FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
先週の相場

先週の相場


  今週、投資をやってる方にとってはすごいゴールデンウィークとなりましたね。
  ついにドル不足の話が出てきまして、ドル上昇の圧力が強くなっています。
  ランドも下げるし危機モードが高い状況に入っています。
  ついに恐怖指数のVIXも40ポイント超えです。
  通常は20ポイント前後かそれ以下ですのでおよそ倍。
  リーマン破綻時の80ポイントは行きませんが、かなり高いです。
  
  VIX指数
  
  ただ、まだまだ怖い感じはしないですよね。
  リーマンですっかり慣れちゃったと言う気もしますが、皆さん冷静なようです。
  その証拠にランケンのアクセス数は倍になっているのですが、ランキングはなぜか37位。
  ほんと、投資家の気分がよく分かるランケン指数です(笑)。
  応援してあげてください。↓
  人気blogランキングへ
  
  まぁ、でも皆さんの気分もよく分かります。
  落ち着いて出来るってのはいい事ですよね。
  むしろチャンスを探したい所です。
  
  と言うところでチャンスを探しているんですが、今のところ売りばっかりしてるので長期的なチャンスはランケンには見えません。
  まだ、ちょっと早いんでしょうかねぇ。
  チャンスは逃したくない所ですが、ロングばかりがチャンスでもないのでショートのチャンスも探してみてくださいね。
  今、いくらでもあります。

人気ブログランキングに挑戦しています。"南アフリカランド研究所"に多少なりとも価値があると思われた方は押してあげてください。↓
  人気blogランキングへ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
ドル円ランコルゲ
ドル円がポンド円のような動き・・・。
もー、びっくりこきまくりです。

ほんとに、なんで円買うの?こんなくだらない通貨。

まー、輸入品は安くなるからいいんんだけど、日経が下がるのは困る~。

2010/05/09 (日) 00:06:46 | URL | 単独行 #-[ 編集]
円とユーロ
単独行さん

こんばんは。
ポンドもめちゃくちゃ動きますよねぇ。

円はユーロよりははるかにマシですよ(笑)。
ユーロ、かなりダメっぽいです。

日経はまだ下がるでしょうね。
株はショートした方がいいですよ。
2010/05/09 (日) 01:59:56 | URL | ランケン #-[ 編集]
うーん
ランケンさん  相変わらず大活躍ですね。私は相変わらず大量のランドと大量のオーストラリアドルを保有してます。ユーロやばいし、ヨーロッパも場合によってはヤバイですが、リーマンみたいな百年に一回の金融危機には絶対にならないと思います。数ヶ月は若干の為替変動は激しくなりますが、ポルトガルやスペインにすぐ飛び火する事はないと思うし、むしろチャンスじゃないでしょうか?ランド円も11円は切らずに週明けには安定して来ると思います。違いますか?
2010/05/09 (日) 13:04:42 | URL | アステア #-[ 編集]
追伸
追伸。ランケン先生殿。だってこないだまで、多くの著名エコノミストがドルは全く駄目!将来の基軸通貨はユーロだって言っていたじゃないですかねえ(^^)vお笑いですよ。確かにスペインもやばいし、ポルトガルもやばいし、ギリシャは税金で助けて。それだけ世界の政治もエコノミストもペテンに近いいい加減な方々ばかりなんですよ。でも本当は日本が将来一番ヤバイんじゃないの?リーマンの時の様な株価長期下落や通貨の大幅な下落→例えばランド円が七円台になる様な事はないと思いますし、性質が違います。
2010/05/09 (日) 13:29:50 | URL | アステア #-[ 編集]
ランケンさん、先が読めない展開ですね。
まぁ落ち着くまでは、ショートが基本ですが、とりあえず、アメリカの株式誤発注のおかげで、割とリバウンドしてますね。
ユーロとポンドは、しばらくは値を戻しそうな気がします。また、暴落が起こることを前提に、戻ってきたことろをショートで少しづつ拾っていこうと思っていますが・・。
株は、思ってるより、下がりますかね。国債発行しまくってるんで、以外と暴落まではいかないかな~と思ってます。とかいいながら、売却を進めているんですが・・。今週は意外と、値段を戻すのかなとも思っています。

ということで日本もギリシャ、イギリスを教訓に、子供手当てなくして、消費税増税して欲しいです・・・。
2010/05/09 (日) 18:45:21 | URL | onion-soup #-[ 編集]
市場
アステアさん

こんばんは。
ユーロはホント厳しいですね。
出口が見えないもん。

多少、反発する可能性はなくはないんでしょうが、短期的なものでしょう。
ポルトガルやスペインに飛び火するかどうかが重要な局面に既に来ています。
個人的にはポルトガルには飛び火しちゃうかもしれないなと思っています。

スペイン行っちゃうとヤバイですね。
リーマンを超える可能性もありますよ。
銀行が破綻じゃなくて、国が破綻ですからすなわち当該国の全銀行が破綻です。

リーマン破綻時はアイスランドの破綻でしたが、ギリシャの破綻はかなりインパクト強いでしょう。
まして、ポルトガルとなると、どこで収拾がつくんだか皆目検討が付きません。
今はロングのチャンスはないですので、やめましょう。
逆に言うと最高のショートのチャンスです。

ユーロ機軸通貨はご指摘の通りでもうないですね。
ジムロジャースに通貨として終わるみたいな事言われてますし、残念ながら著しく通貨としての信用を失ってしまいました。
元々が大きな矛盾をはらんだ通貨構想でしたので、なるべくしてなった結果かもしれませんね。

今のところ、日本はまだ安全です。
確かに債務は大きいんですが、日本人の節約志向のお陰で国内に貯蓄がありますから、それでもってファイナンスは可能です。
国債の暴落はしにくい状況ですから、他国が悪すぎるがゆえに相対的には安全になってしまいます。

他が悪すぎるだけなんですが、どうしても相対的評価にならざるを得ないので幸か不幸か円が強い。

株価は長期下落するかもしれません。
リーマンは銀行の破綻ですが、国の破綻はもっと痛いです。
そこがややこしい。

来週は反発するかもしれませんが、ここまでモメンタム失うとギリギリです。
ダウが今のライン割ると200日移動平均を下にぬいちゃうんで、最後の砦ぐらいの状況です。(DAXやFTSE100は既に抜けています)
今週も注目ですが、まったくケリがつく状況にはないのは間違いありません。

しばらくガタガタすると思いますよ。
どっちに行くかはともかくとして。
基本、戻り売りでいいと思います。



Onion-soupさん

こんばんは。
だいぶ売られたのでちょっと難しくなってきましたが、基本路線は変わらないでしょう。
材料も出にくい状況ですが、ECBが何を言うかかなぁ。
ギリシャ債券買取の核爆弾出すかな?

ダウはテクニカル的にやや下がりにくい所までは来ていますね。
もっとも、ダウ以外は全部割れちゃってるので、割れる方が可能性は高いと考えていますけど、下落が速かったんで微妙です。

日本の政治家とか官僚は少しは現状見てるといいんですけどねぇ。
ユーロがこんなんなってるのに、沖縄の問題にそこまで時間をかけてる場合かと(沖縄の人にはほんと申し訳ないですけど。。。)。
日本の赤字だってマジで減らさないとですよねぇ。
今は貯金で食べてますけど、日本だって出口戦略まったくないぞと。
2010/05/09 (日) 22:10:04 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張