FC2ブログ
南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン)
南アフリカランドは高金利!当ブログは南アフリカの情報が無くお困りの方に経済情報をお届けします!! 600万ヒット突破 
おススメの人気記事(とりあえずこれだけ読めばOK!)
 ・はじめての方へ! →   南アフリカランド研究所(ランケン)の紹介
 ・ランドって値動きが荒いらしいけど大丈夫? →   ランドのヘッジ方法
 ・ランド円はどうやって決まるの?チャートは? → ランド円決まり方ランド円チャートランド動き
 ・南アフリカの将来性は? → GDPIMFの見方南アフリカへの直接投資南ア格付け
 ・南アフリカランドのリスクは何? → 南アフリカランドのリスク要因ランドはエリート通貨
 ・新興国ってなぜ発展しなかったの? → マラリア1マラリア2マラリア3オランダ病
 ・過去10年の経済と為替と株式の関係は? →経済と為替と株式Part1Part2
 ・南アフリカランドに影響する商品価格の今後は? → 世界銀行の見通しPart1Part2Part3
 ・南アフリカと言えば金やダイヤだけどどんな状況なの? → 金(ゴールド)業界ダイヤ業界
 ・南アフリカってどんな国? → 留学物価識字率G20結婚失業率
 ・南アフリカ関連映画! → ブラッドダイアモンドツォツイマンデラの名もなきインビクタス
 ・南アフリカランド買いたい! → FX業者の選び方
 ・もっとランド記事読みたい? → 右サイドナビ下方に目次があります!色々発掘してください!
南アフリカ観光情報
天気予報ケープタウンヨハネスブルグ12プレトリアキンバリーダーバンビクトリアの滝
 ・南アフリカに行ってみた! → 南アフリカ旅行記(好評です!)南ア国歌
ワールドカップチケット価格ワールドカップチケットの買い方ワールドカップ関連情報
ranken_banner_640_100.jpg
サクソバンク南アフリカ2010キャンペーン

サクソバンク南アフリカ2010キャンペーン


ワールドカップまで後3ヶ月ですね!
サクソバンクが南アフリカ2010キャンペーンを行っていますのでご紹介します。

  サクソバンク南アフリカ2010キャンペーン
  

このキャンペーンはランドに関係する通貨ペアを1回取引すると毎月2名がHDD内臓のハイビジョンプラズマテレビをもらえると言うものです。
対象通貨となる通貨は以下の9通貨です。

ランド/円
ドル/ランド
ユーロ/ランド
ポンド/ランド
豪ドル/ランド
トルコリラ/ランド
デンマーククローネ/ランド
スイスフラン/ランド
ニュージーランドドル/ランド

です。
かなり、マイナーなペアも見られますね。。。
トルコリラ/ランドってちょっと笑っちゃいました。

うーん、やるならトルコリラのショート、ランドのロングかなぁ。
トルコリラ全然分からないけど、なんとなく資源国でもないしヨーロッパに近いから景気悪そうだし、IMFから融資だなんだとの話も出てるのであんまり買いたくない感じ(笑)。。。

後はよねさんからコメント頂いたユーロランドのショートなんかも検討できますね。
ユーロも当面は金利上げれないでしょうから、トルコリラよりは金利を敵に回さなくていい感じがします。

サクソバンクはキャンペーン期間中はランド円のスプレッドも通常6Pipsを2Pipsにするそうです。
スゴイですね、これ。。。
その他の通貨でも豪ドル円を3Pipsなどかなりスプレッドを小さくしています。

上記キャンペーンの対象ではありませんが、スプレッドに関しては同じサクソバンクの「FX CHOICE」と言う口座がドル円のスプレッドも平均0.6銭となっており、約定率も高くなっています。
こちらは手数料が取引量に応じてかかる体系となっており、大ロットでやる方にはインターバンク並の条件で出来るようになっています。

南アフリカのワールドカップかなり行きたいですが、さすがに行けません。。。
しょうがないから、応援するチームの通貨をロングして、反対チームをショートにでもして観戦しましょうか。
ランド取引しながら、南アフリカを応援してもいいし、円も買いますか(遅いな。。。笑)
  
  サクソバンク南アフリカ2010キャンペーン

ワールドカップを南アフリカまではさすがに見にいけないけど、家で楽しみたいって人はぜひ!

この記事は、サクソバンクFXより依頼を受けて執筆いたしました。
サクソバンクFXの会社概要と免責事項は下記のとおりです。

サクソバンクFX株式会社
〒106-0041 東京都港区麻布台1-7-2 神谷町サンケイビル10F
第一種金融商品取引業 登録番号 関東財務局長(金商)第239号
金融先物取引業協会 加入番号 第1567号
■外国為替証拠金取引は通貨の価格を、貴金属証拠金取引は貴金属価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。これらの取引は取引金額が預託すべき取引証拠金の額(取引金額の1~8%相当の額)に比して大きいため、その損失の額が取引証拠金の額を上回る可能性があります。さらに、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。
売買手数料については、無料コースと有料コースがあり、有料コースでは1万通貨単位あたり0.5米ドル相当額が課金されます。また、無料コースのうちの1 種類および有料コースでは、当社が定める取引数量未満の注文が約定した場合に1取引あたり10米ドル相当の小口取引取扱手数料(ミニマムチャージ)が課金されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。オプションの売り側は損失の額が取引証拠金の額を上回る可能性があるほか、権利行使に応える義務があります。売買手数料については外国為替証拠金取引・貴金属証拠金取引と同様にミニマムチャージが課金されます。
■上記全ての取引において、当社が提示する売価格と買価格には差(スプレッド)があり、お客様から見た買価格のほうが高くなります。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



コメント
この記事へのコメント
通貨
デンマークは医療制度等住み易そうですが通貨は全然分かりません。しかもランドペアって。トルコの方がまだイメージ湧きます。

南ア旅行記見直しまして、海キレイですね。沖縄もいいですが動物には会えないし。マングースが野生化して農作物被害があるみたい。ハブエキス、セミナー時に持って行きましょうか。いつも更新お疲れ様です!

応援ポチ
2010/03/16 (火) 01:36:47 | URL | 眼鏡 #-[ 編集]
南アフリカの自然はキレイです
眼鏡さん

こんばんは。
選択肢が多いってのはいい事なんでしょうけどね。

南アフリカの自然はキレイですよ。
いつも応援どうもありがとうございます!
2010/03/16 (火) 02:23:37 | URL | ランケン #-[ 編集]
トルコリラ
トルコリラは結構面白いですよ。
一昨年のリーマンショック後の53円台となりました。今、58-59円台をウロウロしてます。
リーマンショックの前に既にIMFの管理下にあったので思ったより下がりませんでした。 リーマンショック前は62-65円程度だったかなぁ。
5円程度の下げ幅を覚悟しながら、スワップ目的で持ってます。kakaku fxで今90円のスワップ金利です。 ヨーロッパに近いのでEUR/JPYのショートでヘッジしてます。

トルコは中国も注目しているようです。
トルコに土地を買って、紡績の工場をトルコに移転させるとか。。。
本当かな??? ヨーロッパ市場を狙うため??




2010/03/16 (火) 11:05:59 | URL | poco #-[ 編集]
トルコは地政学的にも重要です
Pocoさん

こんばんは。
なるほどねぇ、トルコリラをユーロでヘッジしてるんだ。
いいかもしれませんね。
リラの方が値動き激しそうですから、ユーロ多目にすれば割とWorkしそう。

トルコって東洋と西洋の間って言われますからね。
地政学的に重要とされてた場所です。

中国はアフリカもおさえに行ってますし、スゴイ国家戦略で来てますね。
日本にはできないな。
2010/03/16 (火) 14:43:16 | URL | ランケン #-[ 編集]
copyright © 2006 南アフリカランド研究所(FXブログ-ランケン) all rights reserved.
免責事項
当ブログに掲載されてる情報・記事等は、情報提供・購読を目的としたものであり、資産運用・投資等に関する決定は、利用者ご自身の判断でなされるようにお願いいたします。情報の内容に関しましては信頼できると思われる各種データに基づき作成しておりますが、正確性を保証するものではありません。当該情報に基づいて行った行為により被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
ランケン商会 fxzar@hotmail.co.jp
Powered by FC2ブログ.
出張