の楽しみは、ランケンさんの記事なのでw

GWが終わり、次の休みまで先が長いですが、よろしくお願いします。

Ichiro

2010/05/11 (火) 23:25:27 | URL | Ichiro #-[ 編集]
ランケンさんこんばんわ
ジーコと申します。
昨日、FXオンラインジャパンにて、スペイン株のデイトレをしました。
10310で売り10221で買い戻しし約二万円の利益がでましたが、配当金調整額という事で約2万円ほどの支払いになりました。 おかしいなと思いFXオンラインに問い合わせたところ、日本時間の0時30分を越えて配当落ち日に売りポジションを持っていたためと返答がきましたが、こんなに高いのでしょうか?  
2010/05/12 (水) 01:01:48 | URL | ジーコ #-[ 編集]
こんばんは
・。・さん

こんばんは。
今日はもう戻ってきましたねぇ。
はやいな。。。



コペ男さん

こんばんは。
気にしてるような気にしてないような(笑)。
まぁ、知ったこっちゃないのが基本スタンスではあるんですが、出るの分かってたのでちょっと失敗したなぁと。
そもそも皆さんの取引のタイミングをはかるために記事書いてないもん。

トリシェ総裁、国債買ったって言ってました?
ランケン、確認できてないんですけど。

市場はユーロを全然信用できていません。
買えないでしょう。

いつも応援どうもありがとうございます!



Nekkiさん

こんばんは。
Nekkiさんの応援のお陰です。
超ニッチブログなんでワールドカップまで細々と続けられればいいかなぁなんて思ってたんですけどねぇ。
もう、来月だ。

どうしよう、このブログ。
ありがたい悩みですね。

ECBはソフトランディングを目指したと言うか、それしかなかったと言う状況です。
追い詰められたと思うべきかなと。
事態は悪い方向に進んでますね。

時間稼ぎに過ぎないので、下手をするとショックは強くなるかもしれません。



アステアさん

こんばんは。
ユーロ売り間違っちゃいないんでしょうけど、ランケンの記事で売買するのはちょっと違います。
そもそも、読者の皆さんが売るタイミングまで考えて記事書いてませんもの。

ランケンが書きたい事を書いてるだけな部分が強いです。
あの記事で書いてあるのは、押し目買いみたいな事を考えている人にはちょっと危険ですよとはメッセージしたんですけどねぇ。
そこも履き違えられたのが難しいなと思った次第です。

ランドが元金まで戻ってきているのは幸いでしたね。
金利って馬鹿にならんですよね。
もう少し円安になるといいんですけど。



Peculiosaさん

こんばんは。
お褒め頂きどうもありがとうございます。

首相になって欲しいって(笑)。
ランケンがなったら冷徹に徹しますよ。
ショートすべき所はショートしちゃうので、全ての人が幸せにはならんです。
間違っても鳩山さんみたいな事は言わない(爆)。
結構プラグマティズムだと思うな。



Pocoさん

こんばんは。
ランドがユーロに引っ張られているってのは、両方ともリスク資産に見えるからでしょう。
ランドは流通量もユーロやドルや円などに比べて圧倒的に少ないし、ユーロは今やリスクそのものぐらいで、ユーロが下落すると市場心理が悪化して、ランドもリスク資産として売られるって感じでしょうね。

EURZAR面白いかもしれませんが、ランドのボラの方が大きくないですかね?
ユーロは下向きにモメンタム強いので、最終的にはボラ以上にユーロが下がったんではないかと思うんですが、短期的に測るときっとランドがパフォーマンス負けするかもしれません。
あんまり、ちゃんと見てませんけど。。。

インフレと金利の件ですけど、インフレがどの程度になるかは難しいですね。
インフレって言われているんですけど、個人的にはスタグフレーションの可能性の方が高いんじゃないかと。
インフレだったらラッキーぐらいかもしれません。
そうなると金利上げられないですし、今の状況を見るとユーロの金利引き上げの選択肢はどっちにしても当面はないでしょう。

ランドの価値は上がるかな?
そうなると南アフリカ政府はかなりランド高を警戒していますので、介入をしてきますね、多分。



ポジサラさん

こんばんは。
いやぁ、あんまり読者を考えてないから記事ポンポン出すんでしょ。
ほとんど好きなように書いてるとしか思えない。

この相場で利益出せるってのは実はスゴイ事かもしれませんよ。
プロでも負けてるはずだし。



みずほさん

こんばんは。
お疲れ様です。

ドル暴落なんて出来ませんよ。
ずっと言っていますけど、その場合何が上がるのって話です。
ドル暴落したらおしまい。

債券価格とか計算できなくなっちゃうし、世界同時破綻です。
訳分からんでしょ。

日本の融資ってドル建てですよねぇ。
ユーロ建てはやめてほしいなぁ。
IMFに入れるときは少なくともドル建てだとは思いますけど。

体調不良の件知りませんでした。
そりゃー、ユーロが破綻するかもしれないぐらいの瀬戸際の一番最前線に立ってる訳ですから、心中お察しします。
ユーロ5億人の生活がトリシェ総裁の肩にのっかってるんだから、考えただけでもゾッとしますね。
お大事にって言われて寝てるなんてできないんでしょう。
お気の毒にって感じです。



ラッシュさん

こんばんは。
もうユーロは哀れにすら見えます。
今は1つのクライマックスですね。
劇場型で非常に興味深いです(ってずーっと言ってますね、ある意味楽しんでるかも。。。(不謹慎ですが))

人気サイトなのかどうか分かりませんが、まぁまぁかなぁ。
皆さんが読んでくださるお陰でしょう。



Ichiroさん

こんばんは。
カリスマですか(笑)。
話半分で読まれた方がいいですね。

ランケンの記事が毎日の一番の楽しみってのは嬉しいんですが、いいのか?って気はします(笑)。
ランケンも最近はユーロ情勢読むのが楽しかったりするんですけどね。
今、起きてる事ってかーなーりスゴイ事ですよ。

なんで日本のテレビとか新聞であんまり扱わないんでしょうかね。
どうでもいいような話ばっかり。
それが不思議。



ジーコさん

こんばんは。
え。。。
そんなに金利取られるんですか???

なんかポジション一杯持ってましたか?
FXオンラインは日本株のポジションしか持ってないんですが、1日数百円です。

配当落ち日っていう以上、毎日ではないんでしょうかね。
毎日2万円だったらたまりませんし、さすがにあり得ない気がするんですけど。。。
どうなってるんだろう???
一か月分とかいっぺんに来るのかなぁ???
一年分???

ランケンもよく分からないので、詳細がありましたらお知らせくださいますと幸いです。
2010/05/12 (水) 01:59:41 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張